ユーロドル30分足

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限から持ち直し、上限まで上昇したもののそこから調整の動きが入っているといった動きです。バンドの上下限中心線は横ばいでの動きであり、レンジ圏での動きが意識されています。バンド幅は狭い状況で市場にはエネルギーが蓄積されていることから、バンドの上限もしくは下限の動きには注意が必要ですが、現状ではまだ方向感の見えにくい状況となっています。

RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇となっています。そろそろ高値圏に入っていきそうで、目先は買い優勢の流れとなっています。一方、中期線は天井打ちから下落しています。目先は中立水準のあたりまで下落しており、中長期的には上値の重さが意識されやすい状況ということができるでしょう。短期線の上昇の勢いが強く、あっさり天井打ちとなる可能性もあるため、先行きに関しては売り圧力が強まる展開を頭に入れておいた方が良いでしょう。

関連記事