シストレ24攻略ブログ

利確・損切りとも小さめ「損小利大」ストラテジーNoah's miniとKAGI

17年02月27日 / イマコレ

米株価は堅調なものの、為替相場は2月28日に控えるトランプ米大統領の議会演説を前にドル売りかつ動きの重い展開が続いています。議会演説では経済政策、税制改革についてどのような具体策が打ち出されるのか注目されるところです。

「損小利大」「一発」ステータスのストラテジーにとっては、利益確定がしにくく損切りが先行しやすい悩ましい展開が続いていますが、「損小利大」ステータスの中にも利益確定、損切りとも比較的小さ目かつ「金の卵」ステータスが付くストラテジーが現れてきました。今週はそういったストラテジーに注目してご紹介いたします。

 

■イマコレストラテジーの成績

KingSword(USDJPY)、nianchuyfx(EURGBP)とも利益確定は行っているものの、ともに保有ポジションは評価損が出ています。また、2/13週に保有したMultiAgent(GBPJPY)の損切りが発生しています。MultiAgentは過去こういった連敗後に持ち直しているので、今週は利益確定してくるかもしれませんね。

2017/2/20~2017/2/25 6:50まで



ストラテジー決済回数損益2/20現在建玉
KingSword(USDJPY) 5回 +83.1pips 4ポジション
nianchuyfx(EURGBP) 5回 +29.1pips 4ポジション
MultiAgent(GBPJPY) 4回 ▲538.8pips
Friend3(AUDJPY) 2回 +7.7pips

 ※MultiAgent、Friend3はイマコレでは稼動停止しているためポジションを保有していません。

 

■今週の注目ストラテジー

冒頭申し上げたように「損小利大」ストラテジーは膠着した相場では損切りが先行しやすい傾向があります。一方、「コツコツ」ストラテジーはどうしても逆張りエントリーになりがちなので、サポートラインやレジスタンスラインを抜けた時に損切りが大きく発生しやすいという特徴があります。こうした相場状況をうまく掴んでいるのが、「損小利大」ながら「平均利益」が50pips前後、「平均損失」が30pips前後という「コツコツ」に近いストラテジーです。

 

Noah's mini(USDJPY)

「金の卵」「損小利大」のグッドステータスが付き、かつ「コツコツ」という、なかなか数少ないタイプのストラテジーです。下の損益分布図を見ると、利益にはバラつきがありますが、損切りは▲100pips範囲内、特に▲50pips以下に集中しており、堅実なストラテジーという印象を受けます。平均利益、平均損失とも安定しているのも好印象です。

01_Noah's mini.png

 

○統計情報



1ヶ月3ヶ月6ヶ月12ヶ月
累積損益 +82,770円 +93,320円 +182,060円 +356,630円
最大ドローダウン ▲451.10pips ▲806.70pips ▲825.30pips ▲1,574.10pips
平均利益 +51.93pips +51.56pips +60.91pips +61.69pips
平均損失 ▲38.55pips ▲31.24pips ▲29.03pips ▲31.21pips
勝率 67.50% 49.00% 41.28% 41.33%
取引回数 40回 100回 218回 496回

 

○損益分布(12ヶ月)

02_Noah's mini損益.png

 

KAGI(AUDUSD)

1月30日にも一度紹介したストラテジーです。最大ポジション2と少ないストラテジーなので「推奨証拠金」も比較的小額から運用できるので、フルオート運用に加えて稼動するのにも適しています。Noah's mini同様、損切りラインにバラつきが少ない点に堅実なストラテジーという印象を受けます。また、年間収益率369%という成績は、実は2月26日現在ベスト5に入り好成績です。最大ポジション2のため実現損益の絶対額が見劣りしてしまいますが、実はかなり良いストラテジーではないかと思っています。

03_KAGI.png

 

○統計情報



1ヶ月3ヶ月6ヶ月12ヶ月
累積損益 +27,414円 +127,233円 +231,402円 +344,006円
最大ドローダウン ▲72.30pips ▲204.60pips ▲344.50pips ▲653.30pips
平均利益 +34.11pips +48.49pips +52.89pips +62.72pips
平均損失 ▲25.07pips ▲24.77pips ▲29.70pips ▲40.43pips
勝率 71.43% 65.96% 64.44% 55.61%
取引回数 14回 47回 90回 187回

 

○損益分布(12ヶ月)

04_KAGI損益.png

 

KAGI(AUDUSD)について以下の記事もご参照ください。

>>好調MultiAgent(GBPJPY)にちょい足しでGEARSLEY(GBPUSD)・KAGI

 

■今週のイマコレ



ストラテジー名通貨ペア【1ヶ月】【12ヶ月】最大ポジションプロバイダー
実現損益 収益率 実現損益 最大DD
Noah`s mini USDJPY \82,770 165.11% \356,630 -1,574.1 3 ゴゴジャン
KAGI AUDUSD \27,414 369.90% \344,006 -653.3 2 テラス

※ストラテジー実績はMyシストレ24より2月26日作成

※最大DD(ドローダウン)の単位は「pips」

 

■リアル口座の運用状況

なかなかマイナスを止められない状況が続いてしまっています。

継続する中で必ずこうした場面に遭遇しますが、ここは勝負をかけずにストラテジー数やポジション数を増やしすぎないようにしたいと思います。継続してこそ次のチャンスが訪れたときにそれを捉えることもできますが、ここで資産を切り崩さないようにコンサバティブに運用していきます。



期首運用資金 683,174円
現在証拠金預託額 582,566円
差引損益 ▲100,618円(▲14.7%)
最大リスク ▲14.7%

 

05_損益曲線.png

 

○稼働中のストラテジー

06_ポートフォリオ.png

 

Beatrice 07、Beatrice ADX01比較

17年02月27日 / 早川 忍

遂に3連敗を記録してしまいました。

GogoJungleフルオートでは、2月第4週もBeatrice ADX01ユーロドルの稼働が続行されていましたが、\29,924の負けトレードとなっています。

弊社リアル口座の実績

1_g_170227.png

連敗が続くBeatrice ADX01ユーロドルですが、前週のトレードを見ますと、以下の画のチャートの2月8日(水)以降のユーロドルレート1.07から1.05の間を上下する相場の中で、すべて買いエントリーを行ない、その後、ユーロドルレートの下落で損切を強いられるパターンが続いています。

Beatrice ADX01ユーロドル前週のトレード

2_g_170227.png

2月20日(月)のエントリー後も、ストンとユーロドルレートが落ちましたが、下落局面で逆張りした買いエントリーが失敗し高値で掴んでしまっています。

そして、1個目の損切決済を2月22日(水)夜に‐129.40pipsで実施。

その後、2月25日(土)早朝まで引っ張った3個のポジションも-43pips以上の損切決済となっています。

このように急に落ちる相場は、Beatriceシリーズが不得意とするもので、こういう相場が続くと成績は下降します。

ただし、同じBeatriceシリーズであってもBeatrice 07ユーロドルの方が直近1ヶ月で比べると成績優秀です。

Beatrice 07とBeatrice ADX01、直近1ヶ月の比較

3_g_170227.png

勝率がBeatrice 07 55.56%に対し、Beatrice ADX01 46.88%と、8ポイントほど上回っていることもありますが、何より最大利益がBeatrice 07 145.5.pipsに対し、Beatrice ADX01 97.80pipsと、Beatrice 07 がより利益幅を広げるトレードができています。

このストンと落ちる相場でも、Beatrice 07 の方がエントリーと決済のクオリティが高いことが成績に表われている訳ですが、GogojungleフルオートもそろそろBeatrice 07を選出しても良いのではないかと思っております。

2/28トランプ議会演説で上下相場?「KingSword USDJPY」の利確優先タイプなどが◎

17年02月27日 / 林 芳郎

先週は、フランス大統領選関連やFOMC議事録などに動かされた週となりました。

利益確定ラインが100pips未満と早い決済が特徴的なストラテジーとして先週のコラムで紹介したKingSword USDJPY」「Diverge360 NZDUSDが揃って利益を伸ばしました。

相場が情報により動いている時は上下動しやすいと考えられるので、利益が取れるときに取るタイプには有利と言えます。

今週の2月28日にはひとつのビックイベントであるトランプ大統領の議会演説が予定されています。ここで発言される内容によって為替相場は大きく上下動することが予想され、利益優先のストラテジー(かつ損切りラインも浅いストラテジー)が活躍する可能性が高いのではないでしょうか。

「KingSword USDJPYは先週決済ベースで、+83pipsと利益をコツコツと積み上げています。週前半でのレンジ相場はまさに想定していたトレードとも言えるような「直近での底値圏での買い」「直近の高値圏での売り」を実行しています。

1_t_170227.png

現在(執筆時点)では円高へ進行し4つの買いポジションは含み損を抱えている状態ですが、週初めのうちの反転を期待したいところです。

「KingSword USDJPY」だけではなく、早めの利食いラインを持つストラテジー全般に言えることですが、政策決定や大統領選などを契機にトレンドが発生した場合(例えば明確な大型減税施策発表など)は、運用を切り替えトレンドフォロータイプにすることが望ましいと考えます。

「Diverge360 NZDUSDは先週、150pips程度のレンジ内で買い2つを決済しプラストレードとなっています。

NZDUSD0.710~0.725のレンジを行き来する相場の中でも上昇局面で利益を出しており、逆に下降局面では積極性に欠けるトレードとなっています。

2_t_170227.png

過去のトレードを見ると

・買い仕掛け 52%

・売り仕掛け 48%

と若干買い仕掛けが多い傾向があるので、相場全体が上昇する時期であればさらに利益が伸びると考えられます。

「KingSword USDJPY」同様に利食いラインが浅め(100pips未満)なので、大型のイベントの前に訪れる思惑錯綜時期は運用に適していると言えそうです。

--

テラス・ストラテジーのみのフルオートとして採用している「(1週間)収益率1位 / PF1.2以上 / 3ポジション以上(ご自身で設定する必要があります)」では2週連続で「Diverge360 NZDUSD」が採用となっています。

3_t_170227.png

先週決済ベースで

「Diverge360 NZDUSD」+150pips

「DELSOL GBPUSD」 +37pips

と連続プラスを更新しています。

「DELSOL GBPUSD」はドカンステータスが点灯していることからも、長期間の運用は望ましくないのですが、フルオートから外れた2週間前に持ったポジションを14日間(約半月)の保有を経てなんとかプラスで締めくくってくれました。

チャートでみると、ポジション保有期間の8割方マイナス圏での推移ですが、最後のドル安に助けられ利益となりました。

4_t_170227.png

このタイプも前述2ストラテジーと同様に「利益確定ライン」は浅く30~70pipsがメインなのでレンジ相場では力を発揮してくれます。またビッグイベント前のレンジ相場時期にフルオートに選出されるのではないでしょうか。

今週は波乱相場?早めの利食いが◎「KingSword USDJPY」に期待!

17年02月20日 / 林 芳郎

先週は、FRB議長証言により早期利上げムードからのドル買いが先行したものの、トランプ政権人事等でドル売りという方向感の定まらない週となりました。

2/20はアメリカが休日ですが、その後FOMC議事録公表があり、3月利上げを見越したドル買いの可能性、そして、アメリカの政策発表からのドル買い再燃/もしくは失望ドル売りと大きく値が動くことが予想されます。

このような相場が想定される際、ひとつの有効な戦略としては「早めの利益確定トレード」があります。

大きなニュースや発表など「一瞬にして相場が動く」ような場合は損切りに注意する必要があります。"じわじわと値を下げるケース"と、"瞬間的に値を下げるケース"とでは、ストラテジーにとっては異なる事象としてトレードに反映される可能性があります。じわじわと下げる、つまり時間を掛けて想定外の方向に相場が動く場合は、反転の予兆を検知し、決済をせず相場の反転を待つようなロジックを組み込むことがあります。ですが、瞬間的に値を下げる時は、これらのフォローロジックは機能せず、ロスカットラインでの一発決済となりがちです。

そこで、「利益が出ている時は利益を早めに獲得していく(コツコツ)」タイプが有効と言えます。そして欲を言えば、「損切りラインも深すぎない(ドカンとなりにくい)」タイプがよいでしょう。

イマコレ・ステータスも点灯している「KingSword USDJPY」はレンジ相場向きで、「早めの利食い」が特徴のストラテジーなので、今週以降のトレードには期待です。

1_t_170220.png

「KingSword USDJPY」の平均利益・損益を「稼動以来」でみると、

■平均利益:+36pips

■平均損失:-75pips

となっており、

「早めの利食い」、「比較的早めの損切り」の設計となっていることが分かります。

先週のFOMCイベント発生時の急激なドル高局面でも、-80~-90pipsと早めの損切りでポジションを決済しています。もし損切りラインが-100pips以上であれば、さらに損失は拡大していました。

大統領や要人発表などで急激な相場変動が予想される今週以降でも、「早めの利食い」、「比較的早目の損切り」の設計は有利に働く可能性が高いので「KingSword USDJPY」には期待をしたいです。

執筆時点ではの評価損益は-30pips程度。それまでの下落相場からの反転を狙ったまさにレンジ相場向きのトレードをしています。

2_t_170220.png

--

テラス・ストラテジーのみのフルオートとして採用している「(1週間)収益率1位 / PF1.2以上 / 3ポジション以上(ご自身で設定する必要があります)」では今週から「Diverge360 NZDUSD」が採用となっています。

3_t_170220.png 

採用されていた「DELSOL GBPUSD」は先週決済トレードはなく、現在もポジションを保有している状態です。「DELSOL」にプラストレードがなく、新たに採用となった「Diverge360 NZDUSD」の好調さも加わり入れ替えとなっています。

4_t_170220.png

「Diverge360 NZDUSD」は平均利益と平均損失が共に100pips未満の早めトレードが特徴となるストラテジーです。

前述の「KingSword USDJPY」と似ているタイプと言えます。この点からの現在の相場には、「早めの利確&早めの損切り」戦略が機能していると言えそうです。

好調!Beatrice RSI02 Wユーロドル

17年02月20日 / 早川 忍

2月の第3週はBeatrice ADX01ユーロドルが一旦は含み益を拡大させましたが、最後は、若干の負けで終了し、¥5,245の負けトレードとなっています。

弊社リアル口座の実績

1_g_170220.png

先週のBeatrice ADX01ユーロドルのトレードは、2月13日(月)午前のエントリー後、以下の画のチャートのとおり順調に含み益を拡大させました。

Beatrice ADX01ユーロドル前週の実績

2_g_170220.png

しかし、17日(金)夜半からユーロドル相場が下落したことにより含み損に転じ最終的には負けトレードを喫しました。

先週来、連敗中ではありますが、年始から積み上げた利益はまだまだありますし、今後もBeatriceフルオートは十分期待できると思っています。

さて、Beatriceシリーズの中にあって、テクニカルにRSIを使用したストラテジーのBeatrice RSI02 Wユーロドルも中々の成績を記録しておりまして、本日はご紹介をしたいと思います。

Beatrice RSI02 WとBeatrice ADX01 12ヶ月実績

3_g_170220.png

Beatrice RSI02 Wユーロドルは、過去12ヶ月の実績で必要証拠金\234,000に対し156.97%増の\367,306の利益を獲得しています。

Beatrice ADX01ユーロドルが同期間において231.19%増の\621,891を獲得していることと比べますと大人しい成績ではありますが、上の画の通り順調に損益曲線は一貫して伸びています。

Beatrice RSI02 Wユーロドルの特筆すべき点は、ストラテジーの名称通りではありますがテクニカルにRSIを使用している点です。

RSIは、上昇、下降の速度を数値で補足するものですが、この値をトレードに用いることで、過去12ヶ月ではBeatrice ADX01ユーロドルと比べると高い勝率を記録しており、エントリーの正確性が勝っていることが分かります。

損切設定値は200pipsとBeatrice ADX01ユーロドルの135pipsと比べると損失が大きく広がる可能性がありますが、利益確定値を大きめの355pipsとすることでバランスをとっています。

また、RSIの数値を決裁にも使用していて、トレンド継続か否かの判定も精度も素晴らしい状況です。

今後の成績如何では、Beatriceフルオートが選定してくれる可能性があると思っています。

膠着相場にコツコツタイプnianchuyifx(EURGBP)とKingSword(USDJPY)

17年02月20日 / イマコレ

トランプ大統領の経済政策への期待から過去最高値を更新している米国株式市場ですが、当然ながら高値警戒感もが出始めています。「2~3週以内に発表する」と述べていた減税政策の具体策が今週出てくるのか注目が集まりますが、貿易面や通貨政策などの発言も警戒されます。また、2月28日にはトランプ大統領の議会演説が予定されており、今週から来週にかけ減税政策以外にもインフラ整備、規制緩和などの具体策が出てくるかも注目されます。また、3月利上げに向けた各地区連銀総裁の発言もニュースになり始めるためこちらも警戒が必要です。その一方、ユーロ圏もフランス大統領選挙が目先の大きなリスクとして意識されユーロ売りが強まりやすい環境にもあり、上昇または下落のトレンドがはっきり出るまでは、引き続き「コツコツ」タイプのストラテジーをうまく回していくのがポイントになりそうな一週間です。

 

■イマコレストラテジーの成績

KingSword(USDJPY)、Friend3(AUDJPY)ともイマひとつ力を発揮できず、さらにMultiAgent(GBPJYPY)の4ポジション損切りと厳しい一週間となってしまいました。特に英ポンド円は142円台後半まで上昇したものの、MultiAgentの「利益確定幅240pipsまでは届かず損切り」という相場が膠着したときの典型的なパターンとなりました。

2017/2/13~2017/2/18 6:50まで



ストラテジー決済回数損益2/20現在建玉
MultiAgent(GBPJPY) 4回 ▲537.1pips 4ポジション
KingSword(USDJPY) 6回 ▲234.0pips 3ポジション
Friend3(AUDJPY) 4回 ▲133.0pips 2ポジション
Scorpion(EURJPY) 3回 ▲213.8pips

 

■今週の注目ストラテジー

こうした膠着した相場状況が続くと、どうしてもスイングトレードタイプのストラテジーにとっては我慢する場面が続いてしまいます。もちろん、何かのニュースひとつで大きく動きが出るのが為替相場ですが、今週は特に大きな動きに繋がりそうな経済指標もないためコツコツタイプ中心にポートフォリオを組みたいと考えます。今週はKingSword(USDJPY)を継続し、新たなコツコツタイプとしてnianchuyifx(EURGBP)に注目します。

 

nianchuyifx(EURGBP)

コツコツタイプは長期の成績を重視するとなかなか選ばれてきませんが、1ヶ月、3ヶ月など短期の成績では上位に上がってきます。ただ、短期タイプは「ドカン注意」が付いていたり、付いていなかったとしても統計情報を見ると最大損失が▲300pipsを超えるレコードがあったりすると選ぶのに躊躇するでしょう。nianchuyifx(EURGBP)も6ヶ月以上の成績を見ると、1回あたりの最大損失や最大ドローダウがやや大き目となっていますが、このタイプはいわゆる逆張りの傾向がありレンジを上抜けるまたは下抜ける時にはどうしても損切りが大きくなりますが、損切りは▲150pips近辺に設定されておりほぼしっかり機能しています。直近レンジ相場をしっかり捉えていることに注目しイマコレに採用します。

02_nianchuyifx.png

○統計情報

直近1ヶ月、3ヶ月の統計情報に注目しています。



1ヶ月3ヶ月6ヶ月12ヶ月
累積損益 +232,434円 +473,223円 +330,445円 +159,695円
最大ドローダウン ▲0.50pips ▲802.60pips ▲1,102.10pips ▲2,800.20pips
平均利益 +49.58pips +94.62pips +94.62pips +82.85pips
平均損失 ▲0.50pips ▲132.78pips ▲148.86pips ▲150.45pips
勝率 97.06% 80.60% 73.97% 68.29%
取引回数 34回 67回 73回 123回

 

○取引損益分布(12ヶ月)

03_nianchuyifx損益.png

 

KingSword(USDJPY)

2017年1月10日のイマコレに採用し紹介しましたが、再度状況の変化なども交えて紹介いたします。

>>好調HighWindFx(GBPJPY)、万能タイプKingSword(USDJPY)

 ステータスで「コツコツ」「高勝率」で「金の卵」がつくストラテジーは意外に少なく、上位で目に入るのはKingSwordの他には以前紹介したRedBlue(EURGBP)となります。KingSword(USDJPY)は勝率が各期間で75%前後と安定しているところがポイントです。もちろん、平均利益、平均損失のバランスも伴わないとトータル利益は残せませんが、勝率の安定感は使ううえで安心感を覚えます。

 

04_KingSword.png

 

○統計情報



1ヶ月3ヶ月6ヶ月12ヶ月
累積損益 +50,120円 +161,600円 +199,540円 +485,940円
最大ドローダウン ▲253.20pips ▲501.20pips ▲565.70pips ▲1,109.60pips
平均利益 +28.04pips +37.75pips +33.13pips +42.77pips
平均損失 ▲44.02pips ▲53.22pips ▲59.95pips ▲77.67pips
勝率 78.05% 78.02% 77.25% 75.92%
取引回数 41回 91回 167回 353回

 

○取引損益分布(12ヶ月)

05_KingSword損益.png

 

■今週のイマコレ

MultiAgent(GBPJPY)は現在も年間損益ナンバー1ですが、直近不調マークが灯ったため、イマコレからいったん外し、今週はコツコツタイプ2つで臨みます。



ストラテジー名通貨ペア【1ヶ月】【12ヶ月】最大ポジションプロバイダー
実現損益 収益率 実現損益 最大DD
nianchuyifx EURGBP \231,986 52.22% \159,247 -2,800.2 4 トレーデンシー
KingSword USDJPY \50,120 206.79% \485,940 -1,109.6 4 テラス

※ストラテジー実績はMyシストレ24より2月19日作成

※最大DD(ドローダウン)の単位は「pips」

 

■リアル口座の運用状況

せっかく食い止めていたマイナスを拡大させてしまい、最大リスクを更新してしまいました。とはいえ、期初運用資金に対してリスクリターンを▲10%~+10%前後で推移しています。現状マイナスながらここで食い止めることが大事になります。



期首運用資金 683,174円
現在証拠金預託額 603,889円
差引損益 ▲79,285円(▲11.6%)
最大リスク ▲11.6%

 

06_トータル成績.png

07_稼働中.png

 

スマホでフルオートを運用する方法

近ごろフルオートをご利用いただくお客様が大変増えており、スマホでの運用方法についてよくお問い合わせいただいております。今回はスマホでフルオートを運用する方法をお伝えいたします。

 

◆ まず、スマホブラウザでインヴァスト証券ホームページからMyページにログインします。
このMyページログイン画面をお気に入りに登録しておきましょう!

170220-1.png

Myページにログインしたら、画面右側のMyシストレ24をタップしてください。
170220-2.png

170220-3.png

◆ 次に、どんなフルオートがあるか見てみましょう。
フルオートタブから確認したいフルオート名をタップするとフルオートカードが表示されます。

170220-4.png

このフルオートカードで、フルオートの成績や現在稼働しているストラテジーなどを見ることができます。ストラテジー名をタップすると表示されるストラテジーカードから、ストラテジー自体の成績もご確認いただけます。また、タブを切り替えることでフルオートの基本設定やストラテジーの入れ替え履歴も見ることができます。

170220-5.png

170220-6.png

フルオートを稼働させて運用を開始する前に、気になるフルオートがどのような設定になっているのか、成績は好調なのか、きちんとチェックしましょう。

 

◆ どのフルオートで運用するか決まったらフルオートを設定します。
フルオートタブから運用したいフルオートを選び、右端の矢印をタップします。

170220-7.png

チェックボックスにチェックを入れるとすぐに稼働開始しますが、チェックを外すと「次回入れ替え日」に稼働開始します。稼働開始後、ストラテジーが売買シグナルを発信すると実際の取引が始まります。

170220-8.png

フルオート設定完了画面に表示されるストラテジーがその時点で稼働しているストラテジーです。今回の例にあげた「主要5通貨_トップ2実現T100」の場合は、1週間に一度入れ替える設定なので、次の週には新しく選ばれたストラテジーが稼働します。稼働しているストラテジーの内容はストラテジー名をタップするか検索タブから確認してください。

170220-9.png

 

◆ 運用を開始したら運用状況を確認しましょう。

ホームタブの建玉からその時点で保有しているポジションを、決済履歴から取引で出た損益を確認できます。

170220-10.png

 

◆ 稼働停止するには

上部に表示されている稼働中のフルオートをタップすると、フルオート設定画面が表示されます。フルオート設定右上の停止ボタンをタップすると、確認画面が表示されます。フルオートと同時にストラテジーも停止する場合は、チェックボックスにチェックを入れましょう。フルオートのみを停止した場合、ストラテジーの入れ替えが停止するのみで稼働中のストラテジーは稼働し続けますのでご留意ください。

170220-11.png

 

フルオートやストラテジーを停止しても、保有ポジションは即時に決済されるわけではなく、ストラテジーの決済タイミングを待って決済されます。

これからフルオート運用を始める方もこれまでPCでのみ運用していた方も、大切なご資金を運用しているので、スマホでいつでも確認できる環境を作っておくのもいいかもしれません。

フルオート稼働しているのに取引していないのはナゼ?

フルオートを稼働設定しているはずなのに全然取引してくれない!本当に稼働しているのだろうか?と不安に思ったことはありませんか?そう、フルオートを稼働していてもストラテジーの売買シグナルが出ないと取引をしません。

え?ストラテジーの売買シグナル?なにそれ、ストラテジーじゃなくてフルオートを利用しているはず???

今回は、シストレ24の「フルオート」がどんな仕組みで取引をしているのかお伝えします。

 

フルオートはストラテジーの入れ替えを自動化したサービス

これはみなさん見慣れたシストレ24の取引画面ですよね。「ストラテジー検索」と「フルオートをはじめる」タブが分かれているので、ストラテジーとフルオートは全く別物なのではないかと思っている方もいらっしゃると思います。しかし、フルオートはストラテジーの入れ替えを自動化したサービスなのです。つまり、フルオートはストラテジーの運用と切っても切れない関係なのです。

170214-1.png

以前はフルオート機能がなかったので、お客様はご自身でストラテジーの入れ替えを行っていました。しかし、ストラテジーの入れ替えはなかなか難しく、多くの方はストラテジーが不調になってから入れ替えを検討していたのではないでしょうか。

そこで、稼働中のストラテジーが好調なうちに自動でもっと好調なストラテジーに入れ替えるというアイデアの元生まれたサービスがフルオートです。

 

ストラテジーは世界中の優秀な投資家が作ったFX自動売買プログラム

ストラテジーとはFXの自動売買プログラムのことで、世界中の優秀な投資家やプログラマーが作っています。既に6,000ものストラテジーが存在していますが、まだまだ増えるでしょう。そんな多くのストラテジーの中から、直近で好調なパフォーマンスを発揮しているストラテジーを選び、入れ替えて行くのですから初心者には簡単なことではありません。

 

なぜストラテジーを入れ替えなければならないのか

ストラテジーは完全ではありません。いつどんな相場でも対応できるとは限らないので、常に見直し、今の相場にあったものを選ばなければ損を出し続けてしまうという結果になりかねません。

 

だからフルオートを稼働していても取引をしないタイミングがある

フルオートカードの上部に書かれている「入れ替え頻度」のタイミングでその時々の相場に合ったストラテジーに入れ替えて行きますが、以下の理由により取引がなかなか行われないということがありますので、対応策とあわせてお伝えします。

170214-2.png

 

●フルオート設定はしているがストラテジーが稼働していない。

 ⇒フルオートを設定する時に以下のような画面が表示されるのですが、「フルオートが現在設定しているストラテジーをすぐに稼働する。」のチェックボックスにチェックが入っていないと、すぐには稼働しません。次のストラテジー入れ替え後の稼働となります。すぐに稼働したい場合は、そのストラテジーを個別に稼働設定するか、一度フルオートを稼働停止し再度設定し直してください。

170214-3.png

 

●選ばれたストラテジーの運用方針に合った取引チャンスがなかなかこない。

 ⇒フルオートカードの取引履歴を確認して取引が行われていないようなら、ストラテジーの運用方針に合った取引チャンスが来るのを待ちましょう。

170214-4.png

 

●証拠金預託額が少なく、ポジションを建てることができない。

 ⇒証拠金預託額がポジションの証拠金額に達していないと、証拠金不足で注文が成立しませんので、証拠金預託額を増やしてください。

 

せっかくFX取引をしようと意気込んでフルオート設定したのに、なかなか取引をしてくれないと面白くないですよね。そんな時は自分でフルオートをカスタマイズしたり、ストラテジーを足したり、ジョイントレードをしたりと取引を増やす方法もあります。しかし、ある程度の知識がないと難しく、損失を膨らませてしまう可能性がありますので、きちんと勉強してからトライしてみてくださいね。

自作フルオートを設定するときに気をつけたい3つのポイント

ちょい足ししたい人にオススメ機能「ジョイントレード」の使い方とコツ

2回のトレードで26,389円の勝ち!Beatriceフルオート

17年02月13日 / 早川 忍

2月の第2週はBeatrice ADX01ユーロドルが前週ほどの回数ではないにしても、2回トレードを行ない、その結果、26,389円の勝ちを収めています。

弊社リアル口座の実績

1_g_170213.png

Beatrice ADX01ユーロドルのトレードを見て行きましょう。

いつも通りの月曜日(2月6日)午前に取った4つの売りポジションは、上手く上昇から下落に転じるユーロドル相場の天井付近を捉えることができました。

そのまま週末土曜日の朝までポジション保有を継続すれば150pips以上×4ポジションを期待できたのですが、2月9日(木)14:30に上昇方向への相場転換と判定し93pips以上×4ポジションの勝ちトレードで決済をしました。

Beatrice ADX01ユーロドル前週の実績

2_g_170213.png

その後、上昇相場継続と判断し、同日2月9日(木)15:00~16:00にかけて3つの買いエントリーを実行しています。

しかしながら、予想に反しユーロドルレートは下落に転じました。

2月11日(土)早朝に43pips以上×3ポジションの損切決済となっています。

2月9日(木)の値動きはストラテジーのロジックにとって判断が難しい状況だったことは想像できるのですが、具体的に当時のチャートを確認してみたいと思います。

ユーロドル1時間足チャートとBeatrice ADX01のエントリー、決済ポイント

3_g_170213.png

上の画の青い丸で囲ったところが2月9日(木)の決済と新たなエントリーを実行したタイミングです。

2月6日(月)にエントリーした4つの売りポジションを決裁した理由は、緑矢印部分のわずか数時間でユーロドルレートが60pips超上昇し、相場が底を打って下落から上昇に転じたとロジックが認識したためです。

その後、レンジ相場に入り上昇が見込まれると判断し決裁しています。

それ以降もレンジ相場が続く中で、2月9日(木)15:00~16:00にかけて3つの買いエントリーのタイミングでは、完全にユーロドル相場が上昇に転じると想定し買いを選択しています。

2月6日(月)から2月9日(木)にかけて凡そ150pips程下げて、その後上昇に転じて150pipsレートが上昇するというようなゆったりとしたレンジ相場であればBeatrice ADX01にとっては勝てる値動きということになりますが、前週後半の値動きは難しいものでありました。

トランプニュースで相場が上下!レンジ相場向き「KingSword USDJPY」が好調!

17年02月13日 / 林 芳郎

先週も、トランプ大統領絡みで相場が変動する週となりました。週末の日米首脳会談が注目されていましたが、直前のトランプ大統領の「大きな税制改革」発言で一気にドル高になりました。

このところの流れは、トランプ政権関連のニュースで相場が大きく動き、その動きの揺り戻しで反転するといったチャートを良く見かけます。

レンジ相場向きストラテジーが力を発揮しやすい相場と言えます。

1月10日週の「金の卵TOP系」のフルオート採用ストラテジー「KingSword USDJPY」はレンジ相場で威力を発揮し、1/10以来+781Pipsをコツコツと積み上げています。

1_t_170213.png

イマコレでも紹介されていますが、非常に巧みなトレードをするストラテジーで、コツコツ利益を狙う「早めの利食い」も行いながら、先週のように「100pips越えとなる利食い」もします。また相場の動きにすばやく反応して「損切り手仕舞い」も行います。

平均取引時間は41時間(稼動以来)と比較的短いトレードが特徴的です。

直近2週間のトレードを見てみます。

2_t_170213.png

振幅を伴ったなべ底とも取れるチャートを描いた直近2週間で、上昇・下降局面を上手く捉えていることが分かります。

上昇局面で「買い」を仕掛けながらも早い反転で、「損切り」していることも多々ありますが、損失を最小限にしています。

ステータスも、イマコレ、初心者、金の卵、ベテラン、高勝率が点灯中と今まさに絶好調のストラテジーと言えます。

現在のフルオートでは、全般的に「MultiAgent GBPJPY」が選ばれていますが、もし「MultiAgent GBPJPY」の成績が落ち込むようであれば、「KingSword USDJPY」がフルオートに選出される可能性もあると思っています。

--

テラス・ストラテジーのみのフルオートとして採用している「(1週間)収益率1位 / PF1.2以上 / 3ポジション以上(ご自身で設定する必要があります)」では3週連続で「DELSOL GBPUSD」が採用となっています。

3_t_170213.png

「KingSword USDJPY」とタイプ的には近いストラテジーで、コツコツ利益を狙うので、継続したレンジ感の強い相場で利益を伸ばしてきています。

先週決済ベースでは1トレードのみ。テラスストラテジーのみフルオートでの合計は+311pipsとなっています。

4_t_170213.png

現在64連勝中と驚きのトレードを継続しており、現在(執筆時)も1ポジションのみ保有とリスクは抱えていませんが、「ドカン」ステータスが物語っているように、-300を超える損切りトレードが発生する可能性があります。

5_t_170213.png

フルオート稼働中でも、含み損には注意をして手動で決済することも念頭にいれておくとよいでしょう。