HOME >くりっく365>システムレポート

システムレポート

2017年4月10日

一部の注文において注文状況の表示が不正となる事象

現象

4/10のプレオープンから翌日午前2時ごろまで、一部の注文において、注文状況の表示が不正となる事象が発生しました。
これによるお客様への影響は下記のとおりです。

  • 取引所において有効な注文にもかかわらず、 お客様の取引画面の注文状況には「注文中」「取消中」という処理中を意味する表示がされていました。
  • 取引所において約定済にもかかわらず、お客様の取引画面の注文状況には「注文中」「取消中」 という処理中を意味する表示がされていました。
  • 取引所において取消済にもかかわらず、お客様の取引画面の注文状況には「取消中」という処理中を意味する表示がされていました。

原因

4/10プレオープン時の繰越発注の際に発生した不具合により、取引所からの返答を正常に処理できなかったものです。

対応

4/11午前2時ごろまでに注文ステータスの表示不正は解消いたしました。根本対策を4/29に実施いたしました。

2014年2月6日

トレードツールへのログイン停止および操作不能

現象

2014年2月6日(木)の16時00分頃から16時19分頃の間、トレードツールにログインおよび操作ができませんでした。

原因

当社にてシステムに高負荷がかかるオペレーションが複数回行われたためです。

対応

当該オペレーションを複数回行っても取引画面に影響がでないようシステム改修を行いました。

2011年12月26日

トレードツールへのログイン停止

現象

12月26日(月)の13時13分から13時22分の間、トレードツールにログインできませんでした。

原因

2種類あるネットワーク機器の切り替えが頻繁に発生し、データベースサーバのリソースを圧迫する事象が発生したため、ネットワーク機器を片方のみに切り替える作業を行いました。 しかしながら、切り替えが行われず、それによりトレードツールへのアクセスができなくなったため、ログインが停止いたしました。 ネットワーク機器の故障と配線が誤っていたことが障害が発生した直接の原因となります。

対応

故障していたネットワーク機器の交換を行うとともに、設定を正しく行いました。今後このようなミスが発生しないよう再発防止策も含め検討を行っております。

2011年7月5日

一部通貨ペアの取引停止

現象

東京金融取引所より、本障害に関しての報告がありましたので、お知らせいたします。

2011年7月5日(火)午後9時1分から午後10時まで、東京金融取引所において障害が発生し、下記通貨ペアの取引が停止いたしました。
【取引が停止した通貨ペア】
ユーロ/円・スイスフラン/円・NZドル/円・英ポンド/スイスフラン・米ドル/スイスフラン・ユーロ/スイスフラン

原因

当該通貨ペアを処理するサーバにおいて、ハードウェア障害(機器の故障)が発生したため。

対応

ハードウェア障害の発生したサーバを、障害発生時に使用するスタンバイ機に切替え、21 時50 分に注文受付を再開し、22 時から取引を再開しました。

2011年3月22日

ログイン停止

現象

2011年3月22日(火)午前9時33分から午前10時1分の間、トレードツールへのログインができなくなりました。

原因

ブ業務手順の誤りによりサーバに高い負荷がかかり、同サーバで行っているお客様の取引の処理が行われず、トレードツールへのログインができなくなったため。

対応

緊急対応としてサーバに負荷がかかる処理を強制的に停止し、再度処理を行えるようにいたしました。 早急に負荷がかかる処理が実行されないよう改修を行なうとともに、サーバでの処理の区分、負荷分散の方法等、恒久的な対応を検討し、実施いたします。 具体的な対応は決まり次第改めてお知らせいたします。

2010年8月19日

ブラウザ版チャートの起動による為替ボードの更新停止

現象

一部のブラウザでブラウザ版チャートを起動すると為替ボードの更新が停止する事象が発生しました。

原因

ブラウザ版チャートを起動するプログラムに不具合があったため。

対応

プログラムの修正を8月28日(土)に実施いたします。

2010年8月2日

リッチクライアント版トレードツールの一部ログイン停止

現象

7月31日(土)17時30分から8月2日(月)21時10分頃まで、一部のお客様のリッチクライアント版トレードツールにおいて、ログインボタンが表示されない、 または、ログインボタンを押すと「パラメーターの設定が間違っております」と表示され、ログインできませんでした。

原因

8月2日(月)からのレバレッジ選択機能等のリリース作業において、本来トレードツールに必要なソフトウェアではないにもかかわらず、 「Microsoft .NET Framework Version 2.0」がインストールされていない場合にはリッチクライアント版トレードツールが正常に起動しないようにする誤ったプログラム設定を、 開発ベンダー側が行ったため。

対応

開発ベンダー側で原因の特定に時間を要しましたが、ようやく現象が「Microsoft .NET Framework Version 2.0」がインストールされていない場合に発生することが判明し、 緊急対応として、8月2日(月)17時10分にお客様に「Microsoft .NET Framework Version 2.0」のインストールをご案内しました。 その後、8月2日(月)21時10分にプログラムの修正を行い、「Microsoft .NET Framework Version 2.0」をインストールすることなく今回の現象を解消することが可能となりました。 なお、開発ベンダーに厳重に抗議するとともに、再発防止のための運用体制等の見直しを要請いたしました。

2010年5月10日

ログインおよびプレオープン停止

現象

通常月曜日は6時10分よりプレオープンとなりますが、5月10日(月)は6時10分になってもログインすることができず、プレオープンを開始することができませんでした。 なお、7時10分より、取引開始およびログイン可能となりました。

原因

5月7日(金)に発生した障害の対応のため、5月9日(日)6時から5月10日(月)4時まで、臨時のシステムメンテナンスを行いましたが、 予定どおりにシステムメンテナンスを終了することができず、取引開始となる7時10分までログインすることができませんでした。

2010年5月7日

ログイン、レート配信停止および一部注文等の異常処理

現象

5月7日(金)23時01分から23時28分頃までの27分間、東京金融取引所とのデータ送信が正常に行われず、一時的にログインおよびレート配信の停止が発生し 一部のお客様のご注文や入金指示が処理中のままとなり、正常にお取引画面に反映されませんでした。なお、5月10日(月)22時30分頃に当該注文等をお客様のお取引画面に反映いたしました。

原因

為替相場の急変動により、取引所からのレート配信のデータ量が急増し、取引所との接続処理を行うソフトウェアに必要なメモリが不足し、正常な処理が行えなくなったため。

対応

当該ソフトウェアを再起動することによりメモリ不足が解消し、正常な処理が行えるようになりました。 なお、メモリ不足の対応として、5月10日(月)の取引開始前にメモリを従来の4倍に大幅に増強しました。お客様にはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

2010年5月7日

メール配信遅延

現象

5月7日(金)4時20分頃から15時40分頃までの間、約定通知やアラート・ロスカット等のメール配信が、最大3~4時間程度遅延いたしました。

原因

5月7日(金)3時頃から4時頃にかけて為替相場が急変動したことにより、ロスカットメール等大量のメールが配信され、メールサーバに高負荷がかかったためと考えられます。 詳細な原因は調査中となりますので、判明次第お知らせいたします。

対応

詳細な原因が判明次第、具体的な対応策を検討、実施いたします。 お客様にはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

2010年3月6日

口座開設申込停止および「Myページ」ログイン停止

現象

3月6日(土)の7時40分から7日(日)の3時10分までの19時間30分の間、口座開設申込が不可となりました。また、3月6日(土)の12時10分から7日(日)の3時10分までの15時間、「Myページ」へのログインが停止いたしました。

原因

3月6日(土)の7時40分に社内サーバ移設作業を実施した際に、「口座開設申込受付完了メール」配信サーバが停止したことにより、 お客様の登録情報をデータベースに書き込むことができなくなり、口座開設申込が不可となりました。 そのため、12時10分に口座開設申込の受付および「Myページ」へのログインを停止いたしました。

対応

3月7日(日)の3時10分、社内サーバの移設作業終了後、正常に動作することを確認し、口座開設申込の受付および「Myページ」へのログインを再開いたしました。 社内作業実施の際の業務フローを見直し、今後このようなことがないよう徹底いたします。お客様にはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

2010年2月1日

「Myページ」初期パスワード発行画面の初期パスワード発行停止

現象

2月1日のお知らせでは「一部のお客様がログインができない」と掲載しておりましたが、その後の調査により、発生していた現象は下記であることが判明いたしました。

午後4時30分頃から午後10時10分頃まで、一部のお客様において、「Myページ」初期パスワード発行画面で登録情報を正しく入力しているにもかかわらず、初期パスワードが発行されませんでした。

原因

一部のお客様において、登録情報の弊社側での登録ミスにより、本人認証が正しく行われなかったため。

対応

弊社側で正しい登録情報に修正することにより、認証が正常に行われるようになりました。

2009年11月27日

モバイルトレードのログイン停止

現象

11月27日(金)の8時39分から8時55分までの16分間、モバイルトレードのログインが停止いたしました。

原因

取引やアクセスの増加によりモバイルトレード用アプリケーションのメモリ使用量が上限を超過し、モバイルサーバが停止したため。当日、サーバの再起動により復旧いたしました。

対応

27日(金)の午前中に、アプリケーションのメモリ使用量の上限を従来比3倍に引き上げました。

2009年11月26日

モバイルトレードのログイン停止

現象

11月26日(木)の12時56分から13時15分までの19分間、モバイルトレードのログインが停止いたしました。

原因

取引やアクセスの増加によりモバイルトレード用アプリケーションのメモリ使用量が上限を超過し、モバイルサーバが停止したため。

対応

27日(金)の午前中に、アプリケーションのメモリ使用量の上限を従来比3倍に引き上げました。

2009年11月23日

繰越注文の一部発注停止

現象

11月23日(月)の取引開始時に発注されるべき繰越注文のごく一部が発注されず、11月24日(火)の取引開始時に発注されました。

原因

全ての繰越注文の発注が終了する前に、取引所との接続が取引所側から切断されたため。

対応

取引所に対し注文受付時の接続が切断されないよう要請すると同時に、当社においても繰越注文の未発注が残っていないかどうかをチェックするためのシステムを追加で導入いたします。

2009年11月19日

ロスカット処理遅延

現象

午前11時17分から午後8時51分までの間、ごく一部のお客様においてロスカット処理が行われませんでした。

原因

アプリケーションサーバの1台とデータベースサーバの接続に不具合(セッションロック)が発生し、アプリケーションサーバでのロスカット処理が停止したため。

対応

不具合が発生している接続を強制終了させ、ロスカット処理を再開いたしました。 なお、原因の詳細および対応につきましては現在調査中です。 11月19日現在、ロスカット処理停止等の早期発見の監視強化および自動回復を整備しましたので、今後、万一当現象が発生した場合には、自動回復を実施します。

2009年11月3日

ログイン停止

現象

日次処理中にシステム障害が発生し、ログインしづらい状況が午前7時20分から発生いたしました。また、障害復旧のため9時から9時14分までログインを規制いたしました。

原因

取引データが登録されるデータベースの処理能力を向上させるための最適化が不十分で、当該データベースを参照する処理に高負荷がかかったため。

10月19日(月)午前2時52分以降、問題が発生したWebサーバへのお客様の接続がなかったために、当該Webサーバのアプリケーションが自動的に停止し、その後、お客様の接続があった午前5時38分にアプリケーションの自動再起動が行われ、復旧いたしました。

対応

高負荷のかかったデータベースサーバの最適化を行いました。なお、今回の障害につきましては11月2日(月)の取引終了後にデータベースの最適化を実施しなかったことが原因であり、 今後は週末のシステムメンテナンス時に定期的に最適化を実施いたします。

2009年10月18日

ログイン停止

現象

通常、日曜日午後6時からログイン可能となりますが、10月18日(日)の午後6時から19日(月)午前2時52分まで、一部のお客様がログイン出来ませんでした。

原因

6台あるWebサーバのうちの1台のアプリケーションで、データベースサーバとの接続エラーが発生し、そのサーバに接続されたお客様がログインできませんでした(ログインできなかったお客様も、ブラウザの再起動後再度ログインを行うと、正常に稼動しているWebサーバに接続され、ログイン可能となる場合もありました)。

10月19日(月)午前2時52分以降、問題が発生したWebサーバへのお客様の接続がなかったために、当該Webサーバのアプリケーションが自動的に停止し、その後、お客様の接続があった午前5時38分にアプリケーションの自動再起動が行われ、復旧いたしました。

対応

今回の障害は、データベースサーバとの接続エラーが発生した際に、再接続が行われなかったために発生しました。11月2日からの新システムでは、自動的に再接続が行われるため、今回と同様の障害は発生いたしません。

2009年9月17日

ホームページの閲覧停止

現象

午前4時15分頃から午前7時15分頃まで、当社ホームページの一部のページが閲覧しにくい状況となりました。

原因

広告測定のためのASPサービスにおいて、不具合が発生したため。

対応

ASPサービスを使用するためのプログラムを削除することにより、ページが閲覧可能となりました。 また、ASPサービスの提供元である広告代理店に厳重に抗議するとともに、再発防止のための運用体制等の見直しを要請いたしました。

2009年7月31日

申込み、問合せフォーム等の機能停止

現象

午前6時24分から午前11時31分まで申込み、問合せフォーム等の機能が停止いたしました。

原因

上記機能を提供しているASPサービスのサーバ障害により、データベースへの接続ができなくなったため。

対応

ASP提供会社によるサーバの切り替えを実施いたしました。 また、ASP提供会社より障害の監視体制の見直しによる復旧の迅速化とサーバの設定を見直す旨の報告を受けております。

2009年7月20日

ブラウザ版「e-profit FX」の相場表不正表示

現象

7月20日(月)午前7時10分頃から7月21日(火)午後1時10分頃までブラウザ版「e-prfit FX」の相場表画面において、 最新のデータ(正常な状態)と7月17日(金)取引終了時(7月18日午前5時)のデータが交互に表示されていました。 また、7月20日(月)午前7時10分頃から7月21日(火)午前8時30分頃まで、携帯サイトで提供している為替レート(2分遅れ)の価格更新が停止いたしました。

原因

情報配信元会社において、週末に実施した保守作業の際に、価格データ作成のためのプログラムを停止いたしましたが、保守作業終了後に再起動が正常に行われませんでした。

対応

今後このようなことがないよう、情報配信元会社に厳重に抗議するとともに、再発防止のための保守作業の際の業務フローの見直しを要請いたしました。

2009年5月26日

お取引開始時刻の遅延および出金処理の停止

現象

午前6時55分からのお取引開始が、午前8時11分からとなり76分遅延いたしました。 また、お客様への出金処理も停止いたしました。

原因

日次処理中に、東京金融取引所に接続し、入出金等のデータの通信を行っておりますが、5月26日は、通常接続が可能となる時間帯に、取引所との接続を開始することができませんでした。 そのため、日次処理を正常に終了することができず。お取引開始時刻が遅延いたしました。 また、出金指示のデータを取引所に送信することができなかったため、お客様への出金処理が停止いたしました。

対応

同等の処理能力をもつスタンバイ機サーバにより、取引所への再接続を実施いたしました。その結果、取引所との接続が可能となり、お取引を開始いたしました。 また、取引所との接続開始時間の見直しを行い、5月27日より、接続開始時間を変更しております。

2009年4月22日

お取引開始時刻の遅延および出金処理の停止

現象

お取引開始時刻の遅延および出金処理の停止

原因

日次処理中に東京金融取引所との接続が切断されたたため。詳細については現在調査中ですので、分かり次第ご報告いたします。

対応

一時的に注文を規制し、同等の処理能力をもつスタンバイ機サーバによる東京金融取引所への再接続を実施しております。

2009年3月17日

レート表示の停止

現象

午後4時26分から午後4時38分までの12分間、および午後5時20分から午後5時27分までの7分間、レート表示が停止いたしました。

原因

Webサーバのうちの1台において、OSのソフトウェアに不具合が発生したため、レート配信を行うプロセスが停止いたしました。

対応

当該Webサーバのレート配信を行うプロセスを再起動し、一時的に復旧いたしましたが、再度停止したため、障害の原因となったプロセスを切り離すことにより復旧いたしました。

2009年3月9日

お取引開始時刻の遅延

現象

通常午前6時10分からとなっているプレオープンを開始することができず、通常午前7時10分からとなっているお取引開始が、午前7時22分からとなり12分遅延いたしました。 また、プレオープンを開始することができなかったため、有効期限が無期限で発注されていた注文が、プレオープン時間中に取引所に発注されませんでした。

原因

3月9日からのサマータイム期間移行に伴う設定作業を行うために、システムベンダー側で当社と取引所間の通信接続を3月7日に切断いたしましたが、 3月9日の取引開始前の再接続が正常に行われませんでした。

対応

当社と取引所間の通信の再接続を、システムベンダー側で手動で行うことにより復旧いたしました。また、通信切断・再接続の際の業務フローを見直し、見直し後の業務フロー通りの履行を徹底するよう確認いたしました。

2009年1月29日

レート配信停止

現象

午前9時58分から午前10時23分までの25分間、レート表示が停止いたしました。

原因

只今調査しております。詳細が分かり次第、お知らせいたします。

対応

原因の詳細は現在調査中となりますので、分かり次第ホームページ等でご連絡いたします。