>>>証拠金不足・アラート・ロスカット

取引ルール

証拠金不足・アラート・ロスカット

急激な為替変動時には、多額の損失が発生する可能性があります。 トライオートFXでは、損失金額を一定の範囲で抑えることを目的として下記の2つのリスク管理ルールを設けております。 (法人のお客様には証拠金不足は適用されません)

2つのリスク管理ルール

  証拠金不足(個人のみ、法人は適用外) アラート・ロスカット
ルール
  1. 一日の取引終了時に有効証拠金額が「必要証拠金額の合計」を下回ると証拠金不足が発生し、全ての自動売買注文が稼働停止します。
  2. 翌営業日26時(深夜2時)までに不足金額分の入金または全ての建玉の決済が必要です。
    当社での確認後、自動売買注文を稼働できるようになります。
  3. 翌営業日26時(深夜2時)までに当社で入金が確認できない場合、保有している全ての建玉を強制決済いたします。 決済後に新規取引規制は解除されます。
  1. 有効比率が120%以下(法人は150%以下)になると、警告としてプレアラートメールを送信します。
  2. 有効比率が75%以下(法人は120%以下)になると、警告としてアラートメールを送信します。
  3. 有効比率が50%以下(法人は100%以下)になるとロスカットが確定し、保有している全ての建玉を強制決済します。
有効比率=有効証拠金額÷必要証拠金額×100
判定タイミング
  • 取引終了時、1日1回のみ
    • 通常(冬時間)
      月~木→翌6:50 金→翌6:00 
    • 米国サマータイム期間
      月~金→翌5:50 金→翌5:00
  • 取引時間中、有効比率の値により判定タイミングが異なります。
    • 200%超え:約5分ごと
      200%以下:約1分ごと
注意点
  1. 取引時間中の相場変動により有効証拠金額が回復した場合でも、前日証拠金不足額以上のご入金もしくは全ての建玉の決済をいただかないと不足の解消にはなりません。
  2. 一部決済・一部入金では、証拠金不足は解消されません。
  3. 不足額の入金前に、ロスカットにより強制決済となることもあります。
  4. 出金依頼中の出金は取消となり、稼働中の自動売買注文は全て稼働停止となります。また、新たな出金指示も不可となります。
  1. 相場の急変時などは、プレアラート・アラートメールが送信されずにロスカットされる場合もあります。
  2. 相場急変時などには、有効比率50%(法人は100%)を大きく割り込んだ時点でロスカットされることや、有効比率がマイナスの時点でロスカットされ、預託資金以上の損失が発生する可能性があります。
    預託資金以上の損失が発生した場合、損失額と預託資金の差額を直ちにご入金いただく必要があります。
  3. プレアラート・アラートメールは1営業日につき1回の送信ですが、
    ロスカットの発生後に再びプレアラート・アラート状態になった場合には同一営業日であっても再度、送信されます。
●ここに注意!

アラート、ロスカットは、一定時間毎に行われます。そのため急激な相場変動時には、設定されている有効比率を大きく割り込みロスカットが執行される場合があります。その場合、お預かりした証拠金額以上の損失が発生することがございますのでご注意ください。

証拠金不足が確定すると、不足額以上の入金または全建玉の決済を当社で確認するまで自動売買注文を稼働できません。 また、翌日午前(深夜)2時までにご入金または全建玉の決済を確認できない場合は、翌日午前2時以降の任意の時間に、全ての保有建玉が強制決済されます。

証拠金不足(個人のお客様、法人は適用外)

取引終了時に有効証拠金額が必要証拠金額の合計を下回ると発生

一日の取引終了時に、有効証拠金額が「必要証拠金額の合計」を下回ると証拠金不足が確定します。

不足が確定すると、

  1. 全ての自動売買注文は稼働停止となり、出金指示も利用不可となります。
  2. 証拠金不足を解消するには、証拠金不足発生翌日の午前(深夜)2時までに 「前日証拠金不足額」以上 をご入金いただくか「全建玉の決済」が必要です。
    ※証拠金不足発生により取消された出金指示額が「前日証拠金不足額」以上の場合、『「前日証拠金不足額」以上の入金』とみなします。
  3. ①午前(深夜)2時までに当社にて不足額以上の入金確認または全建玉の決済が確認できると、 証拠金不足が解消し、自動売買注文の稼働および出金指示機能が利用できるようになります。
    ②午前(深夜)2時までに不足額以上の入金または全建玉の決済が確認できない場合、午前2時以降の任意の時間において全建玉を当社にて強制決済いたします。
    決済後に自動売買注文の稼働および出金指示機能が利用できるようになります。
    • 取引時間中の相場変動により有効証拠金額が回復した場合でも、前日証拠金不足額以上のご入金もしくは全ての建玉の決済をいただかないと不足の解消にはなりません。
    • 一部決済・一部入金では、証拠金不足は解消されません。
    • 不足額の入金前に、ロスカットにより強制決済となることもあります。
    • 出金依頼中の出金は取消となり、稼働中の自動売買注文は全て稼働停止されます。また、新たな出金指示も不可となります。
    • 土曜日の朝(金曜日の取引終了時)、証拠金不足が発生した場合は、月曜日の26時(火曜日の午前2時)までにご入金ください。
    • 法人のお客様には、証拠金不足ルールは適用されません。
  • (注)銀行窓口・ATMからご入金いただく場合は、午後3時までに当社にて着金確認ができるように入金手続きを完了してください。
●ここに注意!

証拠金不足が確定すると、不足額以上の入金(証拠金不足発生により取消された『前日証拠金不足額』以上の出金指示額を含みます) または全建玉の決済を当社で確認するまで自動売買注文を稼働できません。 また、翌日午前(深夜)2時までにご入金または全建玉の決済を確認ができない場合は、翌日の午前2時以降の任意の時間に、保有しているすべての建玉が強制決済されます。

取引時間中、相場変動により有効証拠金額が回復した場合でも、証拠金不足を解消するためには、不足金額以上をご入金または全建玉の決済が必要です。

祝祭日(銀行休業日)の前日に証拠金不足が発生した場合

不足判定の翌取引日が祝祭日(日本の金融機関の休業日)となる場合、全ての自動売買注文の稼働停止および出金指示は利用できませんが、強制決済は行われません。自動売買注文の稼働および出金指示を行いたい方は、証拠金不足を解消するために、即時入金により「前日証拠金不足額」以上ご入金頂くか、全建玉を決済してください。
※証拠金不足による強制決済がなくとも、ロスカット基準額を下回ると全ての建玉がロスカットされますのでご注意ください。

当社は毎取引日の終了時点で当社の終値にてお客様の証拠金不足の判定を行います。
証拠金不足は取引終了ごとに再判定いたします。

  • 再判定により証拠金不足が発生した場合
    ⇒最終判定時の不足額以上のご入金または全建玉の決済で証拠金不足が解消し、通常どおりお取引いただけます。
  • 再判定により証拠金不足が発生しない場合
    ⇒通常どおりお取引いただけます。
●ここに注意!

祝祭日(日本の金融機関の休業日)は証拠金不足による強制決済は行わず、全ての自動売買注文の稼働停止および出金指示が利用できません。祝祭日当日の取引終了時に証拠金不足を再判定します。

アラート・ロスカットルール

有効比率・・・有効証拠金額÷必要証拠金額×100

  1. 有効比率が120%以下(法人のお客様は150%以下)の場合、お客様のご登録のメールアドレスへ最初の警告として「プレアラートメール」をお送りします。
  2. 有効比率が75%以下(法人のお客様は120%以下)の場合、お客様のご登録のメールアドレスへ次の警告として「アラートメール」をお送りします。
    (プレアラート・アラートメールは1営業日につき1回の送信ですが、ロスカットの発生後に再びプレアラート・アラート状態になった場合には同一営業日であっても再度、送信されます。)
  3. 損失が拡大し、有効比率②が50%以下(法人のお客様は100%以下)の場合、お客様の意思にかかわらず、すべての建玉を反対売買により自動決済(ロスカット)します。
  4. 自動決済後、ただちにロスカット通知メールを送信します。
  • ロスカット判定で有効比率が50%以下(法人のお客様は100%以下)の場合、注文中となっている新規注文は全て取り消されます。
  • ロスカット判定は、一定時間毎に行われます。
    そのため急激な相場変動時には、定められた有効比率を大きく割り込んでプレアラート・アラートメールが送信されたり、ロスカットされる場合があります。 また、証拠金預託額以上の損失が発生する場合もありますのでご注意ください。
  • プレアラート・アラートメール送信前にロスカットされるとプレアラート・アラートメールは送信されません。 また、お客様のメール受信設定によってはプレアラート・アラートメールが届かない場合があります。
  • お取引終了直前等、同一営業日内に全ての建玉のロスカットが執行されなかった場合は、ロスカット注文が翌営業日に持ち越されます。
  • ロスカットされると同時に全ての自動売買注文の稼働が停止します。

ロスカット判定の流れ(仕組み)

ロスカット判定は、一定時間毎の判定のため、必ず、定められた有効比率でプレアラートアラート、ロスカットが執行されるとは限りません。
相場の急激な変動により、お預かりした証拠金以上の損失が発生する場合もありますのでご注意ください。

ロスカット判定時間

有効比率 判定間隔
200%超 約5分
200%以下 約1分