米利上げ、英仏総選挙を控えボラティリティが高まるか注目の6月!

先週金曜日米国雇用統計が事前予想を下回る内容からドル売りが強まり、111円台半ばから瞬間100.30前後までドル売り円買いが進みました。非農業部門雇用者数13.8万人増、失業率4.3%、平均時給0.2%増という数字は先行きを悲観するような数字ではないことから、6月利上げの確率は依然95%を超えている状況です。

今週は、8日に英国の国民総選挙を控え英ポンドの動きが注目されます。今のところ保守党優勢で波乱はないという見方が市場では優勢ですが、当然何が起こるか分かりません。英ポンド、ユーロ中心に値動きを期待しつつも、過度にポジションを持たないよう注意したいところです。

 

■イマコレストラテジーの成績

API1TBX(GBPAUD)は最大評価が+270pips前後まで伸びていたところでは決済せず、決済した時には微妙な結果でした。とはいえ、選ばない理由も見当たらないストラテジーです。

KingSword(EURUSD)は先週は損切り×3ポジションという結果でしたが、ユーロの変動が大きくなっている中、ポジションが逆目だったときに▲50pips前後で手堅く損切りして仕切りなおしてくれるので今のところ信頼しています。

EURGBP1688(NZDUSD)はポジションを保有したままだったため、新規シグナルを発信しませんでした。4ポジション保有しマイナスを長く抱えていますが、しばらく時間がかかりそうな展開です。

 

2017/5/29~2017/6/3 5:50

■今週の注目ストラテジー

API1TBX(GBPAUD)、KingSword(EURUSD)とも今週も継続します。

API1TBXは前述したように、もっとも良いタイミングを逃しながらもトータルプラスの結果を残しており、積極的に選ばない理由は見当たりません。もちろん他に良いストラテジーがあれば積極的に乗り換えていくべきですが、乗り換え候補は先週ご紹介した兄弟ストラテジーAPI3TBXやAPI2TBXとなってしまい、あまり意味はないようです。

さて、今週は新規シグナルを発信しなかったEURGBP1688(NZDUSD)を停止し、新たにJaden3.08(AUDCHF)を稼動します。直近1ヶ月13連勝中のコツコツタイプのストラテジーで、ベテランマークがついているものの今回初めて目にするストラテジーです。直近の好調さを重視して今回選びました。

 

Jaden 3.08(AUDCHF)

 

○月間損益推移

 

○統計情報

長期では優秀とは言いがたい成績ですが、直近1ヶ月は出来すぎなものの平均利益、平均損失が同程度、勝率で稼ぐバランスタイプであり、現在の相場変動にマッチしている結果となっているところを好感しています。

 

○損益分布(12ヶ月)

最大損失は▲180pipsラインを維持しているので、勝率70%以上を維持しているかどうかがこのストラテジーの継続ポイントになるかと考えます。

 

■今週のイマコレ

API1TBX、KingSowrdは1ヶ月の成績はやや低下しているものの、中長期の成績も安定しているので引き続き継続。これに加えて現在の相場変動にマッチして13連勝中と好調のJaden 3.08を加えて運用していきます。

 

■リアル口座運用状況

先週はストラテジーの成績もややマイナス、ジョインでも挽回できず、まだ成績を切り返すには至っていません。マイナス拡大を抑えつつ我慢の運用が続いています。

 

○ジョイントレードの成績

 

○現在のポートフォリオとポジション

 

■第2回俺のフルオートの優秀設定がご利用可能になりました!

3月11日より実施していました「第2回俺のフルオート」の最終結果を5月31日に発表いたしましたが、本日6月5日より、フルオート設定に成績優秀な設定を追加し実際にご利用いただけるようになりました。

 

今回も、お客様より多数応募いただいた設定の中から、バックテストおよび2ヶ月間のフォワードテストによって3ヶ月および12ヶ月の各成績、また3ヶ月、12ヶ月の収益率、最大リスクから総合ポイントを算出しランキングを決定いたしました。

第2回俺のフルオートの結果はこちら

 

Myシストレ24の「フルオートを始める」よりご利用いただけますので、ぜひご活用ください!