ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限を意識しての動きです。バンド幅は拡大基調であり、ここからさらにバンドウォークとなって下値拡大といった動きになる可能性もありそうです。ただ、バンドの上限の上昇の勢いが弱まってきているので、これの方向感には十分に注意を払っておいたほうが良さそうです。

RCIで見ると、短期線は下値圏での推移です。これが底打ちから上昇となるかが目先の動きを左右しそうです。現状は横ばいですので、売り圧力が意識されやすい状況ということになりそうです。一方、中期線は下落しての動きでそろそろ下値圏に入っていきそうです。中長期的にも上値の重さが意識されやす所であり、バンドウォークを継続する可能性も十分にあるでしょう。

関連記事