ユーロドル30分足

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限を意識しての動きです。バンド幅がかなり縮小しているので、ここからバンドブレイク、そしてバンドウォークとなる可能性もありそうで注意が必要です。特にバンドの上限の動きを注視しておきましょう。現状は横ばいでの動きですが、これが上昇に転じた場合はバンドウォークの可能性が高まるでしょう。

RCIで見ると、短期線は下値圏での動きから持ち直し気配です。短期的には買戻しの動きが意識されそうです。一方、中期線は下落基調です。中長期的には上値の重さが意識されそうで、一時的に買戻しの動きが意識されても戻り売りに抑えられそうです。

関連記事