コツコツ型の連勝中ストラテジーOnTheSpot、NewHope!

前週は、中国の6月貿易統計で輸出入ともに好調だったことで豪ドルの上昇が目立ちました。欧米の金融政策の転換に対して出遅れていた豪準備銀行が早期の利上げに動く可能性もあり、豪ドルの動きも俄かに盛り上がってきました。20日(木)には豪州雇用統計の発表を控えており、さらに勢いづくのかどうか注目されるところです。

この動きを受けて好調だったAPIシリーズの英ポンド/豪ドルは損切り先行となりました。通貨ペアの動きとストラテジーのポジションが少しかみ合わなくなってきたように感じるため、今週は思い切ってストラテジーを入れ替えていきます。

 

■イマコレストラテジーの成績

これまで好調を続けてきたAPIシリーズにも、やはり調子の変化の波がやってきたようです。特に英ポンド豪ドルは、イマコレのラインナップに入れていたAPI2はそれほどでもありませんでしたが、API1、API3は連敗を喫しています。先週入れ替えたことは正解でしたが、API1、3が調子を落としたことでAPI2も遅かれ早かれ調子を崩すと考えて対処しておくのが妥当でしょう。一方で、英ポンドNZドルは堅調に稼動しています。

 

2017/7/10~2017/7/15 5:50

■今週の注目ストラテジー

ストラテジーの好調のサイクルがどれ位なのか正確な分析はなかなか難しいことですが、APIシリーズも通貨ペアによって違いはあるものの、そろそろ入れ替えるタイミングを計ろうと考えていたところにGBPAUDの調子が崩れ始めました。まさにここが入れ替え時。

そして、今週は新たなストラテジーに注目したいと思います。それが、現在67連勝中のOnTheSpot(CADJPY)と48連勝中のNewHope(AUDJPY)です。ともにコツコツ型であること、そして、CADJPY、AUDJPYと最近動いている通貨ペアのストラテジーです。

  

OnTheSpot(CADJPY)

6月の米利上げ以降、次の利上げまでまだしばらく時間が空きそうとの安心感からカナダドルが買われていますが、その流れをしっかり捉えて67連勝中の好調ストラテジーです。

そもそも変動はそれほど大きくない通貨ペアなので、こうしたコツコツ型のロジックがマッチするのでしょう。

○月間損益推移

○統計情報

稼動開始からまだ8ヶ月ですが、これまでの成績は非常に安定しています。最大ドローダウンも▲1,000pips程度で押さえ勝率70%以上を維持しているのは秀逸と言ってもよいでしょう。

○損益分布(12ヶ月)

NewHope(AUDJPY)

カナダドル円同様、6月の米利上げ以降上昇トレンドが強まっている豪ドル円で48連勝中と好調のストラテジーです。特にこの1ヶ月は負けなしと好調すぎるかもしれませんが、良い時に乗るのが鉄則。ここはOnTheSpotと同じタイプですがコツコツ型で果敢に攻めたいと思います。


○月間損益推移

○統計情報

○損益分布(12ヶ月)

■今週のイマコレ

好調のAPI2TBX(GBPNZD)を継続。API2TBX(GBPAUD)とThirdBrainFx(GBPNZD)は停止し、OneTheSpot(CADJPY)とNewHope(AUDJPY)に入れ替えます。

■リアル口座運用状況

ここまで好調でしたが、先週は久しぶりにややマイナスとなりました。ストラテジーの調子にもやはり波があるので、ここでポートフォリオを少し組み替えて運用していきたいと思います。

○損益推移

○ジョイントレードの成績

○現在のポートフォリオとポジション