ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から調整の動きが入り、バンドの中心線を挟んでの動きとなっています。バンド幅が縮小傾向に入っており、方向感の見えにくい状況となっていきそうです。バンド幅はそこまで狭まっているわけではないので、しばらくはバンド幅の縮小傾向が続きそうで、市場にはエネルギーが蓄積されていく展開となりそうです。

RCIで見ると、短期線は下落して下値圏での推移です。目先底打ち気配が見えており、持ち直すかどうかに注目です。一方、中期線は高値圏での推移です。こちらは天井打ち気配が見えており、下落基調が強まるかどうかに注目です。ただ、まだ中長期的には底堅い動きが展開されるのではないでしょうか。

 

関連記事