ドル円

先月のFOMCで米国サイドから日本との金融政策の違いが鮮明化。
先月末にも書いた通り、チャートは月足レベルで円売りの可能性。
本日の日銀オペで日本サイドからも金融政策の違いが裏付けられ、
円は今後も売られやすい流れが続きそう。
2015年の高値125円は、2007年の高値124円を上抜けており、
長期チャートではリーマン後高値の更新も十分にありそう。

関連記事