NY午前

NY午前の動向は、米9月NY連銀製造業景況指数は予想を上回ったが、8月小売売上高や鉱工業生産が弱く一時ドル売りを強めた。ただ、その後発表された9月ミシガン大消費者信頼感が予想を上回ったことでドルは落ち着きを見せた。  ドル円は、111.33まで上昇後、110.62まで売りに押され、ユーロドルは1.1987、ポンドドルは1.3617まで一時上昇した。  クロス円では、ユーロ円が133.10、ポンド円が151.55、オージー円が89.27、NZD円が81.04、カナダ円が91.63まで一時値を上げた。