【トライオートFX】レンジフォーカスのレンジ幅はどのように決めているのですか?

レンジ内での売買頻度が多ければ多いほど利益が上がるのがレンジ取引ですので、多くの価格が集まっているエリアに注文を設定する必要があります。

レンジフォーカスは、過去3年間の価格分布よりシミュレーション、バックテストを繰り返し「80%の価格が存在する範囲」に注文を設定しています。そのため、相場状況によっては現在値が設定値を上回るまたは下回ることもありますが、過去3年間の価格分布に基づき、設定範囲に戻ってくることを想定して設定されています。