ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限と中心線で挟まれたレンジを動く展開となっています。バンド幅は狭く、市場にはエネルギーが蓄積されていますが、目先は下値の堅さこそ意識されていますが方向感の見えにくい展開です。バンドの上限もしくは下限の動きには注意が必要でしょう。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落しています。ただ、中立水準に届かずに持ち直し気配を見せており、ここから上昇となれば短期的には買いの流れとなるでしょう。一方、中期線は高値圏での横ばいです。中長期的には下値の堅い動きが意識されそうで、このまま短期線が上昇となれば買い圧力が一気に強まるでしょう。バンドの上限のブレイクの可能性も視野に入れての対応となりそうです。

関連記事