ドル円ストラテジーでも1ヶ月実績18万円超が続々! イマコレが選ぶのは「overdrive」

—お知らせ—
【シストレ24メルマガ】WeeklyReport『勝者の法則』では、毎週のイマコレ記事のほか、レポート限定の情報も加えながら配信しております。シストレ24に口座をお持ちのお客様はぜひお気軽にご登録ください。メルマガ登録はMyページよりご登録いただけます。
https://mypage.invast.jp/portal/login/
※今週のレポート限定記事は今人気の『nianchuyifx EURUSD』の最近の取引についてのコメントです。
—————

ドル円のボラティリティが大きいことから、普段はポンド系ストラテジーが多くを占める1ヶ月上位ランキングの中にも、ドル円ストラテジーが見受けられるようになりました。

1ヶ月の実現損益ランキングで、ドル円に絞り込んで表示させたものが下図になります。


先週からイマコレに登録されている『overdrive USDJPYですが、登録後も成績を伸ばし、引き続きイマコレ検索でも上位に抽出されています。

1ヶ月の実現損益だけで見れば、『Endeavour FIRE USDJPY』『FXcn1985.cn USDJPYの方が上位なのですが、なぜ『overdrive USDJPYがイマコレ登録されたのか?

各ストラテジーを比較しながら、その理由を探りたいと思います。

Endeavour FIRE USDJPY 【1ヶ月】


『Endeavour FIRE USDJPY』
は、最大4ポジションを保有するストラテジーですが、1万通貨単位の運用で、1ヶ月実現損益が19万円と高い実績をたたき出しているストラテジーです。

1ヶ月の実現損益も階段状に積み上げており、直近の取引において安定的に利益を重ねています。
勝率が41%とさほど高くなく、少なからぬ比率で損切りを行っていますが、平均損失を▲34pipsに抑える中、平均利益は185pips、平均損失の5倍以上の実績をあげています。

直近1ヶ月において、損小利大の取引がうまく適応していることが分かります。
なお、『Endeavour FIREのロジックについては、先日ゴゴジャンブログでも取り上げられておりますので、気になる方は参考にしていただければと思います。

レンジ相場で成績上昇中 Endeavour FIRE
https://www.invast.jp/blogs/g4-3/

しかしながら、直近これだけ良い実績を出しておりますが、イマコレの候補にはなりませんでした。
その理由は、過去12ヶ月の実績にあります。


【12ヶ月】


期間12ヶ月の損益曲線を見ますと、浮き沈みがあるストラテジーであることが分かります。
2015年春先から10月までは完全に成績を下降させていましたが、11月以降は損益を大幅に回復させています。

ダメな時はダメ、良い時は良い、とかなり損益の具合がはっきりしているため、直近の成績を最重要視して、このストラテジーを選択するという判断も当然あって良いかと思います。

ただその際も、12ヶ月の最大ドローダウンで▲4709pipsとかなり大きいドローダウンを経験しているというリスクを認識しておく必要があります。

また、期間12ヶ月の勝率が24%、成績が上向いている期間1ヶ月の勝率でも41%と、そもそも勝率は高くなく、一定の負けを許容しながら損小利大を目指すストラテジーであるため、時には我慢が続くことも覚悟しなければならないストラテジーです。

イマコレとしては初心者の方の利用も多く、リスク重視の観点から「最大ドローダウンが大きい」ストラテジーは場外されることがほとんどです。また、「勝率が30%台以下」のストラテジーについても我慢が必要であることから、中・上級者向けのストラテジーと考えられます。

FXcn1985.cn USDJPY 【12ヶ月】


前述の『Endeavour FIRE USDJPY』が最大ドローダウンというリスク重視の観点からイマコレに登場していないのに対し、『FXcn1985.cn USDJPYは12ヶ月の最大ドローダウンは▲2000pips以下、直近の実現損益も絶好調であることから、イマコレ候補としても当然検討されました。

期間12ヶ月の勝率は41%とあまり高くはないものの十分許容範囲にあるレベルですし、平均利益が平均損失に対し、2倍以上の水準であることも魅力です。

損小利大型の取引で、昨年8月から損益曲線も上向いていることから、イマコレに登録される可能性も十分ありそうです。

【1ヶ月】


ただし、直近の実績を確認しますと、3月の円高局面で大きな利益確定を行っていることが分かります。3/11から3/30までゆっくりと時間をかけてポジションを積み上げていき、4/7に大きな陰線をつけた次の日に4ポジションの決済を行なっております。

この一連の取引だけで1800pips近い利益(1万通貨単位での運用なら約18万円)をあげており、まさしく会心のトレードと言えるかと思います。

問題はこの会心の取引が再度訪れるかどうかという点にあります。再現性のない取引、いわゆる偶然の産物でしかないのであれば、稼働させる理由はありません。
そして、それが再現されるかどうかは相場次第の面もあり、正直なところ分かりません。

ただし、こういった突発的に大きな利益をあげたストラテジーを選択するべきかどうかの指標となり得るものとして、『期間12ヶ月の損益チャートが安定的に右肩上がりになっていること』、『T-scoreが一定水準以上であること』などがあげられます。

実は前回、イマコレに登録された『overdrive USDJPYについても、『FXcn1985.cn USDJPY』同様に、直近の大きな利益確定に伴い上位ランク入りしたストラテジーでした。

『overdrive USDJPY
がイマコレ登録され、『FXcn1985.cn USDJPY』が(今週の段階では)
イマコレ登録されていないのはまさしく上記の2つの指標が理由です。

『FXcn1985.cn USDJPY
』の期間12ヶ月の損益チャートは残念ながら、赤みを帯びた部分も見られるなどあまり良い形ではありません。

では『overdrive USDJPYはどうでしょう?直近の調子【1ヶ月】とあわせて【12ヶ月】の成績を確認していきます。


overdrive
 USDJPY 【1ヶ月】

『overdrive USDJPYについてはイマコレ選定直前において、大型の利益確定を行っていました。

【12ヶ月】


12ヶ月の損益曲線を見ていただきますと、こうした損益曲線を大きく上昇させるような取引を過去にも行なっていることが確認できます。

・損益曲線の表示も年間を通じて基本プラス圏にあり、右肩上がりとなっていること
・その上で、大きく損益曲線を押し上げることも前例あり
・最大DDも4ポジション保有の中では優秀な水準と言える▲1400pips
といった点が先週の決め手になりました。

また、T-scoreについては『FXcn1985.cn USDJPY』が5.93、『overdrive USDJPYは7.94となっています。先週のイマコレ選抜時点では7.76でしたので、やや上昇しております。



T-scoreについては、先日の記事でも紹介させていただいております。

相場上昇とあわせて活躍するEURGBPストラテジー。 T-scoreとあわせた活用法も!!
https://www.invast.jp/blogs/ima1/

繰り返しの記載となりますが、T-scoreは、ミラートレーダーの開発元であるTradency社が独自に定めた、ストラテジーの評価基準になり、最大値は10になります。
算出方法が公表されていないため、詳細は不明ですが、取引の都度数値は算出し直されます。

あくまで経験則になりますが、T-Scoreが5~6のものに比べて、より上位のストラテジーの方が比較的良い成績を継続させる傾向があるように思われます。

実際に『overdrive USDJPYはこれまでの売り攻勢から一転して買いに転じるなど、優秀な立ち回りを見せており、原稿執筆時点ではすでに一定の評価益も抱えています。
T-Score上位のストラテジーはこういった柔軟な立ち回りを見せるものが多いように見受けられますので、参考指標としてご確認いただくのが良いかと思います。

今後の運用については
先週今週と各通貨ペアで相場の戻しが発生する中、『overdrive USDJPYのように上手く立ち回ったストラテジーもあれば、残念ながら保有ポジションの決済を行ったストラテジーもあります。

損切り自体は当然あることですので、これまでのストラテジーの取引を踏まえて稼働の継続、停止を判断していきます。

『StayProfit EURGBP』なども損切りを行ったストラテジーですが、このストラテジーは4ポジションをきれいに積み上げるタイプのストラテジーです。そのため、4ポジ決済は想定内のものですが、これまでの実績では利益確定の4ポジ決済を繰り返してきたことも特徴です。
イマコレユニットでは期待も含めて稼働を継続させます。

損切り額が大きいと感じた際には、取引もある程度行うストラテジーですので、発注数量自体を調整するなど、ポートフォリオの見直しされた方が良いかと思います。


来週の「イマコレ」ストラテジーです。

※Myシストレ24より4月15日作成
※最大DD(ドローダウン)の単位は”pips”
※☆印は期間12ヶ月の最大DDの値が1000未満


—お知らせ—
【シストレ24メルマガ】WeeklyReport『勝者の法則』では、毎週のイマコレ記事のほか、レポート限定の情報も加えながら配信しております。シストレ24に口座をお持ちのお客様はぜひお気軽にご登録ください。メルマガ登録はMyページよりご登録いただけます。
https://mypage.invast.jp/portal/login/
※今週のレポート限定記事は今人気の『nianchuyifx EURUSD』の最近の取引についてのコメントです。
—————