ユーロドル30分足

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から調整の動きが展開されれています。バンド幅は縮小傾向であり、大きな動きにはなりにくい状況です。直近の動きがバンドの中心線と上限が意識されていることから、まずはバンドの中心線まで下落し、そこから再度持ち直す動きとなるのではないでしょうか。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落基調です。ただ、まだ高値圏での動きです。一方、中期線は高値圏での動きです。中長期的には買い優勢の流れであり、一時的に調整の動きが入っても底堅い動きが展開されやすい状況ということができるでしょう。

関連記事