シストレ24攻略ブログ

金の卵ストラテジーKingSword EURUSDが3週連続でプラス&過去利益更新!

17年06月26日 / 林 芳郎

先週は、相場の方向性が見え難かった週となりました。またこの先、大きな材料もなさそうなので、今週も大きな相場変動はなく凪相場になるかもしれません。

以前から紹介しているKingSword EURUSDは、このような相場でも3週連続プラスとし、過去最高利益を更新中となっています。

多くのフルオート設定でも利用されている「金の卵ステータス」で絞り込んだ12ヶ月実現損益ランキングでもKingSword EURUSDは4位と上位入賞を果たしています。

値動きの大きいGBPJPYのストラテジーが1~3位を占めていることを考えれば、メジャー通貨EURUSDでの12ヶ月実現損益ランキング「ナンバー1」ストラテジーと言えます。

1-t-20170626.png

また、金の卵ストラテジー12ヶ月実現損益ランキングTOP4の損益曲線を見比べてみると、KingSword EURUSDの期間中、安定した上昇をしていることが一目で分かります。

2-t-20170626.png

EURUSDというメジャー通貨をしっかりと攻略できており、突発的なサプライズやイベントによる大きな利益や大きな損失が出難かったのではと考えられます。

先週は、売りトレード3回と買いトレード2回をおこない、5戦全勝と勝率100%でした。

3-t-20170626.png

プラス自体は、合計で+140.8pipsとそれほど大きくありませんが、このコツコツとした安定トレードを12ヶ月続けていることがストラテジーとして非常に優秀なロジックを備えている証拠と言えます。

今後、先週の流れと同じように方向感が定まらず凪の相場となればKingSword EURUSDにとっては好都合な相場と言えそうです。

---

テラス・ストラテジーのみのフルオートとして採用している「(1ヶ月)収益率降順 / PF1.2以上 / 3ポジション以上(ご自身で設定する必要があります)」では3週連続で「Scorpion CADJPY」が採用となっています。

4-t-20170626.png 

先週はトレードが一つもありませんでした。

3週連続採用となったScorpion CADJPYですが、トレードなく採用ということなので、他のストラテジーは先週、苦戦したことが伺えます。

Scorpion CADJPYは6/16と6/19に建てた売りポジションを週跨ぎで保有しています。含み損益も+25pipsとまだどうなるか見えない状態です。

値動きが余り無い状態が続けば、決済なし、もしくは小さな利食い/損切りに終わり、総損益に大きな変化はなさそうです。

5-t-20170626.png

6-t-20170626.png

夏枯れ?相場でBeatrice ADX01ユーロドル、2,925円マイナス

17年06月26日 / 早川 忍

6月第4週の弊社リアル口座で稼働するGogoJungleフルオートは、第3週のドタバタ劇とは打って変わって、シンプルなトレードで週の初めから最後までを終えています。

結果は、最終的に若干のマイナスの-\2,925となっています。

弊社リアル口座の実績

1-g-20170626.png

トレードの詳細を見てみましょう。

いつもの月曜日午前、先週の場合は、6月19日(月)午前に4個の売りエントリーを実施しました。

その後、週を通して70pips程度のレンジ相場が継続し徐々にユーロドルレートが上がっていく状況が到来しました。

Beatrice ADX01ユーロドル前週のトレード

2-g-20170626.png

一旦は含み損も拡大しましたが、損切設定値の130pips付近にタッチするほどの損失拡大とはならず、やはりいつもトレードを終える土曜日、今回の場合は6月24日(土)早朝まで売りポジションを保有し続け、数pips~12pips弱のマイナス決済で終了しています。

動かない相場で、fx-on投資サロンの志摩力男氏の談では

『あまりにも動かないので、日計りのトレードを多くするか、休むか、どちらかが良いのかもしれません。』

とのことです。

ただし、『ただ、行使期限を迎える大きめのオプションはなくなってきています。この面では、ある程度動きやすくなっている感じです。』とも述べておられて、これから動く可能性は高くなってきていますので、相場の値動きに注目しています。

相場変動が小さくなった時には通貨ペア分散とタイプ分散で調整!

17年06月26日 / イマコレ

先週懸念したように、為替相場全般的に方向感が定まらず、主要通貨ペアの変動も小さくなりレンジ相場の様相を呈してきました。ストラテジーでも1ヶ月の成績上位に100-Percent-ForexやAuto-Online、ygpという名前が目につき始めると、まさに相場のボラティリティが低下してきているサインです。損小利大タイプには不利な展開となってきたようです。この1週間は大きなイベントもなく、月末の30日(金)に日欧米の経済指標発表が集中していますので、少なくともそこまでは方向感が出にくいでしょう。

シストレでは、イマコレストラテジーでご紹介しているAPIシリーズが好調を保っています。相場つきの変化にどうなるか不安はありますが、急激な成績変化はまだ現れていませんので継続スタンスです。ただ、やはりコツコツタイプはポートフォリオに組み込んでいきたいと思います。イマコレの成績は2月、3月のマイナスをようやく半分回復してきましたので、ここでつまずかないように注意していきたいと思います。

 

■イマコレストラテジーの成績

週末に損切りはありましたが、GBPAUD、GBPNZDともに好調を継続しています。唯一懸念していることが、T-Scoreが高すぎることです。T-Scoreはシステム開発元のトレーデンシー社が独自の計算でストラテジーに付与しているスコアーで最大値が10となります。現在、API1TBX(GBPAUD)が9.83、API1TBX(GBPNZD)が9.90と非常にハイスコアーです。GBPNZDは一時9.98もつけています。ハイスコアーをつけた時がもっとも好調で、その後調子を崩していくストラテジーを多く見てきしたが、このAPIシリーズがその経験則を覆すように好調を継続していますが、とはいえ相場ですので注意はしておきたいところです。

先週ご紹介したWawah(NZDUSD)は保有ポジションのマイナスに耐えており、新規シグナルを発信せずに終わりました。ここで損切りせずに耐え切れば面白いかもしれませんね。

2017/6/19~2017/6/24 5:50

170626_01.png

 

■今週の注目ストラテジー

好調APIシリーズですが、"API1"のT-ScoreがMaxに近付いていること、直近の成績ではAPI2やAPI3が勝ってきていることから、GBPAUDはAPI3、GBPNZDはAPI2に注目します。また、コツコツタイプでは最近ここまで連勝しているストラテジーに気付きませんでしたが、59連勝と波に乗っているPowerOf NOW(USDCAD)に注目です。

APIシリーズ

まず、APIシリーズで現在上位のGBPAUDとGBPNZDを比較してみます。ロジックは分からないので、あくまで統計情報上での比較です。

170626_02.png

 

GBPAUD

直近の成績ではAPI2が良いのですが、期間の経過とともに利益を積み上げているのはAPI3です。また、リスクリターンを比べると、API1とAPI2は直近が良すぎる数値となっていますが、API3は比較的安定しています。

170626_03.png170626_05.png

 

GBPNZD

トータル的なバランスは当然現在の成績が表す通りAPI1の方が良い数値です。API2は何が違うのかというと、平均損失、勝率が示すようにAPI1よりも回転が早い様子です。ただ、API1が好調すぎること、今後のボラティリティ低下を想定して、ここはAPI2に注目してみます。

170626_04.png170626_06.png

 

PowerOf Now(USDCAD)

成績の上位のストラテジーがどうしても変動の大きい英ポンド通貨ペアに偏る傾向がありますが、英ポンドの動きが停滞した時には多くのストラテジーが成績を落としていってしまいます。このPowerOf NowはUSDCADという通貨ペアで最近59連勝と波に乗っているストラテジーです。コツコツタイプでしかも通貨ペアも異なるため、ポートフォリオの分散に適しています。トラックレコードはAPIシリーズと同様まだ半年程度なので信頼性にはやや欠けますが、最近のトレーデンシー提供のNEWストラテジーが好調なことから、PowerOf Nowにも期待してみます!

170626_07.png

170626_08.png

○統計情報

170626_09.png

○損益分布(12ヶ月)

損益分布を時系列で表してみると3月、4月の取引が極端に少なく、その前後でコツコツ高回転の取引をしている様子が伺えます。このタイプは回転が止まったとき、つまり損切りタイミングを逃して評価損を抱えた時には▲150pipsの損切りは覚悟したほうがよさそうです。

170626_10.png

 

■今週のイマコレ

今週は、APIシリーズをAPI3TBX(GBPAUD)、API2TBX(GBPNZD)に入れ替えます。そこに、通貨ペア分散、タイプ分散でPowerOf New(USDCAD)を加えて運用していきます。

170626_11.png

 

■リアル口座運用状況

先週は、瞬間60万円を回復したものの、その後損切りが発生したため割り込んでしまいましたが、何とか回復トレンドは維持しています。慌てずに、じっくり回復を図っていきたいと思います。

170626_12.png170626_13.png

○ジョイントレードの成績

先週はうまく乗れるタイミングのストラテジーを見つけられず、ジョインは少なくめでした。

相場変動が小さくなるとスイングタイプストラテジーのポジション保有時間が長くなり、またマイナスポジションも目立つため、ジョイントレードはやりにくい環境です。

170626_14.png

○現在のポートフォリオを建玉状況

170626_15.png170626_16.png

最近活躍が目立つトレーデンシーのルーキー、中堅ストラテジー!!

17年06月19日 / イマコレ

先週のマーケットは、最大のイベントFOMCでは予想通りの0.25%の利上げが決定されドルは一時的に買い戻されましたが、その一方で消費者物価指数や小売売上高など消費関連指標が弱く米景気の先行きに対する不透明感も出てきました。

シストレ24のストラテジーは英ポンド円の売りポジションが目立っていましたが、ドルの買い戻しに伴う円安で、英ポンド円も138円台から一時142円台へと反発する動きに、ThirdBrainFxやMultiAgentなどの人気ストラテジーは損切りまたは評価損失が大きくなるなど、踊り場となる一週間でした。

重要イベントを通過したことから、しばらく方向感のはっきりしない展開に入りそうな気配もしています。ストラテジーもここまで成績を上げているのは損小利大タイプですが、あまり偏らないようにコツコツタイプを組み込んでおくのがよさそうです。

 

■イマコレストラテジーの成績

API1TBXでは、狙って追加したGBPNZDが見事裏目に出てしまいましたが、GBPAUDの大きな利益確定と、Jaden3.08がしっかり利益確定してくれたことで、何とかトータルプラスとなりました。API1TBXについては、GBPAUD、GBPNZDとも引き続き好調なものの、やや好調過ぎる感もありますので警戒はしています。

2017/6/12~2017/6/17 5:50

pic01.png

■今週の注目ストラテジー

成績が良いストラテジーはどうしても英ポンド関連通貨ペアに偏りがちですが、その中NZドル米ドルで35連勝中と好調を続けるコツコツ型のストラテジーが現れてきました。それがWawah(NZDUSD)です!最近、API1TBXもそうですが、トレーデンシーが比較的新しく搭載してきたストラテジーの活躍が目立ち始めています。

Wawah(NZDUSD)

稼動開始からようやく6ヶ月を経過し7ヶ月目に入ったばかりのルーキーといっても良いストラテジーです。徹底したコツコツタイプのストラテジーで、NZドルという通貨ペアの動きにはこのコツコツタイプがマッチしているようで、35連勝とノリにのっているストラテジーです。現在3ポジション保有しやや評価損が大きくなっていますが、連勝をどこまで伸ばせるか注目です!

pic02.png

○月間損益推移

pic03.png

○統計情報

コツコツタイプにあるような高勝率とまでは至っていませんが、最大ポジション4のストラテジーとしては最大ドローダウンが▲735.5pipsとかなり低く、利確と損切りのバランスが良い様子です。

pic04.png

○損益分布

pic05.png

■今週のイマコレ

Jaden3.08(AUDCHF)は、売買の回転が少し遅いわりに値幅もそれほど取れないため効率が悪いと判断し、成績の良いうちに停止しました。代わりに今週から好調、連勝中のWawah(NZDUSD)を投入します。

pic06.png

■リアル口座運用状況

損益分岐のところまであと少しで戻せるところまできて停滞してしまいました。イマコレストラテジーはうまくマッチしているので、ジョインで調子にのって失敗しないよう、今週はもう少し慎重にいきたいと思います。

pic07.png

pic08.png

○ジョイントレード成績

ThirdBrainFx(GBPJPY)、MultiAgent(GBPJPY)といった人気ストラテジーをジョインで1、2ポジション乗るような運用をしていますが、先週は英ポンド円の反発に少し大きな損切りとなってしまいました。とはいえ、これらのストラテジーをポートフォリオに追加してしまうとキャパシティーオーバーになってしまうため、タイミングを見ながらジョインしていこうと考えています。

pic09.png

○現在のポートフォリオを建玉

pic10.png

pic11.png

Beatrice ADX01ユーロドル指標、FOMCに翻弄され¥6,717マイナス

17年06月19日 / 早川 忍

6月第3週の弊社リアル口座で稼働するGogoJungleフルオートは、ドタバタと計13ポジションもエントリーしました。

結果は、度重なるトレードを行なったものの、大きな勝ち、大きな損失ということはなくマイナス¥6,717を記録しています。

弊社リアル口座の実績

1-g-20170619.png

トレードの中身を見てみますと、週の始まりの6月12日(月)、13日(火)は20~30pips幅の小さなレンジ相場が到来しました。

下の画のいつも通り月曜日に行なわれる6月12日(月)午前のエントリーは、その小さなレンジ相場の中での小刻みな動きの影響を受け、①、②のエントリーは、売り方向、買い方向に分けて実施されました。

結果、①は10pips強の勝ちトレード、②は数pipsの負けトレードとなっています。

Beatrice ADX01ユーロドル前週のトレード

2-g-20170619.png

6月14日(水)午前には、大きくレートが上昇後売り方向の逆張りエントリーを2つ行ないましたが(③)、こちらも跳ね返されて数pipsのマイナス決済となっています。

6月15日(木)午前には、再度売りエントリーを2ポジション実施しています(④)が、勝ち、負けに分かれて数pipsの決済となりました。

更に同日6月15日(木)午前から午後にかけて買いエントリーを4回実施(⑤)しています。

小さなレンジ相場から100pips以内の上下に動く状態に一気に変化し、あわただしく動いたことが分かりますが、その相場の中で、Beatrice ADX01ユーロドルは翻弄され数pips~30pips近い負けトレードを喫しました。

最後の6月16日(金)夕方の買いエントリーは、6月17日(土)早朝のいつもの決済タイミングまで引っ張り運良く20pips近い勝ちとなっています。

レンジ相場から6月14日(水)夜に一気に動きが出た理由は、米国の指標です。

『米小売が予想0%のところ-0.3%、CPIが前月比0.0%予想のところ-0.1%、前年比予想2.0%のところ1.9%と悪く、おまけに親睦野球中の米議員を狙った銃撃事件もあり、米長期金利急低下』

との、志摩力男先生のコメントの通り、ユーロドルは動きました、

そして、その後のFOMCでもまたレートが動く要因となった訳です。

指標、ニュースに振り回されましたが、それでも、大きく反対方向にトレンドが出た相場ではありませんでしたので、大きな証拠金減少にならない1週間でした。

KingSword EURUSDが2週連続でプラス。利益更新中!

17年06月19日 / 林 芳郎

先週は、FOMCと日銀会合のメインイベントがありましたが、政策金利は共に事前コンセンサス通りでサプライズはありませんでした。そんな中、俺のフルオート「シストレしょうちゃん」などに選択されているKingSword EURUSDが2週連続でプラスとなり年間累積損益更新をしています。

俺のフルオート「シストレしょうちゃん」6ヶ月収益率ランキング2位

1-t-20170619.png

KingSword EURUSDは先週のユーロドルの乱高下相場で11トレード、合計+157.6Pips。

2-t-20170619.png

以前から紹介している通りポジション数をその都度変えながら仕掛けたり、エントリーするタイミングを調整したりしながらトレードを行っています。

・上チャートでの最初の「買い×3」では、最初高値掴みとなりましたが、仕掛けタイミングをずらしながらナンピンをすることで平均取得価格を下げ損失を軽減しています。

・次の6月12日に仕掛けた「売り×1」は1ポジションのみのトレードで、その後追加エントリーをすることなく、相場の反転の判断から、早めの損切り。

・相場反転の判断からは、ほぼ同タイミングで「買い×3」をエントリーしており、ロジックが強気の買いを判断していたことが伺えます。

・そして最後「売り×4」は、前トレードの買い保有中に売りを1つ仕掛け(両建て状態)、その後、乱高下が落ち着いたタイミングで売り3つを追加して大きなプラスとしています。

どのトレードも仕掛け方向、タイミング共に悪くはありませんでしたが、結果的に最後の売り×4でのプラスが大きな利益となりました。

KingSword EURUSDは直近12ヶ月の損益曲線が「線形近似」とほぼ同じく、非常に安定的に1年間利益を積み上げてきており、ストラテジーの特徴である「ポジション数調整」と「仕掛けタイミング調整」が上手く機能していると言えます。

3-t-20170619.png

現在のEURUSDの値動きに機敏に反応していると考えられます。今週は、大きなイベント後なので相場が動かないことも想定されますが、期待したいと思います。

---

テラス・ストラテジーのみのフルオートとして採用している「(1ヶ月)収益率降順 / PF1.2以上 / 3ポジション以上(ご自身で設定する必要があります)」では2週連続で「Scorpion CADJPY」が採用となっています。

4-t-20170619.png 

5-t-20170619.png

先週は決済ベースで6トレードあり、合計で+306.2pipsとやっとそれらしいプラストレードをしてくれました。

プラスとなったScorpion CADJPYは今週も引き続きフルオートに採用となっています。

執筆時点では先週末に仕掛けた「売り1ポジション」を保有中で+1pipsとまだどちらに転ぶか分からないニュートラルな状態ですが、今週も勝って3連続採用となってもらいたいところです。

6-t-20170619.png

英総選挙の次は仏総選挙、FOMCに注目。スイング系ストラテジーの活躍は!?

17年06月12日 / イマコレ

英総選挙で与党過半数割れのニュースに英ポンド円は大きく下に窓を開けてスタートしました。MultiAgentやThirdBrainFxなど人気の好調ストラテジーは英ポンド円売りポジションが奏功しました。

一方、6月11日の仏総選挙の第1回投票ではマクロン新党が大きく議席を伸ばす見込みが報じられています。6月18日(日)には2回投票が行われますので、結果が出るまでは分かりませんが、引き続きユーロ、英ポンドの欧州通貨から目が離せません。また、今週は、日本時間6月15日(木)午前3時にFOMC政策金利の発表を控えています。利上げが確実視されていますが、マーケットの関心は今後の利上げペースに移っています。

いぜれにせよ、マーケットの変動が高まることによりストラテジーにとっては好環境となり、特にスイング系のストラテジーの活躍が続きそうな環境です。

 

■イマコレストラテジーの成績

好調APITBX(GBPAUD)で大きく利益を獲得。APITBXは、取引履歴はまだ半年ちょっとと短いが、英ポンドの動きをしっかり捉え利益更新中のストラテジーです!

Janden 3.08(AUDCHF)はまだ1回利益確定のみで3ポジションを保有中。豪ドルとスイスフランという普通なら取引しないような通貨ペアですが、いったいどんな結果をもたらしてくれるのか、もう少し期待して稼動したいと思います。

 

2017/6/5~2017/6/10 5:50

170612_01.png※KingSword(EURUSD)は2017/6/10に稼動停止

■今週の注目ストラテジー

「API」で始まるAPI1TBX、API2TBX、API3TBXの3つのストラテジーが複数の通貨ペアに対応していますが、イマコレでは5月中旬からAPI1TBX(GBPAUD)を稼動してきましたが、同じGBPAUDではAPI3TBXも好成績を上げており、どちらを採用しようか迷うほどでした。

 

過去1年間の実績で見ると、

API1TBX:GBPNZD、GBPAUD、GBPJPY、GBPUSDで好成績

API2TBXGBPNZD、GBPAUD、GBPJPY、EURAUDで好成績

API3TBXGBPAUD、GBPCHF、EURAUD、GBPJPYで好成績

 

GBP関連通貨ペアは全部使いたい位ですが、この中で今週もっとも注目したいのがAPI1TBX(GBPNZD)です。

API1TBX(GBPNZD)

直近、GBPの下落相場でしっかり利益を積み上げえきました。1ヶ月で27回の決済で勝率96.3%、つまり1回損切りしただけという、驚異的な成績を継続しています。

170612_02.png

○月間損益推移

170612_03.png

○統計情報

ようやく「ルーキー」マークが外れたばかりなので、比較するのは1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月です。

直近が良すぎる感は否めませんが、調子の良い時に乗るのがシストレの鉄則です。

170612_04.png

○損益分布(12ヶ月)

損益幅(pips)にはバラツキが大きいためこれといった傾向は見えませんが、流れを捉えたときに利益を大きく伸ばそうとするようです。

170612_05.png

■今週のイマコレ

今週のイマコレは久しぶりのトレーデンシーストラテジーのみのラインナップです。

170612_06.png

■リアル口座運用状況

1週間で約8万円挽回しました。ここからさらに回復してプラスに転じるためにはAPI1TBXの活躍が欠かせません。さて、今週はどうなるか・・・。また、ジョイントレードも引き続き活用していきます。特にMultiAgentやThirdBrainFxなどスイングタイプで利確、損切りラインが明らかなタイプは、仮に+160pips程度が乗っても70~80pips程度は取れるのではという考えで、引き続き後乗せで使っていきます。

170612_07.png170612_08.png

○ジョイントレードの成績

170612_09.png

○現在のポートフォリオと建玉

170612_10.png170612_11.png

Beatrice ADX01ユーロドル連勝\34,722の証拠金増

17年06月12日 / 早川 忍

6月第2週の弊社リアル口座で稼働するGogoJungleフルオートは、前週に続き連勝を記録し、第2週単独でも2度のトレードを行なってプラス\34,722の証拠金増加となっています。

弊社リアル口座の実績

1-g-20170612.png

GogoJungleフルオートで選択が続行されているストラテジーは、Beatrice ADX01ユーロドルでしたが、その前週の取引履歴を確認して行きましょう。

Beatrice ADX01ユーロドルのロジック通りに月曜日の6月5日午前10:00~11:30にかけて、売り方向に4ポジションをエントリーしています。

チャートを見ますと、直近高値を付けた後に売り方向に下落し始めているタイミングであることが分かります。

売り方向のトレンドが出ると判定し売りエントリーを実施した格好となりました。

Beatrice ADX01ユーロドル前週のトレード

2-g-20170612.png

ただ、売り方向のトレンドが続かず反転し出したため、6月6日(火)午前8:00に全ポジションを若干のプラスで全決裁し逃げ切っています。

その後、いったんは上昇を見せたユーロドル相場が、再度売り方向に動き出したため同日の6月6日(火)午前10:00~11:30にかけて再度4ポジションの売りエントリーを実施しています。

順調に下がったユーロドルですが、ECB理事会の結果を踏まえた6月8日(木)の志摩力男氏の指摘によれば

『ドラギ総裁の会見は、ある意味予想通りハト派的な内容。景気見通しは上方修正、インフレ見通しは下方修正、これはリーク通り。フォワードガイダンスの変更については議論もなし。現状の超緩和的な政策継続。欧州の長期金利は低下してます。

しかし、ユーロドルは売られません。

1.1200前後に比較的大きなオプションがあるので、そのため売られないのか? コニー前FBI長官の議会証言や英選挙の結果まで見たいのか? それとも、現状の超緩和的な政策がそのままでもユーロドルは下がらなくなったのか?

個人的には、この内容であれば1.1100ぐらいまで落ちていても良いと思っていたので、この反応の鈍さはやや意外です。』

とあり、英選挙の結果を受けて6月9日(金)から下げが加速した感はありますが、もっと落ちてくれれば利益を伸ばせたのにといった状況でした。

順調に連勝を重ねるGogoJungleフルオートでありますが、来週以降のトレードにも期待を寄せたいと思っております。

今週のFOMCと日銀会合でKingSword EURUSD利益をさらに伸ばせるか?

17年06月12日 / 林 芳郎

先週は、英総選挙、ECB理事会、コミー前FBI長官証言とリスクイベントが続き、中でも英総選挙によりポンドが急落となりました。今人気のThirdBrainFx GBPJPYやMultiAgent GBPJPYはともにこの急落相場で売りトレードを仕掛けておりプラスとなっています。

今週はFOMCと日銀会合が控えており、サプライズは無いとしても先のトレンドを作るきっかけがあるかもしれません。ユーロドルやドル円などのストラテジーに今週は期待しています。

先週は+68.9Pipsと微増のKingSword EURUSD。

1-t-20170612.png

先週はイベント前の膠着した状態で、レンジ相場戦略らしく「買い」と「売り」を絡ませたトレードを仕掛けています。値動きも小さく勝ち難い相場ですが、週間損益としてプラスにしています。

現時点(執筆時)ではドル安狙いのポジションを持っている状態で、ここからの反転を狙っています。

今週のFOMCでは6月利上げ実施が順当と見られているので、相場が大きく動くとすれば6月以降の利上げ見通しに変化があればと言うことになりそうです。

---

ユーロドルのストラテジーOmni-W EURUSDが12連勝と好調です。トレード回数が少なく爆発力はそれほど無いためフルオートでは選ばれ難いストラテジーです。

ですが、3年以上の稼動実績があり、特にここ数年のレンジ相場のEURUSDで順調に利益を伸ばしてきています。

2-t-20170612.png

最大ポジション2、最大損切り-130pipsとリスクを押さえた設計であり、かつトレード回数を限定している為、勝率も比較的高めです。

実際に運用してみるとトレードが少ない分、物足りなさを感じるのですが、このようなスタイルのストラテジーがポートフォリオ内にあると全体損益の安定化をしてくれる傾向があります。このような「目立たないけれど地味に力を発揮してくれる」ストラテジーを組み込むフルオート設定も探ってみたいと思っています。

---

テラス・ストラテジーのみのフルオートとして採用している「(1ヶ月)収益率降順 / PF1.2以上 / 3ポジション以上(ご自身で設定する必要があります)」では今週から「Scorpion CADJPY」が採用となっています。

3-t-20170612.png 

先週、fluegel USDJPYとPeopleCode USDCHFが計5トレードで-41.9Pipsのマイナスになっています。

5月以降テラスフルオートの収益も伸び悩んでおり、より値動きのある相場になることに期待をしています。

4-t-20170612.png

米利上げ、英仏総選挙を控えボラティリティが高まるか注目の6月!

17年06月05日 / イマコレ

先週金曜日米国雇用統計が事前予想を下回る内容からドル売りが強まり、111円台半ばから瞬間100.30前後までドル売り円買いが進みました。非農業部門雇用者数13.8万人増、失業率4.3%、平均時給0.2%増という数字は先行きを悲観するような数字ではないことから、6月利上げの確率は依然95%を超えている状況です。

今週は、8日に英国の国民総選挙を控え英ポンドの動きが注目されます。今のところ保守党優勢で波乱はないという見方が市場では優勢ですが、当然何が起こるか分かりません。英ポンド、ユーロ中心に値動きを期待しつつも、過度にポジションを持たないよう注意したいところです。

 

■イマコレストラテジーの成績

API1TBX(GBPAUD)は最大評価が+270pips前後まで伸びていたところでは決済せず、決済した時には微妙な結果でした。とはいえ、選ばない理由も見当たらないストラテジーです。

KingSword(EURUSD)は先週は損切り×3ポジションという結果でしたが、ユーロの変動が大きくなっている中、ポジションが逆目だったときに▲50pips前後で手堅く損切りして仕切りなおしてくれるので今のところ信頼しています。

EURGBP1688(NZDUSD)はポジションを保有したままだったため、新規シグナルを発信しませんでした。4ポジション保有しマイナスを長く抱えていますが、しばらく時間がかかりそうな展開です。

 

2017/5/29~2017/6/3 5:50

170605_00_イマコレ成績.png

■今週の注目ストラテジー

API1TBX(GBPAUD)、KingSword(EURUSD)とも今週も継続します。

API1TBXは前述したように、もっとも良いタイミングを逃しながらもトータルプラスの結果を残しており、積極的に選ばない理由は見当たりません。もちろん他に良いストラテジーがあれば積極的に乗り換えていくべきですが、乗り換え候補は先週ご紹介した兄弟ストラテジーAPI3TBXやAPI2TBXとなってしまい、あまり意味はないようです。

さて、今週は新規シグナルを発信しなかったEURGBP1688(NZDUSD)を停止し、新たにJaden3.08(AUDCHF)を稼動します。直近1ヶ月13連勝中のコツコツタイプのストラテジーで、ベテランマークがついているものの今回初めて目にするストラテジーです。直近の好調さを重視して今回選びました。

 

Jaden 3.08(AUDCHF)

170605_01_Jaden.png

 

○月間損益推移

170605_02_summary.png

 

○統計情報

長期では優秀とは言いがたい成績ですが、直近1ヶ月は出来すぎなものの平均利益、平均損失が同程度、勝率で稼ぐバランスタイプであり、現在の相場変動にマッチしている結果となっているところを好感しています。

170605_03_統計.png

 

○損益分布(12ヶ月)

最大損失は▲180pipsラインを維持しているので、勝率70%以上を維持しているかどうかがこのストラテジーの継続ポイントになるかと考えます。

170605_04_分布.png

 

■今週のイマコレ

API1TBX、KingSowrdは1ヶ月の成績はやや低下しているものの、中長期の成績も安定しているので引き続き継続。これに加えて現在の相場変動にマッチして13連勝中と好調のJaden 3.08を加えて運用していきます。

170605_08_イマコレ.png

 

■リアル口座運用状況

先週はストラテジーの成績もややマイナス、ジョインでも挽回できず、まだ成績を切り返すには至っていません。マイナス拡大を抑えつつ我慢の運用が続いています。

170605_09_リアル.png

170605_05_pl.png

 

○ジョイントレードの成績

170605_10_ジョイン.png

 

○現在のポートフォリオとポジション

170605_06_portfolio.png

170605_07_position.png

 

■第2回俺のフルオートの優秀設定がご利用可能になりました!

170605_11_俺のフルオート.png

3月11日より実施していました「第2回俺のフルオート」の最終結果を5月31日に発表いたしましたが、本日6月5日より、フルオート設定に成績優秀な設定を追加し実際にご利用いただけるようになりました。

 

今回も、お客様より多数応募いただいた設定の中から、バックテストおよび2ヶ月間のフォワードテストによって3ヶ月および12ヶ月の各成績、また3ヶ月、12ヶ月の収益率、最大リスクから総合ポイントを算出しランキングを決定いたしました。

第2回俺のフルオートの結果はこちら

 

Myシストレ24の「フルオートを始める」よりご利用いただけますので、ぜひご活用ください!

170605_12_フルオート.png