ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限をブレイクしてバンドウォークとなりましたが、目先は調整の動きが意識されています。バンドの下限が上昇に転じており、バンドの上下限中心線が上昇している展開です。トレンドそのものは上向きですが調整を入れながら、といった動きになりそうです。目先は調整が入っているので、下落してきたところを押し目買いといった戦略になりそうです。

RCIで見ると、短期線は高値圏での推移です。ただ、天井打ち気配を見せており、下落の流れが継続する展開となれば調整の動きが意識されそうです。一方、中期線は高値圏での横ばいです。中長期的には下値の堅さが意識されそうです。短期線の動き次第ではありますが、基本的には押し目買い優勢といったところでしょう。

関連記事