ユーロドル30分足

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限を意識しての動きから、目先やや調整の動きが意識されています。バンドの上限が横ばい、下限が下落となっており、上限の動きに注目しておきたいところです。上限が上昇に転じれば下方向にバンドウォークとなる可能性が高まり、上限が下落となれば調整の動きが強まるでしょう。流れとしては調整の買戻しとなる可能性の方が高そうです。ただ、トレンドとしては下向きですので、戻り売り圧力が意識されそうです。

RCIで見ると、短期線は下値圏での動きです。底打ち気配があり、ここから持ち直せば一時的に調整の買いが意識されるでしょう。一方、中期線は下落基調でそろそろ下値圏に入りそうです。中長期的には上値の重い展開となりそうで、短期線が仮に上昇基調を強めても戻りは一時的なものとなり、戻り売りに上値を抑えられるでしょう。

関連記事