【トライオートFX】スワップポイントの付与日数にばらつきがあるのはなぜですか?

為替証拠金取引は、インターバンク市場(銀行間の取引)のスポット取引(直物取引)をベースにした差金決済取引です。スポット取引では、世界各国の銀行が時差を超えてリアルタイムで取引をしているため、取引を行った日の2営業日後に決済を行うというルールがあります。

トライオートFXでは、取引当日に決済取引を行わずに建玉を翌日にに持ち越すと、受渡日(決済日)が1日延長され(これをロールオーバーといいます。)、その際にスワップポイントの受払いが発生します。 ※新規取引日と決済取引日が同じ日の場合、スワップポイントは発生しません。

これにより、月曜日から火曜日にかけて行われた取引は、水曜日から木曜日(月曜日、火曜日のそれぞれ2営業日後)分のスワップポイントが発生します。同様の方法で2営業日後を行っていくと、土日や祝日、その他各銀行の休業日等が挟まり、付与日数にばらつきが生じます。