ドル円30分足

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から調整の動きで、中心線を意識しての動きです。バンドの上下限中心線は横ばいでの動きで、レンジ圏での動きが意識されやすい状況です。バンド幅は比較的狭い状況であり、市場にはエネルギーが蓄積されています。ですので、バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要でしょう。

RCIで見ると、短期線が天井打ちから下落しての動きです。下値余地を残していますが、下落の勢いは強くすぐに下値圏には入りそうです。一方、中期線は天井打ちから下落しての動きです。中長期的には上値の重さが意識されています。短期線の動き次第ですが、下値を拡大する可能性はありそうです。

関連記事