強いポンド円ストラテジー再び!「MAX」「ExoticFx」「WaveRider」

■さえない形となった先週の動き

先週フルオートが選定した「INGRAM GBPJPY」は非常にさえない結果に終わりました。

もともとが「トレンド相場に強い」ストラテジーであり、「方向を切り替える際には損切りが続いたこともある」と先週の記事でもご紹介はしていました。

ただし、先週1週間、売りも買いもまったくかみ合わず損切りが続いたことで、ストラテジーの最大連敗数を更新するなど、選択のタイミングとしては最悪のものでした。
実績はあるストラテジーであるだけに大変残念な結果です。

直近1ヶ月の実績を元にして客観的に選定されますので、こういったこともあり得ないことではないのですが、気を取り直して今週のストラテジーに注目していきたいと思います。

■期間12ヶ月で指折りの実績 MAX GBPJPY

今週「金の卵」系フルオートにもっとも多く選ばれているのが、「MAX GBPJPY」です。
期間12ヶ月でも実現損益第3位と指折りの実績を上げています。

トレーデンシー社のストラテジー評価基準であるT-scoreも10点満点中9.22と高い評価を受けています。

MAX GBPJPY  12ヶ月

期間12ヶ月の損益チャートにおいては山あり谷ありはあるものの、しっかりと実績を上げ続けているストラテジーです。

平均利益157pips、平均損失▲104pipsと損小利大型でありながら、勝率も48%と50%近い実績となっており、稼働の安定感はありそうです。

最大ドローダウンが▲3265pipsとやや高めになっていますので確認したところ、今年の1月から2月にかけて発生しています。

ポンド円が直近安値を更新し、その後やや値を戻す動きを捉えられず、買い、売りにおいて▲140Pips前後の損切りを連続させています。

その後、2月中旬から下旬にかけては300Pips近い利益確定をあげていますので、相場とかみ合った時の破壊力は相当なものがありそうです。

直近の取引履歴においても▲140Pips前後の損切りと300Pipsの利益確定が見られることから、このあたりの水準が1つの決済の目安となりそうです。

損切りを挟みながらも大きな利益確定を定期的に行っていますので、今週の動きに注目です。

「MAX GBPJPY」
の特徴については、本日のテラス林氏のブログもご覧ください。
12ヶ月収益率No1&2フルオートにて「MAX GBPJPY」採用!
https://www.invast.jp/st24mr/advantage/information/strategyblog/2016/10/t3.html

■大型の利益確定が魅力! ExoticFx GBPJPY

ExoticFx GBPJPY  1ヶ月


「ExoticFx GBPJPY」
は、金の卵トップ1実現T40などのフルオートに選定されています。

先ほどご紹介した「MAX GBPJPY」の推奨証拠金が44.5万円であるのに対し、「ExoticFx GBPJPY」は34.7万円であることから、10kあたりの推奨証拠金40万円以下で構成されるフルオートに選ばれています。

取引の傾向として大型の利益確定を行うことがあげられ、先月9月の実績においても300Pipsを超える利益確定を確認できます。


最大ポジション数4のストラテジーですが、一括決済の頻度はさほど多くありません。

7月のように結果として連敗が続いている局面でも、よくよく履歴を見ると、1ポジションに絞って取引を行っているようであり、このことが傷を深くしなかった要因となっています。

その一方で、利益を伸ばして決済した局面などでは、利を伸ばしながらポジションを積み上げていき、順に決済するような行動も見られ、利益を大きく取ろうとします。

当日にポジションを複数持つよりも、翌日以降にポジションを持つ展開が多く、慎重な姿勢が伺えます。

相場に合わない時には大きくポジションを積上げないため、取引回数もさほど多くないことは特徴の1つです。
損切りの目安は▲150pips前後と考えられます。

■追加ストラテジーに最適! WaveRider GBPJPY

WaveRider GBPJPY  12ヶ月


「WaveRider GBPJPY」
についてはこれまでのイマコレやセミナーでもご紹介してきました。最大1ポジションながら、期間12ヶ月の累積損益も高く、最大ドローダウンも小さく運用しやすいなど、安定感のある実績が魅力です。

単体での運用だけでは物足りないと思う方もいるかもしれませんが、今回のように「金の卵」や「損小利大」フルオートの2番手ストラテジーとして活用するにはうってつけの存在です。

最大1ポジということもあり、推奨証拠金も低く抑えられていることから手動での追加などもオススメしたいストラテジーです。

直近の実績も確認していきます。

損切りをした後にもう一度ポジションを取り直すなど強気の姿勢も見られます。
ポジションを持たない期間もほとんどなく、トレンドが変われば方向転換を行なうなど、トレンドを取りきることを目指すストラテジーです。

実際の運用でも、300Pipsを超えて、400、500、600まで利益を伸ばした実績も見受けられ、直近7月でも900Pipsまで利益を伸ばしたことが確認できます。

このように大きく利を伸ばすストラテジーであるため、ポジション保有したまま、フルオートに選定された場合、ポジションを持たないという状況も十分にあり得るストラテジーです。

安定稼働がウリのストラテジーですので、ジョインでの途中エントリーなど手動での稼働継続も含めて、活用していきたいストラテジーの1つです。

最後に、余談ではありますが、この10月よりイマコレスタッフの変更がありました。
ライターの変更に伴い、来週以降、また違った角度からの視点も盛り込みつつ、よりシストレ24の魅力をお伝えできるような内容にしていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

今週の「イマコレ」ストラテジーです。

※ストラテジー実績はMyシストレ24より10月3日作成
※最大DD(ドローダウン)の単位は”pips”
※☆印は期間12ヶ月の最大DDの値が1000未満

今週の「イマコレ」ストラテジーを選んでいる主なフルオート
MAX GBPJPY
・金の卵トップ1実現T50
・金の卵トップ2実現T80

ExoticFx
 GBPJPY
・金の卵トップ1実現T40

WaveRider
 GBPJPY
・金の卵トップ2実現T80
・損小利大トップ2実現T60