ポンド円ストラテジーの活躍!MultiAgent、HomeRuns

ドル買いの勢いが継続するなか対円通貨ペアの上昇の勢いが鮮明です。その中で自動売買においてはボラティリティの高いポンド円のストラテジーが他の通貨ペアよりも好成績を上げています。

先週のイマコレストラテジーはMultiAgent(GBPJPY)とRevolt-IA(CHFJPY)ですが、MultiAgentは5回取引で+863.2pipsと大きく利益を伸ばしました。その前の週に4連敗していましたが、きちんと取り返してきました。一方、Revolt-IAは決済取引こそなかったものの買いポジションを4つ持ちそれぞれ40~50pips程度の評価利益で週を越しました。

 

■今週の注目ストラテジー

さて、今週も引き続きMultiAgent(GBPJPY)に注目するとともに、「金の卵」ステータスでMultiAgentに続く成績のHome Runs(GBPJPY)に注目します。

同じ通貨ペアのストラテジーを2つ選ぶことは分散効果の観点から疑問に感じる方もいるかもしれませんが、ともに「金の卵」「損小利大」の両方のステータスを持つストラテジーでありながら売買タイミングは異なりますので通貨ペアの重複にはあまり拘らず利用した2つです。

なお、Revolt-IA(CHFJPY)はポジション保有期間が長めのため決済取引がなく今週はスクリーニングから外れていますが、現在のポジションの結果次第で次週以降に期待します。

 

MultiAgent(GBPJPY)

ご存知のとおり年間実現損益ナンバーワンのストラテジーです。

ドローダウンが大きいストラテジーでもあるので、それを認識して推奨証拠金よりも資金を厚めに考えてご利用いただくことをおすすめします。先週ポンド円が大きく上昇しましたが、週明けの本日28日は反落の動きで始まっています。この動きにMultiAgentの11時現在のポジションは売りポジション2、買いポジション2の両建てとなっています。


このストラテジーの凄いところは、こうした上げ下げに対してまるでベテランの裁量トレーダーのようなポジション取りをするところです。

先週24日から本日にかけての動きを時系列で紹介します。ツꀀ

2016/11/24 00:20:07 買い
2016/11/24 00:35:03 買い
2016/11/24 17:10:12 買い → 2016/11/28 10:49:13 決済 ▲124.6pips
2016/11/25 11:05:04 買い → 2016/11/25 17:10:58 決済 ▲124.2pips
2016/11/25 17:20:06 売り
2016/11/28 10:55:05 売り

先週末25日の上昇が一服し下げ始めた時に躊躇なく買いを1つ損切りして売りポジションを持ち、さらに本日28日にさらに下げたことで買いをもう1つ損切りし売りポジションを保有。

相場状況が上昇から下降へ転換する時にはうまく対応できずに成績を悪くするストラテジーを数多く見てきました。もちろんMultiAgentもうまくかみ合わず10連敗等することはありますが、それでもこのように細かくポジション調整して対応しようとするストラテジーは数少ないと思います。

値動きの変化が大きいポンド円だからこそ、自分で予想して対応しようとしてもうまくできるものではありません。MultiAgentのようなストラテジーをタイムリーに利用することがシストレで利益を上げるコツなのかもしれません。もちろん調子そのものを崩す時期はありますが、フルオートを活用することでその時には自動的に稼働が停止し再度調子を上げてきた時にまた稼働するという流れを作り出せると考えます。

 

MultiAgent(GBPJPY)についてこちらの記事もご参照ください。ツꀀ

>>年間実現損益ナンバー1「MultiAgent(GBPJPY)」再び!

 

 

Home Runs(GBPJPY)

Home RunsシリーズはGBPCHFやEURGBP、GBPUSDなど他のポンド関連通貨でこれまでも上位にいてお馴染みの方も多いストラテジーだと思います。

「損小利大」の典型的ストラテジーで、上昇でも下落でもトレンドが継続する時に大きく利益を伸ばします。反面、相場が膠着するとどうしても損切りが先行する特徴があり、また相場転換直後のポジション調整は少し遅れる傾向が見られます。

MultiAgnet同様、先週末までに大きく利益を伸ばしましたが、その後1ポジションの損切り。現在は買いポジションを3つ持っています。MultiAgentが頻繁にポジション調整を行うベテラントレーダーに対して、Home Runsは方向を決めてポジションを持ったら後はじっくり我慢するスイングトレーダーという印象です。


■取引履歴

9月以降の取引履歴を抜粋しましたが、特に今月中旬以降、上昇トレンドをしっかり捉えて利益を伸ばしています。


■現在のポジション

本日28日午前中の調整下げ場面でポジションを2つ増やしています。

損切りラインは▲120pips前後になりますので、もし下げ足が強まってしまうと損切り先行となってしまいますので、現在のポジションは微妙なところではあります。

 


■統計情報

1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月
累積損益 +216980円 +351010円 +538100円 +659680円
最大ドローダウン ▲787.70pips ▲1031.50pips ▲3279.70pips ▲5862.00pips
平均利益 +250.85pips +247.79pips 256.55pips +272.55pips
平均損失 ▲121.26pip ▲121.23pips ▲141.52pips ▲140.87pips
勝率 59.09% 56.10% 45.07% 39.86%
平均取引時間 51時間11分16秒 117時間47分57秒 76時間53分53秒 89時間58分47秒

 

 

■リアル口座稼働中ストラテジー

ポートフォリオではRevolt-IAが停止、Home Runsが稼働となっています。


建玉はRevolt-IAの4ポジションを持ち越しています。これが利益確定してくれると、フルオートでは稼働停止しても後から利益が増えてくるという感覚になれるので嬉しいのですが、果たして結果はどうなるでしょう。

 

■今週のイマコレストラテジー

MultiAgentGBPJPY\283,270423.87%\1,792,950-3,383.54ゴゴジャンHome RunsGBPJPY\216,980198.70%\659,680-5,8624トレーデンシー

ストラテジー名 通貨ペア 【1ヶ月】 【12ヶ月】 最大ポジション プロバイダ
実現損益 収益率 実現損益 最大DD

※ストラテジー実績はMyシストレ24より11月21日作成

※最大DD(ドローダウン)の単位は”pips”

 

今週の「イマコレ」ストラテジーを含む主なフルオート

MultiAgent(GBPJPY)

・金の卵トップ1実現T50・T60

・金の卵トップ2実現T60・T80・T100

・損小利大トップ1実現T60

・損小利大トップ2実現T60

 

Home Runs(GBPJPY)

・金の卵トップ1実現T40

・金の卵トップ2実現T80・T100