認定NPO法人Teach For Japan

1.情熱とポテンシャルのある教師(フェロー)の採用、2.フェロー研修・支援活動

団体ページはこちらから

子ども

教育

認定NPO法人Teach For Japan

寄付金総額
支援人数

Data

設立
2010年9月
代表者
松田悠介
所在地
東京都港区新橋
Facebook
https://www.facebook.com/TeachForJapan/

ミッションやビジョン、具体的な取り組みについて教えてください!

公教育現場に志熱い教師を増やしたい

私たちTeach For Japan は、日本の全ての子どもが素晴らしい教育の機会を得ることができ、生まれた地域、家庭の経済的状況などの違いにかかわらず、その潜在的な可能性を最大限活かすことのできる社会の実現をビジョンとして活動しています。
このビジョンを実現するため、次世代の日本社会を担う、熱い情熱と優れた才能とを兼ね備えた人材を選抜・育成し、各自治体とのコミュニケーションのもと、課題感のある公立小中学校へと送り出します。
学校に派遣された教師(フェロー)は、まずは、一教師として教室の子どもたちの学力や学習意欲、自己肯定感の向上を実現します。
そして、その影響を一つの教室だけに留めることなく、赴任する学校や地域全体に拡げていくことをめざします。
さらには、そうした好事例を多くの学校や地域で積み重ねていくことで、日本全体の教育の質を高めていきたいと考えています。

寄付金の利用先、1.情熱とポテンシャルのある教師(フェロー)の採用と、2.フェロー研修・支援活動について教えていただいてもよろしいでしょうか

1.情熱とポテンシャルのある教師(フェロー)の採用、および2.フェローが現場で成果を発揮するための研修・赴任中サポート。この2つは私たちのプログラムの根幹です。
皆さんご支援いただいく寄付金は、これらの活動費に充てさせていただきます。

インヴァスト証券のお客さまから寄せられた寄付金の使途を具体的に教えていただいてもよろしいでしょうか

私たちの活動は、フェローがいかに子ども達と向き合い、他の先生方や保護者の方を巻き込んでより良くしていくかがとても大切な要素になります。
いただいた寄付金は、教育的指導の専門家の方をはじめ、英語教育の実践家、リーダーシップ、ICTなどの講師をお呼びするための研修費、また全国にいる日本の教育をより良くしていきたいと考える若者と出会うための採用活動費に充てさせていただきます。
採用費用としては、主にリクルーティングサイトの作成、イベント運営費、リクルーターの人件費などに活用させていただきます。ICTやシステムではなく、人でしか変化を起こせないことがあると信じています。

団体設立のきっかけや背景をお聞かせください。

すべての子どもが成長できる教室

代表の松田がTeach For Japanを立ち上げたきっかけは2つあります。
中学時代の恩師との出会い、そしてTeach For Americaとの出会いです。
中学生時代にいじめられっ子で悔しい思いをしていた松田に対し、当時の体育教師が松田と真剣に向き合ってくれました。
いじめられている原因を考え抜き、解決方法を実践している内にいじめがなくなり、さらには松田の人生が変わりました。
このことから、自分もこのような教師になりたいと思うと同時に、一人でも多く、このような情熱の持った先生たちを増やしたいと思うようになりました。
その後、体育教師になった松田は、学校現場で様々な課題に直面し解決策を試みるものの己の力不足を痛感し、学校を離れ色々な勉強をしようと決断。そしてハーバードへ留学中に、Teach For Americaと出会いました。

目の前の子どもと徹底的に、真剣に、情熱を持って向き合っているTeach For Americaのフェロー達と出会い、このモデルが日本にもたらされれば、きっと日本に大きなインパクトをもたらすことを確信し、日本でこのモデルを実現しようと決意しました。

実際に働いていらっしゃる方々にはどのような方がいらっしゃるのでしょうか。

かけがえのない子どもたちと過ごす濃密な2年間

Teach For Japan全体の組織運営を行う最高経営責任者、松田をはじめした研修開発・教師支援マネージャーがおります。
研修開発・教師支援マネージャーは、フェロー赴任前研修の開発および実施、フェロー赴任後の継続的なサポート等を行っています。
その中には、企業にて採用・研修・企画や、社内外の研修インストラクターとして活動していた者や、大手 IT 企業の社長室秘書課・事業企画推進室に勤務後、個別指導塾にて7年間教室長業務を勤めた者なども一緒に働いております。

このサイトをご覧いただいている皆さまへのメッセージをいただいてもよろしいでしょうか。

一人の先生によって、その子どもの人生が大きく変わっていく。これは皆さんにとっても想像が難しいことではないと思います。
あまり知られてはいませんが、日本にも「教育格差」というものが存在し、十分に学ぶ環境が整っていない子ども、
また将来のキャリアについての情報が限りなく狭まってしまっている子どももいます。・br>」 そういった状況の中、家庭や地域以外で子どもの可能性を拡げていく出来るのは、情熱的で真正面から向き合ってくれる教師の存在であると確信しています。
私たちはこのプログラムを展開していくことで、生まれや育った環境にかかわらず、日本のすべての子どもに素晴らしい教育を受ける機会をつくり、
子どもたちの可能性を最大化したい。そしてワクワクする未来を力強く歩んでいってほしいと願い、日々活動を続けています。
皆さんのご支援のお気持ちを一つ一つの教室に、そして一人一人の子どもに届けるのが私たちの役割だと感じています。
こうしたご支援を通じて一人でも多くの人に、一緒に日本の教育をより良くしていく仲間になって欲しいと思っています。

page top