ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限から小幅に持ち直しての動きが展開されています。バンドの上限がほぼ横ばい、下限がじり安といった動きで、目先は大きな動きにはなりにくい状況です。レンジ圏での動きが意識されやすい状況であり、持ち直し基調が継続する可能性が高いのではないかとみています。

RCIで見ると、短期線は下落しての動きで、下値圏での動きが展開されています。底打ち気配が意識されており、このまま上昇に転じることができるかどうかがポイントとなりそうです。一方、中期線は下落しての動きで、下値圏に入っています。中長期的には上値の重さが意識されやすい状況です。一時的に戻りはあっても、戻り売り圧力が意識されやすいでしょう。

関連記事