トライオートETF、リリース!はじめる前に確認!

ついにトライオートETFがリリースされました!


過去10年で最も伸びたと言われる金融商品・ETF。

分散投資を気軽に行えるという事から、特にアメリカで爆発的に伸びています。

種類の多さやパフォーマンスそのものを見ても、日本国内のETFとは違った魅力があるETFが 海外には沢山あります。 その海外ETFを元本為替リスクゼロ、マニュアル手数料ゼロ、 両替いらずで売買できる画期的な商品を皆様にようやくお届けできることになり、 私たちもとってもわくわくしています!  

銘柄リストや関連動画、こちらのブログなどで、運用初心者の方やETFの事が分からない・・・ という方にも安心して利用していただけるよう、様々なコンテンツを配信していきます♪  

どうすれば皆様にとってより良いサービスが提供できるか、どんな銘柄をご紹介していこうか、 日々ディスカッションを重ねています。 ここをもっと知りたい、もっとこういう銘柄が欲しい、ツールにこういう機能があると良いな 、など、皆様の声もぜひ!聞かせてもらえればと思います。  

まずは、トライオートETFの魅力と、そもそもETFって何?という疑問を解決する動画が近日公開されます!その時はこのブログでもお知らせしますので、どうぞお楽しみに!  

今日ははじめる前に今から押さえておくポイントを8つだけご紹介します。

1. 公式サイトを読みましょう!

相場は逃げません。じっくり公式サイトを読んで不安を解消しましょう! 分からないことがありましたら、気軽にサポートセンターにご連絡ください。

電話:0120-729-365  メール:etf-info@invast.jp  

2.  口座をお持ちの方は追加口座開設をすれば簡単に開設

インヴァスト証券のMyページにログイン後簡単に追加口座開設ができます。 もちろん、スマートフォンからでも可能です。

3. 入金するならキャンペーンを活用しよう。

初回入金150万円で2回以上の取引で3000円もらえるキャンペーンが実施されています。どうせならこれを活用しちゃいましょう。ポイントは「初回入金」というところです。最初に10万円とかで分割して入れてしまうと対象にならないようなので気を付けてください。どうやらキャンペーンの管理上仕方がないようです。 http://www.invast.jp/campaign/detail/etf/20160423_cashback_1/

口座お持ちの方は資金振り替えでもOKみたいです。

インヴァスト証券の別サービスに入金しているお金を簡単に資金振り替えができます。

4. 建玉金利は7月末まで無料

トライオートETFはポジションに対して1.25%+Liborという金利コストが発生します。

これはレバレッジ5倍にしても同じ額なので、株の信用口座と比較するとこれでも随分低い金利です。Liborというのはあまり聞きなれないでしょうが、ドルや円を調達する時の金利のコストのことです。今円はマイナス金利なのでこのLiborがマイナス、米ドルは現在0.3~0.4%程度です。したがって、米国のETFを取引する時には1.25+0.4%~程度が金利(年間)としてかかる計算になります。トライオートETFの銘柄リストの「必要証拠金」の欄に各銘柄で1日にかかる金利額を表示しています。今はキャンペーンで7月末まで無料なので、コストは発生しませんが、もし発生するとしたら200ドルのETFであれば大体1年間保有したとしたら366円程度、1日で1円位の金利コストとなります。

5. 米国のETFは22時35分からスタート

本日リリース日はまだ口座開設を受け付けたばかりなので、日本に上場しているETFを取引できる人はいらっしゃいませんが、今日の米国時間からは今お申込み頂いている方で書類等に不備がなければお取引できると思います。その場合、22時35分からスタートします。

6. 自動売買注文も7月末まで無料

通常約定毎に手数料を頂く自動売買注文も7月末まで無料です。 FX口座の方で既にAP注文をご存じの方は大丈夫だと思いますが、はじめての方はスタートガイドで予習してください。FXとは異なりETFの追尾仕掛けではデフォルト値で損切りをなしにしたり、レンジ幅も自動的に1年の高安に設定したりしています。また、夜時間にスタートする米国のETFでは使い方次第は大いに期待できると思います。 /startguide/etf_auto-trading/reason/

7. 売りはまだできません

新規売りは今後できるようにいたしますが、現時点ではまだ新規売りの受付をしておりません。  

8. レバレッジは1倍から。5倍にする時は申請が必要。

口座開設時点では全員レバレッジは1倍です。 5倍にするためには申請および審査が必要です。 /startguide/beginner_etf/leverage/