Myシストレ24を使いこなす

Myシストレ24ver3.0 追加機能紹介!

13年07月12日 / Myシストレ24開発チーム /

Myシストレ24ver3.0で追加された機能をご紹介いたします。
Ver2.0まではストラテジーの検索機能が中心でしたが、今回のバージョンアップで以下の機能が追加となりました。

Myシストレ24の紹介につきましてはこちらをご覧ください。



主な機能概要
ポートフォリオ、稼働中ストラテジーの確認 ポートフォリオ確認のアイコンが追加され、現在のポートフォリオに入れているストラテジーはもちろん稼働、未稼働状態を確認することができます。
ストラテジー設定確認と変更 現在のストラテジーの全ての設定を見ることができます。 また全ての設定についてMyシストレ24上から設定変更が可能となります。稼働だけでなく、稼働停止することも可能となりました。
証拠金メーター 現在の証拠金預託額と稼働しているストラテジーの推奨証拠金を確認することができます。また預託額に対して推奨証拠金の割合をメーターで表示するなど独自のリスクワーニング指標を加えました。
※本推奨証拠金は設定された取引額と最大ポジションサイズのみその割合に応じて調整しています。
ストラテジーの現在の建玉 現在のストラテジーが保有している建玉の情報を見ることができます。お客様が現在保有している建玉ではなく、ストラテジーカード上でみることができるオープンポジションとなります。これから稼働させる際にストラテジーが既にポジションを最大まで持っている状態なのかそうでないのかが分かります。

・Myシストレ24を開いたままでミラートレーダー側でストラテジーの設定を変更した際などは稼働アイコンまたはポートフォリオアイコンをクリックすることで最新の情報が反映されます。ただし1分間隔の更新となりますので、ご注意ください。
・証拠金預託額のMyシストレ24側の反映もポートフォリオ設定と同様です。
・推奨証拠金の合計額は取引額、最大ポジションの設定を反映した合計額となっています。
・ストラテジーの現在の建玉情報も1分間隔の更新となります。

ユニットとは?
ユニットとは複数のストラテジーを組み合わせたもので、いわばポートフォリそのものとなります。
ユニットに組み込まれるストラテジーは一定の基準を満たしたものから選定されているため、「ストラテジーを複数選ぶのが難しい!」「参考になるようなポートフォリオを見たい!」といった場合にご活用ください。


「50万円でシストレ24をスタートする際に最初どのようなポートフォリオを作っていいか分からない」
というお客様のご要望が多々あったことから、ユニットという考え方を提案させていただきました。
しかしながら、シストレ24の当社が提案している取引方法は「選ぶ」「チェックする」「入れ替える」と表現しておりますように、原則はあくまでご自分が監督となり一つ一つのストラテジーを探し、組み合わせてポートフォリオ運用を行うというものです。
ユニットはあくまで参考となるポートフォリオとなりますので、その後のポートフォリオのチェックはお客様ご自身で行っていただく必要があります。

ユニットの構成について<証拠金目安>
証拠金に余裕をもった運用をしていただくため、ユニットはできる限り、ユニット登録時点の各ストラテジーの推奨証拠金の合計が資金目安を上回らないように設計しています(但しその後の経過によってはこの合計が目安を超えることもあります)。
ポートフォリオを組むことでリスクリターンが相殺され、推奨証拠金の算出のもととなる最大ドローダウンも低下することが一般的ですが、ポートフォリオが今後も100%リスクを相殺することは保証できないため、純粋に各ストラテジーの推奨証拠金の合計を採用しています。
これによってより安全な証拠金でのお取引を提案をさせていただいております。
当社の推奨証拠金は最大ドローダウン(ストラテジーが過去実績で出したことのある最大利益と最大損失の差異)をリスクと捉えその2倍+必要証拠金としております。詳しい算出方法はこちらをご覧ください

ユニットに採用するストラテジー条件
ユニットは初めての方に参考となるポートフォリオ作りを目的に作成されているため、できる限り低リスクになるように設計しています。
そのためユニットに採用するストラテジーは下記の条件を設けております。
・登録から1年以上 かつ 稼働開始からの取引回数が100回以上
・コツコツドカンステータスのついているストラテジーを除く
コツコツドカンステータスとは:「平均利益」よりも「平均損失」が2倍以上高く 且つ「平均損失」が150pipsを超えるストラテジー
※過去1年間のデータで比較しています。
※取引回数10回未満のストラテジーを除く。
※損失が出ていないストラテジーを除く。

ユニットはどのように組んでいるのか?
ユニットは上記のストラテジー条件に当てはまるストラテジーの中から、合計の推奨証拠金が資金目安を下回るように設計しています。 それぞれのユニットはそれぞれの考え方で作成されています。
詳細につきましてはユニットをクリックすると表示されるユニットカードに記載しています。

ユニット選択時のリスク、注意点
ユニットは各ストラテジーを合算した累積損益及び曲線を表示しています。
登録時点においてはそのユニットの累積曲線は右肩上がりになっているものもあるかもしれませんが、これは登録時点において低リスクで良いリターンを出しているストラテジーから構成されているケースに良く見受けられます。
しかし、そのまま継続して右肩上がりになる保証は当然ながらありません。
ユニットを選択する際にはユニットとして登録された時期も考慮し、ストラテジーの選択同様に登録されて日の浅いユニットを選択する際には定期的にチェックをされることをお勧めいたします。
ストラテジー同様にユニット登録されて日が長く、しかも継続的に利益を出しているようなものは中長期で運用できる信頼性は高く、日の浅いものはやはり定期的にチェックをするということを心がけていただきますようお願いいたします。


ライター

記事の一覧