ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限と中心線で挟まれたレンジを動いています。バンドの上下限中心線が下落基調であったため、トレンドは下向きでしたが、目先は下限が横ばいへと転じており、バンド幅の縮小傾向とあわせて徐々に下値は堅くなっていきそうです。また、バンド幅は比較的広い状況で、まだ大きな動きにはなりにくいでしょう。

RCIで見ると、短期線は下落しての動きで下値圏に入ってきています。これがここでの動きを維持するのか、底打ちから上昇するのかで流れが変わってくるでしょう。一方中期線は下値圏での横ばいです。中長期的には上値の重さが意識される局面であり、一時的に押し戻す動きがみられても、戻り売り圧力に抑えられそうです。

関連記事