クーレECB理事

景気回復が始まった

回復は循環的なため警戒を解くのは賢明ではない

現在の金融政策スタンスについてECB内で見解の相違はない

必要なら理事会は質的・量的両面の施策を引き続き調整する

関連記事