ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限から持ち直しての動きです。ここからバンドの中心線まで戻す流れになるのではないでしょうか。ただ、ここまではバンドの中心線でここまで抑えられており、仮に中心線まで戻しても上値を抑えられる可能性はありそうです。バンド幅は縮小傾向で、目先は大きな動きにはなりにくいでしょう。しばらくはレンジ圏での動きを意識しておきたいところです。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落して下値圏に入っています。短期的には売り優勢の流れですが、下落の勢いが強かったので、意外とあっさり底打ちといった動きになる可能性はありそうです。一方、中期線は下値圏での横ばいです。中長期的には上値の重さが意識されやすく、買戻しの動きが入っても戻り売り圧力に抑えられそうです。

関連記事