ドル円

黒田日銀総裁が会見の中で、出口に対しての発言がなかったことを受け、111.37/39まで上昇。111.40/50にはオファー観測があることからここからは伸び悩み、111.15を割り込んでいるが、111.00がサポートされており、111.00/50レンジ内でのもみ合いになりそう。111.00を割り込んでくるようだと、ポジション調整の動きになるか注目。

関連記事