ストラテジーアワード開催!! でもイマコレはわが道を行く 「1st-hunter」「God_Equation」

この原稿をアップする際にはすでにお知らせできているかと思いますが、今年もやります!
「ストラテジーアワード2015」
http://www.invast.jp/st24awards_2015/


その年に最も輝いたストラテジーを表彰する、インヴァスト証券恒例の人気イベントです。

ストラテジーの評価については普段の運用成績や、販売しているEAであれば売上実績など、とかく数字の優劣だけで判断されがちですが、我々サービス提供会社が主催してストラテジーの栄誉を讃えるイベントは珍しく、海外の開発者からも実は高い評価をいただいております。

今回はノミネートストラテジーを10本ご用意しました。
今年1年の運用において、お客様から支持され、実際に運用いただいたストラテジーを基に選出しております。


なお、投票は1人1票となります。
思い入れのあるストラテジーに真っ先に投票するもよし、キャラクターで選ぶもよし、はたまたこれから続々と寄せられる開発者からのコメントを基にじっくり判断するもよし。

シストレ24公式サイトにて開発者から寄せられたコメントやキャラクターの解説、投票状況などを随時記事にしていきますのでお楽しみに。

ということでアワードの告知はひとまず終了し、今週のイマコレを紹介していきたいと思います。

イマコレ内にはアワードにノミネートされているストラテジーもありますので、そちらをご紹介することも考えたのですが、やはり『実力もあって今活躍しているストラテジーを!』というコンセプトを最優先に今後もご紹介していきたいと思います♪

☆損切り上手は運用上手! 1st-hunter CADJPY☆

「1st-hunter CADJPY」は年間右肩上がりの「金の卵」、そして「利益更新中」のステータスが点灯しています。また「高勝率」とあわせて「初心者向け」も点灯しており、安定的な成績を残しています。

ではストラテジーの実績を確認していきましょう。


平均利益は期間12ヶ月において約80pipsとなっていますが、期間1ヶ月では約20pipsと4分の1程度まで縮小しています。ボラティリティの変化に合わせてものと考えられますが、その分勝率を上げており、期間1ヶ月では85%という非常に高い勝率となっています。

直近の取引履歴です。


春先から秋口にかけては比較的ポジションを長めに保有して、200pips超の大きな利益を狙う場面も多く見受けられましたが、秋以降についてはボラティリティ縮小に対応して取引スタイルを変化させています。

「1st-hunter CADJPY」は最大保有ポジションが3のストラテジーですが、同一方向に3つポジションを建て、一気に決済するケースが多く見受けられます。

ボラティリティの変化を苦手とするストラテジーもありますが、取引履歴を確認する限り、大きな損失を発生させることなく、3ポジション全てで利益、または3ポジション合計で収支トントンの状態で決済するなど、好調さが伺えます。

また、売買方向についても柔軟に対応していることも特徴的です。ストラテジータイプは「カウンタートレンド」であり、トレンドと反対の逆張りトレードを行います。

決済も直近はエントリー精度が大変良いこともあって、損切りらしい損切りもない状況ですが、春先から秋口にかけて大きな利益を狙っていた時期でも損切りは80pips前後に抑えており、長く我慢をしないことも特徴です。トレンドと反対方向にエントリーする逆張りタイプのストラテジーであることから、損切りは早めにという意識も強いものと思われます。

実はこのストラテジーの強みはこの損切りにあります。期間12ヶ月の最大ドローダウンは▲473pipsと劇的に小さく、最大ポジション3ということも踏まえるとかなりの運用上手と言えます。

直近の運用状況も踏まえて今後の活躍を期待したいストラテジーです。


☆エントリーを慌てないバランス感覚! God_Equation EURUSD☆

「God_Equation EURDUSD」は半年間右肩上がりの「銀の卵」、そして「連勝更新中」「利益更新中」のステータスが点灯しています。現在16連勝中で期間1ヶ月では負け無しという状態です。

今年前半は累積損益も勝ったり負けたりといった形で損益曲線も安定しない期間もありましたが、夏場以降は損益曲線も綺麗な右肩上がりを描き、「銀の卵」のステータスが点灯しております。
月間の収支も6月以降は毎月プラスの状態を継続しています。


取引履歴を確認すると、まず3~4ポジションを一斉に決済する傾向があることが分かります。

方向転換はそれほどうまい訳ではなく、直近半年において売買方向を転じた際の勝率は5割を切る程度になっています。また損切りの目安は最大150pipsと想定されます。

実はこのストラテジーも守備力が高いストラテジーであり、期間12ヶ月の最大ドローダウンが▲684pipsと大変優秀です。

あらためて取引履歴を確認いただいても分かるように連敗が少ないストラテジーです。
ポジションを短期間に積み増すストラテジーの場合、どうしても利益額、損失額とも大きくなりがちですが、「God_Equation EURDUSD」の場合、損切りとなったエントリーについてはポジションを積み増しておらず、結果として単一ポジションの決済となっていることが多いのです。

今年6/29~7/7に発生した3連敗も、取引時間を確認するとそれぞれ単一ポジションのみ保有した形であり、積極的にいくところと慎重になるところのバランス感覚が絶妙のストラテジーです。

「連勝更新」や勝率100%といったステータスはいつか消えるものの、攻守のポジション管理に優れた「God_Equation EURDUSD」が期待のストラテジーであることに変わりはありません。

今後の運用については

今回ご紹介した「1st-hunter CADJPY」、「God_Equation EURDUSD」は、ともに期間12ヶ月の最大ドローダウンの値が小さい、防御力が高いストラテジーです。

実は今回のイマコレには期間12ヶ月の最大ドローダウン>▲1000となっているストラテジーがより多く選出されています。好成績で人気も上昇中の「X112 EURGBP」、そして最大ポジション1で手堅い「ForexCN GBPJPY」「TrendEater60 AUDNZD」など守備固めを意識した布陣になっています。

これから年末にかけ参加者が減少することで、相場の停滞または急変動が起こりやすくなると言われる中、不要なリスクを負う必要はありません。

この時期はやんちゃなストラテジーばかりでなく、堅実な実績のあるストラテジーをポートフォリオに組み入れることをオススメします。

来週の「イマコレ」ストラテジーです。

※12月4日時点 Myシストレ24より(期間:1ヶ月) 
※期間損益(円)は1万通貨当たりの金額(円)
※☆印は期間12ヶ月の最大ドローダウンの値が1000pips未満