【上位者インタビュー】目標値設定とブレない損切り設定が成功の秘訣!?≪第4位「トライさん」≫

みなさん、こんにちは!
絶賛実施中のトライオートFX自動売買グランプリ!前回のグランプリ上位者の方にインタビューにご協力いただきました。
今回のインタビューは見事、第4位にランクインした「トライさん」です。

株式もFXも上手くいかなかった過去

Q.早速ですが、トライさんがFXを始めたきかっけを教えていただけますか?

私は、最初FXではなく株式投資からスタートしました。約8年ほど前になります。
当時、社会人になったばかりだったのですが、投資の必要性を感じたきっかけは学生時代に読んだ「金持ち父さん」という書籍です。経済学部に在籍していたこともあり、自分で投資の勉強も多少していました。当時はお金がなくて(笑)。
初任給で投資を始めたいなぁと思っていたので、それを実践した感じです。

Q.株式からFXにシフトしたのはどのような理由あったのでしょうか?

レバレッジ、ですね(笑)。
株式のことは何となく理解できたので、少しレバレッジを効かせて運用してみたいなと思ったんです。
あと、私の勝手なイメージですが、株式よりもFXの方がシンプルに取引できると感じていて。インサイダー情報などもないですし、チェックする情報も誰もが同じ情報を得て取引できるのでシンプルでわかりやすいと思っていました。

Q.実際にFX取引を始めてみて、結果はどうでしたか?

最初は裁量FXをやっていたんですが、勝てなくて・・・。
自分に合う手法を探していたんです。

Q.あまり思いだしたくないかもしれませんが…FXでの失敗談を伺ってもよろしでしょうか。

一番の失敗は、南アフリカランドを取引したときです。
歴史的に下がったタイミングで買いポジションを持ってしまって、ロスカットになってしまったんです。金額的に大きなものではなかったもののショックでしたね。
あとは、リーマンショックの時です。ドルはこれ以上下がらないと思っていたのにドンドン下がっていって。。ロスカットは免れましたが、冷や汗をかいたのを覚えています。
当時、「FXはギャンブルだ」なんて言われていたりもしたんですが、一方でFXはギャンブルなんかじゃないよ、という話も聞くようになって。
自分で自分に合いそうなものを色々探してみたんです。そして、辿り着いたのが「自動売買」でした。

自分に合う手法を探した結果、「自動売買」に辿り着いた。今や取引の7割は自動売買に

Q.ちなみに、トライオートFXを選んでいただいた理由はどこにあったんでしょうか?

自動売買を取り扱ってる会社は複数あるので比較検討して、2社で取引をしています。
比較した項目は、手数料とか取扱通貨ペアが多い会社です。少額で自動売買が始められるのもトライオートFX選んだ理由の一つです。使い続けるかどうかは相性もあるように思います。

Q.裁量FXは今でも使っていらっしゃいますか?

はい、裁量と自動の両方をやっています。
ただ、今は7割程度は自動売買です。裁量のほうは、自動売買のヘッジをかける意味で使ってます。

Q.自動売買が7割、ほぼ自動で取引されているんですね。自動売買のメリットはどんなところに感じていらっしゃいますか?

私はSEをやっているので帰宅時間が結構遅くて、夜10時を過ぎてしまったりするんです。だから、取引に費やす時間が少なくて済む自動売買はありがたいですね。それに、FXなら、仕事帰りに相場が活況になるのでそれを電車でチェックして帰れるのもいいですね。株式だと出勤前に指値を出さないといけないので、自分の生活スタイルにはFXが合っていると思っています。

Q.トライオートFXのお取引もスマホでされることが多いですか?

トライオートFXの設定は、土日にPCを使って家で設定をしています。
その後の確認はスマホです。注文設定を見直したりするのは、やはりPCの方が便利ですね。

情報収集はスマホで。取引は価格を意識し目標値やルールを設定。

Q.まず情報の収集や相場分析は、どのようにされていますか?

私は、分析という分析は全然していなくて。スマホでブログやニュースの情報を得るぐらいなんです。
自分が好きなのは「ブログ村」の「為替ブログ人気ランキング」で上位にあるブログなどはチェックしてます。

具体的すぐ名前が浮かばないですが、ブログを幾つかチェックしていて「なんだかノリに乗ってるなぁ」と思うブログの情報を参考にしたりしていますね。「逆に調子が悪そうだな…と感じるブログの情報の逆を行ってみたりとか・・・。自分の相場観と調子が悪そうな方の相場観が逆だと相場観は合ってるのかな(笑)なんて思ったりして見ています。100%信じられる情報ではないですし、そういう使い方がいいとはいえないですが、そうやって使っていますね。
「情報収集はスマホで手軽にできるので、ほぼスマホを使ってます。

Q.お取引を見ると「米ドル/円」と「豪ドル/円」を中心にお取引されているようですが理由があるのでしょうか。

一日の変動幅がそこそこある点と、慣れている、という点からでしょうか。
南アフリカランドやトルコリラもやってみたんですが先ほどお話したように上手くいかなかったので。今は慣れている通貨に特化して取引しています。

Q.運用期間は意識されますか?

運用期間を意識することはあまりないです。長く続ければ利益もたまるので。
それよりも価格を意識することが多いです。

テクニカルもあまり使わないので、大台といわれる付近の価格に注目しています。米ドル円なら100円や105円といった節目の後には戻しの動きも結構あると感じています。

感覚的な部分もあるのですが、自信がある時には複数の設定をかぶせて発注するなどその価格帯の本数を厚めに設定したり、逆に自信が無い時は少なめにしたりもします。 最初に試しの注文を入れつつ、レンジの動きが強ければ注文を増やすこともあります。

Q.損切りをほとんどいれないのもトライさんの運用の特徴ですね。

そうですね。損切りはあらかじめ入れてないですけど、目標値への値幅が5円とすると、反対方向に5円動いてしまえば損切りすべきと思います。

損切り自体は入れなくても、移動時間などでもスマホを使って値動きは確認しています。なので、あらかじめ損切り注文の設定はしていませんが、いつでも対応できるようにしています。

Q.お取引を拝見して気になったのですが、トライさんは利益に対する評価損がとても少ない印象があります。何か特別な設定をされているんでしょうか?

利益確定は50pips程度、AP注文の本数は多めに設定しますが1,000通貨単位が基本です。
特別な設定は特にないのですが、あらかじめ目標値を設定することが多いです。

例えば、100円の前半で買いを仕掛けている時には、目標値を105円あたりの節目設定します。
105円に到達したら稼働を全て停止し、状況を確認した上で再度仕掛けを設定します。
設定を細かく調整しなす方法もあるかもしれませんが、一回キレイに注文を一掃するこのやり方が自分には合っている感じがしています。損失が発生する注文があったとしても、トータルでプラスになれば良いと考えているので、それほど大きな問題はないですね。

言うのは簡単ですが、損切りのルールを決めて守っていらっしゃるのが成功の秘訣でしょうか。
自分の裁量で損切りする自信がない方なら、予め損切り値を設定しておいた方がよさそうですね。

Q.ところで、トライさんというニックネームはどこからきているのか伺ってもいいですか?

実は最初思いつかなくて、取引ツールをパット見た時にトライオートFXのロゴが目に入って、それで”トライ”を拝借しました。トライだけだと失礼かな…と思って、「さん」を付けさせてもらったんです(笑)。
わからないことが沢山あるのでどんなことにもチャレンジしていくという意味の「try」の意味も込めています。

トライさん:私から質問してもいいですか?この社会貢献ポイントっていうのは?
これは11月で終わっってしまうんですかね。私はこういうの好きなので来年もやってほしいなと思って。

インヴァスト:ありがとうございます。この社会貢献ポイントは、インヴァスト証券独自のポイントプログラムで付与されるポイントなんです。社会貢献ポイントは認定NPO法人への寄付に利用でき、寄付金を確定申告することで税制優遇(寄付金控除または税額控除)の適用を受けることもできます。

お客様の確定申告時期にも間に合うように今年は9月から11月末の期間で一旦区切らせていただいておりますが、来年以降も実施していく予定です!

「インヴァストミッションプロジェクト」サイトで寄付できる認定NPO法人や総ポイント数をご確認いただけます。ご自身のポイントはMyページで毎営業日更新されるようになっています。

今回のグランプリでは、入賞者に社会貢献ポイントをプレゼントしますので、下記ブログからポイントの使い方もチェックしてみてください。

>>グランプリ特設サイトはこちら