昨年は1ヶ月で40万以上の実績!得意の6月で復活示すか「Beatrice 07」

ストラテジー紹介の前に、現在大きな話題となっている英国国民投票について記載しておく必要があるかと思います。

EU残留派議員に対する銃撃事件が起こるなど、今後国民投票の行方についてはさらに混迷の度合いが深まっています。

出典:ブルームバーグ

ブルームバーグによる複数の世論調査を元にした最新のデータでも、水色で示されたEU離脱派がやや優勢となっています。

こうした流れを受け、市場では英国のEU離脱が現実となる可能性を考慮せざるを得なくなり、株安、円高といったリスクオフの動きが見られます。

お客様からも「こうした時期はストラテジーの稼働等をどうしたらよいですか?」といったお問合せをいただくこともあります。

価格変動があれば当然収益チャンスがあるわけですので、高ボラティリティに強いストラテジーで稼働させるという選択肢もないわけではありません。それでも、稼働ストラテジーを大きく増やすなど過度のリスクをわざわざ取りに行く必要はないかと思います。

積極的に運用を行っていくという選択肢もあれば、こういう不透明な状況だからこそ、発注数量や稼働ストラテジー数を調整して、キャッシュ比率を高めておくという選択肢もあります。むしろ、こちらの方が一般的です。

1つだけ言えることは、6/23(木)、6/24(金)にかけてマーケットに大きな混乱が生じる可能性があるため、ポジションだけは事前に清算しておくことをオススメします。

なお、6/24(金)にシストレ24のセミナーを開催します。
英国国民投票の結果が判明する当日にあたるため、いろいろ考えておく必要もありそうですが、Myシストレ24の使い方と合わせて、強いストラテジーの紹介などを行います。
当日はもちろん、申込の段階でも質問等受け付けておりますので、お気軽にご参加ください。
☆―――――――――――――――――――
セミナー開催のお知らせ 6月24日(金) WEB
「脱初心者!ストラテジー選びが楽しくなるMyシストレ活用法」
http://www.invast.jp/seminar/detail/2016/06/0624/

申込制になっておりますので、あらかじめご登録をお願いします。申込自体はすぐに完了します。
☆――――――――――――――――――――


Beatrice 07 EURUSD 期間12ヶ月

「Beatrice 07 EURUSD」は最大ポジション数が4、期間12ヶ月の累積損益が682,197円という実績をあげています。

2015年の代表ストラテジーに抽出されるなど昨年大活躍したストラテジーですが、この1年の中で最大ドローダウン▲2787pipsを経験するなど、一時成績を落としたこともあって順風満帆に来たわけではありません。

しかしながら、直近の取引では連勝するなど調子をあげてきています。よくよく実績を確認してみると、昨年も同時期6月から活躍が目立ち始め、8月まで勢いよく急角度で実績を積み重ねています。

Beatrice 07 EURUSD 2015年6月~8月の損益曲線

Myシストレ24のストラテジーカード上で昨年6月から8月の損益曲線を日足チャート上で見てみると、昨年は6月に勢い良く上昇し、その後も利益を積み重ねました。

昨年6月だけで3490pipsを獲得しており、当時のドル円が120円超でしたので、わずか1ヶ月で+400,000円以上の実現益を出していたことになります。

過去の記事でもエントリー方法等を取り上げています。
https://www.invast.jp/blogs/beatrice-07/


200pipsを超えるような大型の利益確定もあれば、10pips前後での利益確定もあるなど、特定の値幅と言うよりもトレンド転換を察知して利益確定を行っていると昨年は紹介しておりますが、直近の「Beatrice 07 EURUSD」の取引についても確認します。



トレンドの判断が難しい局面では両建ても駆使することがあるストラテジーですが、直近においてはスムーズな4ポジションの決済が続いております。

トレンド発生と判断した方向に30分おきにポジションを積み上げてまとめて決済するスタイルが機能しており、売り⇒買い⇒売り⇒買い、と相場の方向感の判断も上手くハマっています。

昨年6月においては1ポジションあたり400pipsを超えるような決済も見られただけに、まったく昨年と同じ訳にはいきませんが、調子をあげてきていることは間違いありません。

実績あるストラテジーですので、勢いが良い今のタイミングで使ってみるのは悪くないタイミングと言えそうです。


今後の運用については

冒頭にも記載しましたように、来週は英国を中心に大きな変動が見込まれます。

英国の決断によっては、2015年のスイスショックのように突然値段が飛ぶなどの急変も想定しておく必要があります。

選挙前の稼働については、積極策を取るか消極策を取るかで判断が分かれますが、どちらにせよ過度にストラテジーを稼働させることなく、また23日を迎える前にはポジションの整理を行うなど、お取引には十分ご注意いただくようお願いします。

来週の「イマコレ」ストラテジーです。

※Myシストレ24より6月17日作成
※最大DD(ドローダウン)の単位は”pips”
※☆印は期間12ヶ月の最大DDの値が1000未満