膠着相場で20連勝!「9Forexs(NZDUSD)」

■先週のイマコレ

英ポンドの方向感なくボラティリティの低い値動きに、MultiAgent GBPUSDは▲620.5pips、Endeavour FIRE GBPUSDは▲146.8pips、Home Runs GBPCHFは新規ポジションを持たず、とあまり芳しい結果を得られませんでした。「損小利大」タイプのストラテジーがもっとも不得手とする相場状況の一週間でした。

 

■今週の注目ストラテジー

今週は注目のストラテジーを2つご紹介します。

1つ目は、膠着した状態の中から久しぶりに英ポンド以外のストラテジーが出てきました。それが9Forexs NZDUSDです。

2つ目は、Home Runs GBPCHFは取引がありませんでしたが、変わってGBPUSD、GBPAUD、EURGBPがフルオートで選ばれています。その中で長期の成績も良くかつ12ヶ月のドローダウンがで▲1,097.8pipsと小さいHome Runs EURGBPに注目します。

 

9Forexs NZDUSD

「一発」「高勝率」「損小利大」のスタータスが同時ついている珍しいストラテジーですが、これを理由に注目しているわけではありません。動きが出た時には100pips以上の利益確定をしながら、相場が膠着したときには細かい利益確定を繰り返している柔軟さはなかなか見かけないタイプのストラテジーです。

ステータスが揃っている理由は、過去の取引で9ヶ月ポジション保有して1,000pips×2ポジションの利益確定があるためですが、これを差し引いても1,944.4pipsの累積利益を上げています。

なお、直近の20連勝中の平均利益は6.3pipsと「コツコツ」のステータスがついてもおかしくありません。

フルオートでは「損小利大トップ2実現T60」で選ばれています。

・取引履歴

 

Home Runs EURGBP

前回ご紹介したHome Runs(GBPCHF)と同様、損切りが思いのほか早いため膠着した相場ではどうしても損切りが先行しやすい性質があり直近連敗しています。相場の流れに乗った時にはその分利益を大きく伸ばすので累積損益は大きくなる性質のストラテジーです。

Home RunsではGBPUSD、GBPAUD、EURGBPがフルオートで選ばれていますが、直近1ヶ月の実現損益はGBPUSD、GBPAUD、EURGBPの順となります。しかし各期間の統計を見るとEURGBPの方が同じストラテジーながら勝率が高く最大ドローダウンが小さくなっています。

ここ2週間損切りが先行していますが、目の前の勢いだけではなく中長期の成績も踏まえてこのHome Runs(EURGBP)に注目します!

 

・統計情報

フルオートでは「金の卵トップ2実現T60、T80、T100」で選ばれています。

 

■今週のイマコレストラテジー

Endeavour FIRE(GBPUSD)とHome Runs(GBPCHF)を外し9Forexs(NZDUSD)とHome Runs(EURGBP)を選びました。

ストラテジー名 通貨ペア 【1ヶ月】 【12ヶ月】 最大ポジション プロバイダ
実現損益 収益率 実現損益 最大DD
MultiAgent GBPUSD \322,885 -167.31% \-655,889 -9034.5 4 ゴゴジャン
9Forexs NZDUSD \222,626 267.18% \398,093 -232.5 4 トレーデンシー
Home Runs EURGBP \139,708 133.80% \315769 -1097.8 4 トレーデンシー

※ストラテジー実績はMyシストレ24より10月31日作成

※最大DD(ドローダウン)の単位は”pips”

※☆印は期間12ヶ月の最大DDの値が1000未満

 

今週の「イマコレ」ストラテジーを含む主なフルオート

MultiAgent GBPUSD

・損小利大トップ1実現T40・T50・T60

・損小利大トップ2実現T60・T80・T100

9Forexs NZDUSD

・損小利大トップ2実現T60

Home Runs EURGBP

・金の卵トップ2実現T60・80・100

 

■オリジナルフルオートを応募してプレゼント!「俺のフルオート」

10月29日(土)より、フルオート機能を利用して自分だけのオリジナルフルオートを設定・応募いただきその成績を競うイベントをスタートしました。

成績上位入賞者には、最新ゲーム機「PlayStation笂蜀4&PlayStation笂ⅢR」「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピューター」をプレゼントいたします。

入賞を逃しても、応募すれば抽選で20名様にスマホ用VRヘッドセットをプレゼント!

「これぞ、俺だけ!私だけ!」のオリジナルフルオートを奮ってご応募ください。

応募はMyシストレ24にログインいただき「俺のフルオート募集はこちら」より、ご自身の設定の過去成績をシミュレーションしながら確認しご応募ください。

イベントの詳細概要についてはこちら

 

■ストラテジープロバイダーに株式会社トリロジーを追加

本日10月31日(月)より、ストラテジー提供元に「株式会社トリロジー」が加わりました。

同社のストラテジー開発にはトレーディング業務に精通しテクニカル分析と独自のサイクル分析を融合させたトレンド分析に定評があるアセンダントの山中康司氏が携わっており、今回28本のストラテジーを追加いたしました。

同社では、スプレッド等の多寡に過剰に依存しない売買ルールで、バックテストで10年以上プラス運用という成績という基本方針でストラテジーの開発、採用を行っています。

 

直近1年間の統計情報を見ると同社のストラテジーの特徴としては、

・最大ドローダウンが比較的小さい

・平均利益300pips超、平均損失▲100pips前後

・勝率は低い

という傾向があります。もちろん統計期間により状況は異なりますが、おおまかな特徴として捉えていただければと思います。

 

今回追加されたストラテジーの中から直近1年の成績上位のストラテジーをご紹介します。

ともに平均利益300pips超、平均損失▲100pips、平均損益では25pips前後。勝率は30%以下と低くなっていますので、長期で利用してこそのストラテジーとなります。

 

W2C-Zelinsky(ゼリンスキー)GBPJPY


W2C-Angely(アンジェリー)GBPJPY