今週はユーロに注目。Genius系追加!Genius_Eta EURUSDでユーロ攻略。

今週はユーロに注目。Genius系追加!Genius_Eta EURUSDでユーロ攻略。

先週はスイスショックで市場は大波乱となりました。そして今週22日に欧州中央銀行の政策決定会合があり、ユーロに世界の注目が集まっています。ユーロ安/ユーロ高どちらにせよ大きな動きが予想されるのでEURUSDに強いGenius系を今週は追加投入します。

現在ユニットで稼働中のGenius_Delta EURUSDが新しいトレードを仕掛けず、沈黙しているので、好調のGenius_Eta EURUSDを組み込みます。

下落トレンドに対して連続して「売り」を仕掛け、利益更新を繰り返しています。

最大4ポジションでロスカット(損切り)が-280Pips程度と、リスクが高めの設計です。

またドカンマークも付いているのでユニット内でも抑え目の運用とします。

既にユニットに組み込んでいるGenius_Delta EURUSDとは、ロジックの違いからエントリータイミングが異なってくると予想できるので、大きく動くことが予想されるユーロドルで利益を狙いたいと思います。

ストラテジーアワードにノミネートされていたGenius_Theta EURUSDも好調さを取り戻しきていますが、今回は利益を更新中と好調さを保っているGenius_Eta EURUSDで攻めていきます。

 

運用としては、Genius_Eta EURUSDは同系のGenius_Delta EURUSDとの同時稼動となるので、抑え目の運用とします。設定取引額は5kとしてアドバンス設定:最大損失50,000円とします。

Genius_Delta EURUSDは1月7日より沈黙を守っているので、ユーロ高基調へと反転した際に、うまくエントリーを仕掛けてくれることを期待します。

今週はもうひとつ、MAX USDJPYをユニットに追加します。

イマコレにも選ばれており、現在利益更新中のストラテジーです。

大きなリターンが魅力のストラテジーで実現損益ランキングにはMAXがいくつかランクインしています。

最も大きなリターンを出しているのはMAX GBPJPYですが、テラスユニットには既にGBPJPYのストラテジーとしてWPR_VectorFXToyotomiを稼動させているので、USDJPYにします。

年末年始にかけての「売りトレード」で大きなプラスとしており、それまでの「上昇に強く、下落に弱い」というイメージから、「値動きが大きければ勝つ」といったイメージに変わってきています。

設定取引額は5k、アドバンス設定:最大損失50,000円として稼動を開始します。

 

スイスフラン系のストラテジーは運用していなかったので、先週は大きな動きはありませんでしたが、GINGERGINGER GBPUSDが1週間だけで+494Pipsのプラスとなりました(決済ベース)。

先週のGBPUSDは、2014年の春ぐらいからの長期の下落トレンドが、反転し上向きになってきたタイミングでした。そのタイミングに対してすべて「買い」で仕掛け、7トレードすべてプラスとなりました。

そして現在は、逆の売りポジションを持ち、含み益を抱えている状態とトレンド変化を捉え、好調です。

過去最高利益更新まであと少しのところまで来ています。運用継続とします。

GINGERGINGER GBPUSD は10月6日稼動開始からのトータル損益は-194Pipsとマイナスですが、同時にスタートしたWPR_VectorFX GBPJPYの好成績に助けられ2ストラテジー合計で+616Pipsなっています。先週にコラムに書きましたが、ペアストラテジーとしてユニットに組み込みましたが、今後はそれぞれの成績とストラテジーの立ち回りから個別に停止、継続を検討していきます。

 

今週停止するストラテジー

VerticalSign EURGBP

昨年の6月より稼動させていた安定系のストラテジーですが、最大ドローダウン-239.10Pipsと過去を更新してしまったので外します。

 

今週は、Genius_Eta EURUSDMAXUSDJPYを新しくユニットに組み込みました。

最新のユニット表は以下になります。