先週の相場で利益更新!「WhiteCode USDJPY」「VocaVola EURJPY」

先週は、オーストラリア・欧州の中央銀行の発表、金曜のアメリカ雇用統計の発表とイベントが続き、

相場が大きく動きました。テラス提供のストラテジー全体を見ても先週一週間は合計損益はプラス、

含み益も増加した一週間でした(テストストラテジーを含みます)。

 

「WhiteCode USDJPY」利益更新ステータスの点灯しました。

テラスユニットに今年1月5日に投入してから、少しずつ利益を伸ばし、ここに来て、過去最高利益を

更新しました。先週、金曜日のアメリカの指標発表時より前のじわじわ上昇する相場で利益を上げてきてい

ます。指標発表時には大きな動きはありませんでした。

 

WhiteCode USDJPYは、過去のトレードからも円安(ドル円の上昇相場)で力を発揮してきていますが、

そうでなくても横ばい、もしくは微増という堅実なトレードをしてきているのが特徴です。

1ドル121円という2007年ぶりの円安ですが、今後の円安傾向に期待しつつ、運用継続です。

 

利益更新をしているWhiteCode USDJPYのエクストラトレードの特徴も見てみます。

通常トレードの含み損益が「プラスのときにエクストラトレード」でも「マイナスのときにエクストラ

トレード」でも、ある程度、効果はありそうです。ツꀀただ、損切りライン目安が-150Pipsということで、

-50Pips以下で仕掛けるエクストラトレードは控えた方が良さそうです。

 

通常トレードが持つポジションが「-10Pipsのときに1度だけエクストラトレード」をしたケースの

シミュレーションは以下になります。特に直近の利益増が目立ちます。

低下してきたボラティリティ対策として投入した「VocaVola EURJPY」も利益更新!

2月23日にテラスユニットに組み込み、早々に利益更新をしてくれました。

VocaVola EURJPYはボラティリティの変動を計算し、トレードの判断に活かしており、長期での汎用性は

期待していませんが、現状のEURJPYのボラティリティに適合していることから運用をしています。

 

ひとたび利益を更新したので、今度はいつ停止するかが重要になってきます。

 

ボラティリティの大きな変化は中央銀行の発表から起こることもしばしばあるので、各国の金融ニュースに

よっては停止も検討したいと思います。

 

 

「CloudNINE GBPJPY」「CloudNINE EURUJPY」は今週、利益更新を狙う!

GBPJPYの方はイマコレに選ばれている人気のストラテジーです。ツꀀ

先週末にどちらのストラテジーも「売り」を仕掛け、現在+200Pips前後の含み益を抱えている状態です

(執筆時点)。

この含み益を利益に確定できれば、ともに利益更新の可能性が高まります。

 

CloudNINEは、最大ポジション2かつ損切りライン目安-125Pipsと、中では低リスクストラテジーに

分類されるストラテジーです。今週も運用継続です。

 

 

先週のアメリカ雇用統計発表時のトレードで明暗。

RigidLady GBPUSDは先週投入したばかりで、出鼻をくじかれたトレードとなりましたが、雇用統計

発表でのトレードでの損切りは許容範囲内とし、運用継続です。

 

Genius_Eta EURUSDは、2/27に4ポジションを損切りしため、3/2に停止しましたが、

それ以降24連勝怒涛の復活をしました。停止タイミングが早すぎました。

ストラテジーの運用開始判断以上に停止するタイミングの重要性を改めて感じています。

 

同じ開発者のGenius系ストラテジーのGenius_Delta EURUSDも先週のドル高相場で利益を伸ばして

きています。

 

また2014年のストラテジーアワードノミネートストラテジーのGenius_Theta EURUSDも復活して

きて、過去最高利益まで目前となり、Genius系ストラテジーの好調さが目立ちします。

好調だから即運用開始という判断はしませんが、一度沈んだストラテジーが復活し、過去最高利益を

更新するとなれば、再投入の検討余地があります。今週のトレードが楽しみです。

 

 

今週は、ユニットの変更はありません。