ユーロドル30分足

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限をブレイクし、さらにバンドウォークする流れとなりましたが、目先は調整の動きが意識されています。ただ、バンドの下限は下落基調を維持しており、バンド幅の拡大基調は維持されています。ここから再度バンドウォークの流れとなる可能性も頭に入れて対処する必要がありそうです。バンドの下限が横ばいから上昇に転じても、基調そのものは上向きであり、調整の有無にかかわらず、基本的には買い優勢の流れということができるでしょう。

RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏での推移です。て炎上打ち気配が見えていますが、下落の勢いは強まっていません。一方、中期線は底打ちから上昇基調です。上昇の勢いがつよまっていますが、まだ上値余地を残しており、中長期的にはしっかりとした動きが継続するでしょう。一時的な調整の動きが入ったものの、押し目買い優勢の展開が意識されそうです。

関連記事