【だいまん監修_コアレンジャー_スイスフラン/円】レポート

 2020年後半のリリース以降、ご好評いただいておりました「有名ストラテジスト監修コアレンジャー」ですが、今回2021年末までの相場を想定したロジックとしてバージョンアップされました!

ストラテジストによる解説動画はこちら

 こちらのレポートでは有限会社フォレックス・ラジオ代表、だいまんこと文一雄氏の予想する豪ドル/NZドル相場の予想レンジをもとに組成した自動売買プログラム「だいまん監修コアレンジャー豪ドル/NZドル」と、相場の先行きについて解説致します。

1.概要

1- 1. 設定値

通貨ペア:CHF/JPY
想定期間:2021年4月~2021年12月末

ストラテジスト想定値
サブレンジ(売り): 125.00~120.00円
コアレンジ(売り買い): 120.00~116.00円
サブレンジ(買い): 116.00~112.00円

自動売買プログラム設定値
※ストラテジスト想定レンジの±100pipsの範囲にてレンジ幅設定

出所:トライオートFXツール画面よりインヴァスト証券作成

1-2.有名ストラテジスト監修コアレンジャーの選び方

 有名ストラテジスト監修コアレンジャーは、これまでのコアレンジャーとは異なり、「ストラテジストによる将来の相場予測に基づくレンジ設定」という新しいアプローチで作成されております。
そのことから、過去の相場におけるシミュレーション結果である、自動売買セレクトの期間収益率やリスクリターン評価の値はあまり参考になりません。
自動売買プログラムを選択する上では、ストラテジストの解説レポートを確認し
①運用通貨ペアがレンジ相場を形成すると思えるか
②ストラテジストの相場予測の考え方が腑に落ちるか
③設定値の中で上手くレンジ相場になりそうか
という点から自動売買プログラムを選出して頂けますと幸いです。

1-3.注意点

ストラテジストによる相場想定は、2021年4月時点のものです。
今後の相場状況等の変化により、想定が変更される可能性がございます。
相場の状況と、解説レポートの内容、及び自動売買ロジックの注文設定をご確認いただき、お客様のご判断のもとで運用をご検討ください。

2.想定レンジ根拠

2-1.ファンダメンタルズ格差よりリスク格差

 相場の見通しを見る上では、当該通貨を構成する国の経済格差や政治状況などを見ることになりますが、スイスフラン円を構成するスイスと日本は、両国とも成熟国として、今後強い経済成長を望むような状況にありません。
また、昨年からの新型コロナウイルスの感染拡大で、各国経済活動が抑制されたこともあって、経済指標などに現れる結果を正確に判断することは難しく、ファンダメンタルズ面を考えて相場を取引することに意味は無くなっています。

 一方金利面でも、日本では、1999年にゼロ金利政策、2016年1月からは、マイナス金利政策を導入、量的・質的緩和も継続していますが、デフレが続き今後も長期に渡って低金利政策を余儀なくされそうです。
スイスも、2015年からマイナス金利を許容する政策を導入、2018年には、それまでの誘導目標となる-0.75%から+0.25%を、更にー1.25%から-0.25%と中央値ベースで、もっとも低い水準にまで引き下げています。 
現状では、ワクチンが開発されたことで、日本もスイスも更なる政策金利の引き下げはないとしても、当面引き上げは、全く想定されません。
金利面でも、スイスフラン円相場に影響を与えることはなさそうです。 

 では何に着目したら良いかということですが、スイスフランと円は、両通貨ともリスク回避通貨として、市場で選好されています。ただ、リスクにも「地政学リスク」と「資産リスク」と両方の局面があります。
中東などの地政学リスクが高まるとスイスフランが買われ易い傾向がありますが、一方で株価が下落するような資産リスクが高まると円が買われ易くなります。
 つまりスイスフラン円を取引する場合、ファンダメンタルズ格差より、リスクの性質に注目した対応が望まれることは覚えておいてください。

2-2.ユーロ円相場と高い連動性

 スイスフラン相場は、スイス中銀が、対ユーロ相場でのスイスフラン高を避けるために、市場介入を続けています。その面では、特にユーロ円相場と連動性が高い通貨ペアです。一方ドル円相場も、近年市場介入は行われていませんが、過去財務相・日銀が円高防衛のために、市場介入を繰り返したことで、円高が進むと常に介入の思惑が高まる通貨ペアです。こういった面を考慮するとスイスフランと円で構成されるスイスフラン円相場は、どうしても膠着性の高い通貨ペアなり易いことになります。
 また、以下のチャートは、2000年からのスイスフラン円相場とユーロ円相場を比較したチャートです。乖離のレベルは、その時々の地政学リスクの状況で異なりますが、総じて同じような展開が続いています。

そうなるとスイス円相場は、ユーロ円相場を参考にトレードしたほうが、良さそうです。
 では、以下のユーロ円相場の月足チャートを見てみましょう。
 反発を137.50できっちりと月足のレジスタンスに抑えられて、最安値からのサポートを割り込んで下落するも、114.41で不透明に下値を支えて再反転しています。この要因は不透明ですが、恐らくサイコロジカルな115円が支えたといえるようです。
また、現状は再度過去の上値を押さえたレジスタンスに迫る上昇となっています。この位置を上抜けするか、Capされるか現状不透明ですが、モメンタムを示すスロー・ストキャスティクスは、買われ過ぎに突入するも、未だ上昇余地を残しています。しっかりと超えると流石に、137.50の戻り高値を越えることはないとしても、フィボナッチ・リトレースメント(169.97-94.14)の50%となる132.05や戻り高値の133.50を目指す動きはありそうです。
 一方下値は、既に120円前後は強くサポートされそうですが、調整があっても125円前後が年内の下限となる可能性もありそうです。従って年内は、125.00-133.50での推移を想定します。
 これを前提にするとユーロ円に連動するスイスフラン円も底堅い動きが続くと考えています。

2-3.ドル円とドルスイスのテクニカル

 まずは、スイスフラン円を構成するドル円相場とドルスイス相場のテクニカルをチェックしておきましょう。
 
 まず、ドル円ですが、一時の円高圧力から急速に値を戻しています。ただ、現状は110.97が上値を押さえて調整しています。この位置で上値を押さえられた要因は不透明ですが、恐らくテクニカル面から考慮するとマイナー・レジスタンスや過去のファンラインが抑えたと考えています。
 直ぐに上値追いは出来ませんが、ただ、スロー・ストキャスティクスは、反転上昇に転じています。今後下値は、下落があっても日足の窓の107-108円ゾーン、ドル円の過去のネックラインとなっている106円前後は、相場の下支えとなりそうです。
 そうなると米国経済の回復状況を見る限り、年末にはFOMCの政策転換があるかもしれません。過去年末は円安に向かい易いこともあって、現状の高値110.97を超えるとフィボナッチ・リトレースメント(125.86から99.02)の50%となる112.44を目指す動きもあるかもしれません。
 当面ドル円相場は、106.00~111円の5円レンジでの動きを想定していますが、秋口以降112円ミドルを目指すリスクも考慮しておきたいと思います。

 一方ドルスイスフラン相場は、月足でざっくりと見ると0.8700から1.0328-1.0344ゾーンで、大きなレンジ相場を形成しています。
 そういった中、現状は1.0237の戻り高値からのレジスタンスに迫っています。この位置は、前述の大きなレンジ相場の50%となる0.9522-50に合致する位置です。このレベルが抑えると更に上昇は難しいとしても、スロー・ストキャスティクスが、売られ過ぎ圏から反転上昇していることを考えると上抜けのリスクが高そうです。その場合、月足の窓の下限となる0.9600も超えると、流石に年内に、月足レンジの上限となる1.0328-344ゾーンを目指すことは想定できないとしても、1.0000方向への上昇の可能性は高そうです。
 一方下値は既に0.9000が支えると堅調で、若干広いですが今年年末までのレンジを0.9000から1.0000とします。

 それでは、ドル円とドルスイスフラン相場のマトリックス・チャートを使って、スイスフラン円のレンジを想定してみましょう。ドル円を106.50から112.50,ドルスイスフランを0.9000から1.0000とすると、スイスフラン円の最大レンジは、106.50から125円となります。

2-4.スイスフラン円のテクニカル

本丸のスイスフラン円の長期の月足チャートを見てみましょう。
 スイスフラン円は、過去58.80の安値から2015年の1月のスイスフラン・ショックで、一時155.37の歴史的高値を示現しましたが、流石にこれはやり過ぎとして、無視して良いと思いますが、現状は少なくともこの位置をトップに、2017年以降は揉み合いが続いています。
 このレベルの上限は、119.18と118.61-56レベル(2021年4月18日時点でこの位置を若干超えて118.87まで上昇していますが、現状はっきりと上抜けしていません)で、これがレンジの上限で抑え続けるなら、相場の上昇は難しそうです。あくまでこの位置を超えて、124円、更には126円などがターゲットとなります。
 一方下値のレンジとしては、102.00の位置は、大きく上昇した反動からのオーバーシュートの動きであって、無視すると106.66と過去の高値上限となる105.06が下値の基準レベルとなります。
 これを参考にするなら105円から119円が、今後のスイスフラン円の基準レンジとなります。
またモメンタムを示すスロー・ストキャスティクスが、そろそろ買われ過ぎにあって、反転下落気味です。抑えられると調整となりそうですが、下値は直近の戻り安値圏となる116円前後が支えると堅調が続きます。割れて113.27-113.77ゾーン、112円前後のネックラインなどは下支える位置です。リスクは、110円のサイコロジカルを維持出来ずに、105.06-106.66ゾーンをしっかりと割れるケースとなります。

2-5.コアレンジャーの想定レンジ

以上を踏まえて、スイスフラン円の2021年12月末までの想定レンジを考えてみましょう。
 まず、マトリックス・チャートからは、最大レンジが106.50から125.00となりました。このレンジの中心が115.75となりますので、ざっくりとスイスフラン円の想定レンジをこの中心値から4円として、年内の想定レンジを112.00から120.00とします。
 ただ、前述通りユーロ円との連動性が高いこともあって、ユーロ円が底堅く推移する前提に置いて、コアレンジを116.00から120円として、これを越える動きから124-125円が売りのサブレンジ、下値は想定レンジの下限を考慮して、112円から116円をサブレンジとしました。