日銀

景気、緩やかな拡大に転じつつある

消費者物価の前年比、ゼロ%程度となっている

予想物価上昇率、弱含みの局面が続いている

景気の先行き、緩やかな拡大を続けるとみられる

物価の先行き、2%に向けて上昇率を高めていくと考えられる

物価2%の安定・持続に必要な時点まで、長短金利操作付き量的・質的金融緩和を継続

今後も物価安定目標に向けたモメンタム維持するため、必要な政策の調整を行う

総じてみれば緩やかな成長が続いている

個人消費、底堅さを増している

関連記事