流動性の悪化懸念進むポンド系は要注意!勢い取り戻したドル系を活用「overdrive」

6月23日に予定されている英国国民投票の行方が不透明感を増しています。

6月6日(月)には複数の世論調査で英国のEU離脱支持派が残留支持を上回ったことでポンド売りが強まったかと思えば、翌日7日には市場関係者から「誤発注では?」と噂される急騰が見られるなど、市場では神経質な値動きが見られます。

今回の英国国民投票を今月最大のリスクイベントとして、流動性の悪化懸念が外資系金融機関からも出始めました。当社提携のカバー先金融機関へのヒアリングにおいては、仮にEU離脱ということになれば楽観的な意見でも5円幅、悲観的なものになると30円幅といった価格変動予測をあげる声も聞かれました。

過去のスイスショック時には、スイスの中央銀行がこれまでのユーロ買いの無制限介入方針を突然撤廃したことで、市場においてはレート配信の停止や、値段が大幅に飛んで約定するなどの混乱が起き、スイス円においては一日で20円以上の値動きが見られました。

今回の英国の国民投票にあたっては、市場でも大幅な流動性の低下が懸念されており、当社でもお客様向けに急激な相場変動に対する注意喚起をさせていただいております。

http://www.invast.jp/information/2016/06/09-3047.html
—————————–
【重要】英国国民投票(6月23日)前後の急激な相場変動にご注意ください。 2016.06/09

6月23日(木)に英国のEU離脱の是非を問う国民投票が実施されます。投票結果および事前の報道等により相場が急激に変動することが予想されます。

そのため、当日および翌日24日ならびに週明け27日にかけまして、流動性の低下に伴うスプレッドの拡大や一時的にお取引しずらい状況、また直前の価格から大きく乖離した価格が提示される等の可能性がございます。

今回の選挙は世界的に大きく注目されており、結果次第で英ポンド通貨ペアはもちろんのこと、他の通貨ペアにおきましても想定し得ない動きをすることが予想されます。お客様のポジション状況、価格の変動幅によってはロスカットはもとより証拠金預託額を上回る損失が発生することも充分に考えられますので、予めポジションを縮小するまたはご入金する等、ポジション管理や資金管理には十二分にご注意くださいますようお願いいたします。
なお、スプレッド拡大時には、両建てであっても評価レートの変動に伴い有効比率が低下し、証拠金状況によってはロスカットが発生する場合がありますのでご注意ください。

また、マーケット状況によっては建玉制限ならびに証拠金率の引き上げ(レバレッジ引き下げ)等の措置を行うことがございます。
実施につきましては、決まり次第、速やかにお知らせいたします。

お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解ご了承賜りますようお願い申し上げます。
—————————–

ポンド系の通貨ペアはボラティリティが高く、ポンド系ストラテジーもそのボラティリティを活かした高収益ストラテジーが多いのですが、今回のように極端な流動性低下が懸念される事態においては、いったん稼働停止を行う等様子を見ていただいた方が賢明です。

ポンド系ストラテジーは避け、その他の通貨ペアで取引されることをオススメします。もちろん、その他の通貨ペアにおいてもボラテイィリティが高まることが予想されますので、稼働数量、発注数量には十分ご注意ください。

overdrive USDJPY 期間12ヶ月


「overdrive USDJPY」
は最大ポジション数が4、「金の卵」がついています。1万通貨単位での運用で期間12ヶ月の累積損益が+681,860円と実績も十分のストラテジーです。

春先においてもイマコレで活躍していましたが、期間1ヶ月のストラテジー実績が今一つの状態となったことでここしばらくイマコレから外れていました。
https://www.invast.jp/blogs/ima27-2/

overdrive USDJPY 期間3ヶ月


直近の取引においても必ずしも目を見張るような実績をあげて復活してきたと言うわけではありません。上図にある期間3ヶ月の損益曲線を見ていただいても分かるように、GW明けの損切りにより少しへこんだ状態から、現在は少しずつ上向いている状況です。

では「overdrive USDJPY」の良さがどこにあるかというと、成績の安定感にあります。

期間12ヶ月の実績において、勝率は65%程度あり、平均利益103pips、平均損失▲82pipsという損小利大型になっています。もちろん累積損益の方も申し分ありません。

その他の期間も基本的に同じ傾向になっていますが、期間1ヶ月のストラテジーカードのみ平均利益、平均損失が30pips前後に縮小しています。

過去の記事でも紹介しておりますが、「overdrive USDJPY」は300pips、またはそれ以上の利益確定も狙うストラテジーです。
https://www.invast.jp/blogs/ima19/

https://www.invast.jp/blogs/ima15/


大きく動く高ボラティリティの相場やトレンドにおける大型利益確定を狙いますが、そうでない相場状況においては小刻みな利益確定を行うことで、トレンド以外の相場でも成績を落とさないような設計となっています。

いざ大きく動いた際にしっかりと利益を狙っていくため、あらかじめ稼働させておきたいストラテジーと言うことになります。

年間を通して損益曲線に安定感があり、かつ大きなトレンドが発生した際にも大型の利益確定を狙える、そして、勝率も高めで使いやすいということで「overdrive USDJPY」の活躍に期待しています。

今後の運用については

各社の姿勢にもよりますが、FX会社からの注意喚起と言うものはそういつも頻繁に出るものではありません。そもそもFX取引自体がレバレッジの利いた取引ですので普段からお取引に注意は必要なのですが、今回の英国国民投票にあたっては不測の事態に巻き込まれないよう細心の注意を持って臨んだ方が良さそうです。

ボラティリティの高まりにより、収支を伸ばしている好調ストラテジーも多くありますが、こういった時こそ、リスク管理をしっかりと行いたいところです。

少なくとも6月23日前後、特に国民投票の結果判明すると思われる24日の日中などに為替市場で
大きな混乱が起こる可能性を否定できないため、事前にあらかじめポジションの整理を行うなどご自身で調整いただくことをオススメします。

☆お知らせ
———————————————————
メルマガ登録について

【シストレ24メルマガ】WeeklyReport『勝者の法則』では、毎週のイマコレ記事のほか、レポート限定の情報も加えながら配信しております。シストレ24に口座をお持ちのお客様はぜひお気軽にご登録ください。
メルマガ登録はMyページよりご登録いただけます。
https://mypage.invast.jp/portal/login/

※今週のレポート限定記事は、取引回数こそ多くないものの200pipsの利幅で損益曲線を伸ばす「Join4 EURUSD」を紹介しています!
———————————————————
———————————————————
シストレ24WEBセミナー【お申込制】
2016年6月24日開催
「脱初心者!ストラテジー選びが楽しくなるMyシストレ活用法」
シストレ24では久しぶりのセミナー開催となります。

セミナーの詳細、お申込はこちら。
http://www.invast.jp/seminar/detail/2016/06/0624/
———————————————————

来週の「イマコレ」ストラテジーです。

※Myシストレ24より6月10日作成

※最大DD(ドローダウン)の単位は”pips”
※☆印は期間12ヶ月の最大DDの値が1000未満