ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限から持ち直し、中心線を意識しての動きです。大きな動きではなく、レンジ圏での動きが意識されています。バンドの上下限中心線は横ばいでの動きであり、方向感は見えにくいところです。ただ、バンド幅は比較的狭い状況ですので、バンドの上限もしくは下限の動きには注意が必要です。目先はバンドの中心線を突破できるか、それともそこで抑えられるかがポイントになりそうです。

RCIで見ると、短期線は下値圏での動きです。ただ、底打ち気配を見せており、目先は押し戻す動きが展開されるのではないでしょうか。一方、中期線は天井打ちから下落基調で、高値圏から外れてきています。まだプラス圏での動きですので、しっかりとした動きが展開される可能性はありますが、徐々に上値は抑えられそうです。一時的な戻りはあっても、上値は重そうです。

関連記事