経営からのご挨拶

ご挨拶

「誠実であることがインヴァスト証券の最も大切な価値観であり、文化です。」

いつもインヴァスト証券をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。全役職員を代表し、心より御礼を申し上げます。

私達、インヴァスト証券は、地銀傘下の伝統的な対面証券からスタートし、その後、ベンチャー企業の新規株式上場(IPO)主幹事なども務める総合証券へと変化、2006年にはジャスダック証券取引所に上場させて頂きました。その後、対面証券事業からの撤退に伴い、外国為替証拠金取引(FX)を中心とするデリバティブ取引をご提供するインターネット証券会社へと変化して参りました。2013年には豪州シドニーに初の海外子会社を設立し、金融デリバティブ事業の海外展開も開始しました。

私達は、投資家の皆様に「誠実」な金融サービスをご提供し、常にお客様の立場で物事を考え、お客様に「驚きと感動」を感じていただけるようなサービスを提供することを目指しております。「お客様に『驚きと感動』を感じていただけるようなサービス」とは、「お客様のご期待を上回る」サービスだと考え、より創造的に、より気の利いたサービスを提供するためにはどうしたらよいか、お客様の立場に身を置いて物事を考え、感じ、日々お客様の声に耳を傾け、改善し、進化し続けることを目指して来ました。

そんな私達は、更に大きな存在意義を掲げ、もっと高い目標を目指す決意を込めて、2016年7月より、新しいミッション(存在意義)、ビジョン(目指す姿)、バリュー(ビジョン達成の為に求められる行動様式・文化)を定めました。ミッション、ビジョン、バリューに代表される、企業の基本的な価値観や文化は、企業の意思決定に影響を与え、企業の品格を表します。私達は今後とも、最も大切にする価値観「誠実」をすべての行動の基本とし、お客様に安心、感動、幸せを感じていただけるようなサービス/ソリューションの提供に努めてまいりますので、より一層のご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

インヴァスト証券のミッション、ビジョン、バリュー

代表取締役社長
川路 猛

代表取締役社長 川路猛

ミッション・ビジョン・バリュー

ミッション・ビジョン・バリュー

グローバル展開への取り組み

私達は、ビジョンの実現に向けてグローバル展開を加速させていきます。

インヴァスト証券のビジョンは、「世界中から優秀な人材が集まり、その中でも最高の人材で形成された経営チームが主体となり、絶えず自ら進化・変化し、新しい付加価値を提供し続けることが出来る会社、ビジョナリーカンパニーになること」です。その為には、全世界で事業を営む会社になる必要があり、世界中の経済界で尊敬を集める企業になる必要があります。

私達は、ビジョンに向けた第一歩として、2012年2月にオーストラリア、シドニーに子会社を設立し、グローバル展開を始めました。

シドニーの子会社、Invast Financial Services Pty Ltd.(以下、IFSと呼びます)は、私達のグローバル展開第一歩ですから、現地の役員や幹部、スタッフの採用は原則、現地で行う事とし、日本からは1名の役員が赴任するに留めています。やはり、世界中から優秀な人材が集まる会社になる為には、実際に世界中から優秀な人材を集める必要があり、また、優秀な人材が魅力を感じる会社にして行かねばならない、そう考えております。

IFSの本社は、シドニーを代表するオペラハウスやハーバーブリッジが一望出来る高層ビルの37階に位置し、現在、20名強のプロフェッショナル人材が11カ国以上のお客様に対してサービスのご提供を行っています。

IFSの画像

IFS役員プロフィール

  • Gavin White

    Gavin White

    Chief Executive Officer

  • Yuichiro Omura

    Yuichiro Omura

    Chief Financial Officer

  • Jon Leung

    Jon Leung

    Chief Information Officer

IFSメディア掲載情報

会社概要

商号 Invast Fincancial Services Pty, Ltd.
本店所在地 Level 37, 1 Macquarie PlaceSydney NSW 2000
資本金 1,000万豪ドル
主な事業 金融サービス業

年頭のご挨拶

あけましておめでとうございます。

2016年、インヴァスト証券は投資家の皆様に、新たなご提案をさせて頂く予定です。それは、「株式投資」というジャンルにおいて、投資家の皆様に新しいメリットを享受して頂けるサービスを目指して準備しています。

投資家の皆様にご提供するメリットを一言で申しますと、
「世界で最も人気のある上場銘柄を、為替リスクなしで売買することが出来る」です。

全世界の株式市場の中心は間違いなくアメリカです。世界No.1企業は、ほとんどがアメリカ市場の上場企業であり、最も流動性が高い銘柄も、そういった世界No.1企業の上場株式であります。また、今、世界中で急成長しているETF(上場投資信託)は、投資信託やファンドラップに比べて革命的なローコストと、卓越した金融商品としての品質が評価されていますが、このETFの中心もアメリカ市場です。要は、「株を買う」なら、米国株・米国上場銘柄から選んだ方が、理にかなっています。現実は違いますが。

私達日本人は、経済的な成功によって世界中から様々な商品やサービスを購入できるようになりました。日本国内にいても、世界トップクラスの商品・サービスにアクセス出来るようになりました。しかし、未だに私達日本人の株式投資は、日本株が中心です。失われた20年、25年と言われて久しいですが、日本株が長期低迷していた時期も、投資対象は日本株であり続けました。アベノミクス以降、日経平均が大幅に上昇した際、株式投資家は活発に日本株を売買しましたが、ニューヨークダウ平均株価が史上最高値を連日更新していた際も、日本人投資家が米国株投資に本気になる事はありませんでした。

なぜでしょう?

アンケート調査結果を見ますと、日本人投資家が外国株投資を嫌う理由第一位は、為替リスクだとわかりました。iphoneは使っていても、アップルの株式を買いたくないのは、株価変動リスクに加えてドル円の為替リスクまで負いたくない、という事のようです。

そこでインヴァスト証券は、為替リスクを極限まで抑えた外国株投資サービスを、2つ開始します。元本は日本円のままで、世界の優良銘柄を売買出来るサービスです。詳細は随時発表して行きますので、ご興味のある方は是非、当社サイトなどをご覧ください。
[プレスリリース]インヴァスト証券、2016 年春 二種類の新しい海外投資サービスを開始

取引所FXくりっく365からスタートしたインヴァスト証券の進化・変化は、選択型自動売買のシストレ24、半自動売買/高速裁量取引のトライオートFXと続き、株式関連サービスへの再参入という形で2016年を迎えます。

2016年が皆さまにとって素晴らしい1年になります事、心よりお祈り申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

代表取締役社長
川路 猛



>経営からのご挨拶