現地レポート
フローレンスが運営している『障害児保育園ヘレン』を訪問しました

こんにちは。「インヴァストミッションプロジェクト」推進チームです。
「ミッションプロジェクト」は、みなさんのトレードが取引量に応じてポイント化され、
そのポイントによりさまざまな社会貢献活動を行っている認定NPO法人を支援できるというプロジェクト。
ご支援いただくと、みなさんにも税制優遇などのサポートが受けられる場合もありますので、ぜひご参加いただければと思います。

さて、今回は「認定NPO法人 フローレンス」さんが運営している「障害児保育園ヘレン」を訪問してきました。

フローレンスさんは、「みんなで子どもたちを抱きしめ、子育てとともに何でも挑戦でき、いろんな家族の笑顔があふれる社会」をテーマに、子どもを取り巻くさまざまな問題に取り組むNPO法人です。
今回は、障害児保育事業部・マネージャーの森下さんに、「障害児保育」とはどのようなものなのか?「フローレンス」とはそもそもどんな団体なのか?お話をうかがってきました。

医療的ケアが必要な子どもとは?

フローレンス森下さん写真
障害児保育事業部・マネージャーの森下さまにお話を伺いました

今回お邪魔した「障害児保育園ヘレン」さんは、その名の通り医療的ケアの必要なお子さんや重症心身障害児の長時間保育を日本で初めて実現した保育園です。
対象となる園児さんは、「杉並区および近隣区にお住まいの、重症心身障害のある、または医療的ケアの必要な1歳~未就学のお子さん」となっています。
「具体的には、医療デバイスを常に身に付けているお子さんが対象です。たとえば気管切開をして喉に穴をあけているお子さん、口からご飯を食べられないため直接胃に栄養を送る必要のあるお子さん、自分でおしっこが出来ないため導尿(管を差して外へ出すこと)処置が必要なお子さんなどです」

森下さんいわく、そういった医療行為は、基本的に医師または看護師、もしくは家族しかできないため、医師などが常駐していない一般的な保育園では受け入れが難しいそうです。医師の代わりに親御さんがつきっきりでケアができれば解決はできますが、そうなると親御さんは必然的に働くことが難しくなります。
「子どもは誰しも保育を受ける権利をもっています。一方で、親御さんにも働きたいという希望がある。それを両立するために立ち上げたのが『ヘレン』です」
ヘレンに入園したお子さんの中には、症状が回復して、一般の保育園に移ることができた子もいるそうです。「具体的な理由は不明ですが、やはり家の中で寝たきりでじっとしているよりも、同年齢のお子さんたちと触れ合うことで、切磋琢磨する気持ちが生まれ、結果的に症状が回復していくのかもしれません」

障害児保育の実現に必要なこと

ヘレン画像
子どもたちの可愛らしい手形が迎えてくれました

現在、「ヘレン」は都内に2カ所あり、併せて10名の重症心身障害をもったお子さんと、10名の医療的ケアが必要なお子さんが通っています。都内23区には、約1,000名の未就学の重要心身障害児がおり、そのうちの3割、つまり300名ほどが保育を希望していると言われています。それを考えると、まだまだヘレンのような施設は足りていないのが現状です。
「ヘレンを増やしていく上での課題は大きく2つです。ひとつは人材。ほぼマンツーマンに近いケアが必要になりますので、スタッフの人数も一般的な保育園よりも必要になります。また通常の保育士資格のほかに、看護士の資格も持った方が、複数名常駐していなければなりません」

森下さんによると、看護士資格を持った現場スタッフの多くが、もともとは看護士として働いていて、小児医療の現場などで命を救ってきた子どもたちが、退院後にどのようにして社会で生活をしていくのかを見届けたい、といった熱い志をもった方が多いそうです。
「もうひとつの課題は、場所です。最近は一般の保育園でも建設問題がニュースで話題になりますが、『重症心身障害児』となるとさらにハードルが高くなります」

幅広い子どもの支援

フローレンスさんは「障害児保育」の分野のほかにも、法人立ち上げのきっかけにもなった「病児保育事業」、そして「小規模保育事業」、「コミュニティ創出事業」、さらには「赤ちゃん縁組事業」などを展開しています。

  • 病児保育事業:風邪などで保育園に行けないお子さんを、親御さんの代わりに保育するというサービス
  • 障害児保育事業:医療的ケアが必要なお子さんを対象とした保育サービス。保育園型と訪問型がある
  • 小規模保育事業:ビルの空き部屋などを利用して小規模で展開する保育園。2015年4月には「小規模認可保育所」として国の認可事業となった
  • コミュニティ創出事業:核家族化により「孤育て」環境にある人たちをサポートする
  • 赤ちゃん縁組事業:望まない妊娠に悩む女性のサポートなどをはじめ、育てることが難しい赤ちゃんを、子どもを望んでいる夫婦に託す

フローレンスさんは、これらの事業に対して現場サポートを行いながら、一方で法改正などを働きかけるロビー活動も行っています。
「現場とバックオフィス、両輪で回すからこそ生まれる説得力があると考えています」
 森下さんの言葉の通り、現場を整えた上で、国や公的機関の視察を受け入れることで、「小規模保育園事業」は国の認可事業となりました。
この「両輪」がフローレンスさんの特徴であり、強みと言えます。実際、フローレンスさんはこれらの事業をきちんと収益化することにも成功しています。しかし、冒頭の障害児保育事業をはじめまだまだ数が足りておらず、今後もますますニーズが広がっていくことを勘案すると、さらなる拡大は必須課題です。

身近な支援が自分たちの問題解決につながる!

説明を伺う当社代表川路とスタッフ

共働き家庭増加や核家族化などが進む中で、子どもを取り巻く環境はより個別化し複雑になっています。この問題に幅広い事業活動でサポートしているのが、「認定NPO法人 フローレンス」さんです。
インヴァスト証券のユーザーさんは、仕事をしながらトレードをしている方も多くいらっしゃるようです。みなさんの中にも、同様の問題に直面している方も多いのではないでしょうか? 彼らの活動を支援することが、みなさんの問題解決の一歩につながるかもしれません。

インヴァストミッションプロジェクトの社会貢献ポイントによるご支援は、そんな彼らを応援するためにできる、身近な一歩のひとつです。ぜひホームページやプロジェクトページをご覧いただき、ご支援をいただけますようお願致します。

活動団体一覧へ戻る

page top