取引ルール

トライオートFXの注文方法

自動売買取引とマニュアル取引

トライオートFXの自動売買は、取引ツールの「自動売買新規作成」ボタンからご利用いただけます。
自動売買注文は、1.オートパイロット注文(単体AP作成)、2.複数AP作成(クイック仕掛け)、3.仕掛けランキングの3種類をご用意。ご自身の裁量でお取引いただく「マニュアル取引」もご利用いただけます。

操作方法の詳細は、操作マニュアルをご覧ください。

1.オートパイロット注文(単体AP作成)

オートパイロット注文(AP注文)とは、トライオートFX独自の連続注文機能です。
AP注文は、①売買したい通貨ペアを選択し、②売買方向(買いまたは売り)、③連続注文条件を設定するだけで作成することができます。

【ご利用方法】

  1. 取引ツール上部「自動売買新規作成」をクリック。
  2. 「単体AP作成」タブを選択します。
  3. 通貨ペアを選択します。
  4. 売買方針、取引額、売買条件を設定。
  5. 発注内容を確認して「稼働」をクリックするとAP注文が稼働します。
    発注したAP注文はHOME画面から注文状況の確認ができます。
<注意点>
  • オートパイロット注文に関する注意点はこちらをご覧ください。

2.複数AP作成(クイック仕掛け)

トライオートFXでは、複数のオートパイロット注文を組み合わせて作った売買戦略を“仕掛け”とよびます。仕掛けを使えば、初心者の方でも複雑な売買戦略に沿ったAP注文を簡単に作成できます。
トライオートFXの仕掛けには、1.複数AP作成(クイック仕掛け)と2.仕掛けランキングが用意されています。

2-1.複数AP作成(クイック仕掛け)

クイック仕掛けは、既に登録されている「ベースの仕掛け」を選べばその戦略を簡単に実行することができます。ゼロから仕掛けを作れる「カスタム」を使えば、自分だけのオリジナル仕掛けを作成することもできます。

【ご利用方法】

  1. 取引ツール上部「自動売買新規作成」をクリック。
  2. 「複数AP作成」タブを選択します。
  3. 通貨ペアを選択します。
  4. タイプを選択し、売買方向・レンジ幅・取引額を設定します。
  5. 通貨ペア、想定レンジ幅、取引額等を指定します。
  6. 「リストに追加」ボタンをクリックし、リスト確定後にAP注文が一括登録されて稼働します
  7. 稼働したクイック仕掛けはHOME画面に表示されます。一つのクイック仕掛けに対してフォルダが作成され、個々のAP注文状況確認することができます。

クイック注文を利用して発注したAP注文の仕様は単体のAP注文と同様です。各AP注文の稼働停止条件に達すると自動的に稼働が停止されます。

2-2.仕掛けランキング

「仕掛けランキング」は、仕掛けランキングに登録された仕掛けをバックテストの成績から選べる仕掛け機能です。選んだ仕掛けを取引ツールに取り込むだけで簡単に利用することができます。

【ご利用方法】

  1. 仕掛けランキングは、トライオートFX公式サイトまたは自動売買新規作成「仕掛けランキング」タブからご覧になれます。
    ※トライオートFX公式サイト上では、取引ツールにログインせずにランキングをご覧になれます。ただし、直接仕掛けを稼働することはできできません
  2. 通貨ペアを選択し、想定資金を設定します。
  3. 期間とステータスを選択したら、条件に合った仕掛けが表示されます。
  4. 使いたい仕掛けが見つかったら、「リストに追加」し確定します。
  5. ※証拠金が不足している場合は稼働停止状態で登録されます。
  6. 稼働したクイック仕掛けはHOME画面に表示されます。一つのクイック仕掛けに対してフォルダが作成され、個々のAP注文状況確認することができます。
<注意点>
  • 仕掛けは、一度に複数のAP注文を稼働させます。複数のオートパイロット注文を稼働させた場合、利益が大きくなる可能性がある半面、損失が増幅する可能性がありますのでご注意ください。
  • その他、仕掛けの注意点はオートパイロット注文に関する注意点と同様です。詳しくはこちらをご覧ください。

3.マニュアル注文

AP注文を使用せず、お客様ご自身の裁量で行う「手動」での発注方法です。
マニュアルの注文手法は、新規・決済注文ともに成行、指値、逆指値の発注が可能です。

【ご利用方法】

  1. 取引ツール上部の「マニュアル専用パネル」、「レートパネル」または取引ツール右側の「レートタブ」の取引したい通貨ペアをクリックすると、注文画面が表示されます。
  2. 成行の場合は、売買いずれかのレートをクリックします。
    指値、逆指値の場合は、[売]指値/逆指値、[買]指値/逆指値のいずかれをクリックします。
    ●決済注文を同時に発注する場合(IFDONE、IFDOCO注文)は、「決済注文を同時に発注する」にチェックを入れ利益確定幅、損切り幅を指定して発注してください。
    ●決済注文を同時に発注しない場合は、「決済注文を同時発注する」のチェックを外して注文を発注してください。
    ●「確認画面を表示しない」にチェックを入れるとワンクリックで発注されます。クリック時点で成行注文が発注されます。
  3. 注文内容を確認し、「OK」をクリックすると発注が完了します。
  4. 発注後、HOME画面に注文が表示されます。HOME画面の「タイプ」には、マニュアルで発注したことを表す「M」マークが表示されます。
  5. 新規注文発注時に決済注文を同時発注していないマニュアル注文の建玉は、HOME画面より成行・指値・逆指値注文を設定するか、マニュアル注文画面 より一括決済(成行)のいずれかで発注いただきます。
<注意点>
  • 基準価格に対し、99%を超える価格の指値・逆指値注文はエラーとなります。
    ※基準価格は、買いの場合は画面上のAsk(買う価格)、売りの場合は画面上ののBid(売る価格)となります。
    ※決済の指値注文は1pips、逆指値注文は-5pipsが最小値となります。
  • 成行注文は、取引システムがお客様の注文の約定処理を行う時点の価格で約定します。注文時に価格変動が大きい場合、発注時に表示されていた価格と大きく乖離して約定する可能性があります。この価格差はお客様にとって有利な場合も不利な場合もあります。
  • 指値注文は、お客様の指定価格で約定しますが、月曜日や日次処理終了後の取引開始時はお客様の条件を満たした最初の価格が約定価格となります。
  • 逆指値注文は、最初に条件を満たした価格で約定します。このため、お客様の指定価格と大きく乖離した価格で注文が約定する可能性があります。この価格差はお客様にとって不利な場合があります。
  • 1回の発注数量の上限は各通貨ペア100万通貨です。
  • AP注文の建玉をマニュアルで決済する場合の取引上限は200万通貨です。
  • 一括決済時の発注上限数量は2,000kとなります。
  • 同一のお客様が極度に短い発注間隔でマニュアル注文を発注した場合、連続して発注されたマニュアル注文は発注エラーとなります。

発注上限・建玉上限について

発注上限

1回あたりの発注上限数は各通貨ペア下記のとおりです。
<マニュアル注文>100万通貨(1,000k) <オートパイロット注文> 200万通貨(2,000k)

  • AP注文の建玉をマニュアルで決済する場合の取引上限は200万通貨です。
  • ※マニュアル注文を一括決済する際の発注上限数量は、2,000kとなります。

建玉上限

<総建玉上限数量>総建玉数量(全通貨ペアの保有建玉を合計した数量)の上限は5,000万通貨です。
<各通貨ペアの建玉上限数量>各通貨ペアの建玉上限数量は下記のとおりです。

通貨ペア 建玉上限 通貨ペア 建玉上限
米ドル/円 3,000万 米ドル ユーロ/円 3,000万 ユーロ
英ポンド/円 3,000万 ポンド 豪ドル/円 3,000万 豪ドル
カナダドル/円 1,000万 カナダドル スイスフラン/円 1,000万 スイスフラン
南アランド/円 3,000万 南アランド NZドル/円 2,000万 NZドル
トルコリラ/円 1,000万トルコリラ 豪ドル/米ドル 1,000万 豪ドル
ユーロ/豪ドル 1,000万 ユーロ 英ポンド/米ドル 1,000万 英ポンド
NZドル/米ドル 1,000万 NZドル 豪ドル/NZドル 1,000万 豪ドル
ユーロ/米ドル 3,000万 ユーロ 米ドル/スイスフラン 1,000万 米ドル
ユーロ/英ポンド 1,000万 ユーロ
  • 発注中の注文がある場合には、その数量も含めて合計します。
  • 両建している場合、建玉数量は売建玉と買建玉を合計して5,000万通貨が上限となります。


>>>トライオートFXの注文方法