ユーロドル

先週1.11を割らなかったEURUSDは、逆に1.12を越えてきています。
先ほど出た耐久財受注の悪化でドルが売られている模様です。
この動きが指標結果の反応なのか、本格的なドル売りなのかは
もうすこし様子を見て、値動きが1.1230-50を上抜けるか、
1.11を下抜けるかで判断した方が良さそうです。
ドル金利で動くマーケットが続いているようです。

関連記事