ユーロドル30分足

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線まで押し戻したもののそこから再度下落し、バンドの下限を意識しての動きです。バンドの上下限中心線が下落基調となっており、トレンドそのものが下向きとなっています。ただ、バンドブレイクからバンドウォークといった動きにはなりにくいところで、調整を入れながらの下落となるのではないでしょうか。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落しています。そろそろ下値圏に入りそうですが、下落の勢いが強いのであさっり底打ちといった動きになる可能性もありそうです。一方、中期線は下値圏での動きです。底打ち気配が見えた場面もありましたが、上値の重い展開で抑えられています。中長期的には売り優勢の流れであり、一時的な調整が入っても戻り売り優勢でしょう。

関連記事