ユーロドル30分足

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きは非常に狭いバンドの中を小動きとなっており、方向感の見えにくい展開です。市場にはエネルギーが蓄積されており、バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要です。目先はバンドの上限を意識しての動きが展開されており、バンドの下限の動きに注意しておきたい局面です。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落していましたが、中立水準に届かずに持ち直しており、高値圏に迫る動きです。このまま上昇基調を維持できるかがポイントとなりそうです。一方、中期線は高値圏での横ばいです。中長期的にはしっかりとした動きが意識されそうで、短期線の動き次第では買い圧力が強まりそうです。

関連記事