ディーラーズ・バトル24

FXで必要な最新のマーケット情報を24時間配信中!リアルタイムのFXブログです。
24時間、FX取引に関する重要なイベント、情勢、市場変動などFXの「今」をブログでお届けしています。
FXについては「はじめてのFX」 をご覧ください。

RSS

昨晩の海外

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん

 昨晩の海外市場は、ドル買いが優勢。注目のイエレンFRB議長の講演では、「この数ヵ月で追加利上げ実施への説得力が増した」と発言も、9月利上げには不透明感との見方からドルが売られる局面もあったが、その後フィッシャーFRB副議長が、「議長の発言は、9月利上げの可能性と整合的」と述べたことから、一気にドル買いや円売りに傾いた。
 ドル円は100.91までショート・カバー後、100.06まで値を下げたが、その後大きく101.94まで買い戻された。またユーロドルが1.1181、ポンドドルが1.3122まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が114.14、ポンド円が133.88、オージー円が77.20、NZD円が74.02、カナダ円が78.41まで値を上げた。

クロス円

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん

ユーロ円が114.06、ポンド円が133.74、オージー円が77.20、NZD円が74.02、カナダ円が78.35まで値を上げた。
ただ、NYダウは100ドル超えの下落となっている。

NY午後

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん

ドル買いが優勢。ドル円は101.78まで上昇、ユーロドルが1.1202、ポンドドルが1.3133まで値を下げた。

 EURUSD

テーマ: 独り言

田向宏行

イエレン、フィッシャーの発言からFRBの9月利上げ期待が台頭の模様。
EURUSDは8/17の安値も下抜けており、8/16の安値は1.1175付近。
1.12には日足21SMAもあり、急落後の戻しがあっても、
下方向への動きになりやすそう。
株価も下げて、資金の流れが変わってきているかもしれない。
さて、今週はもうオシマイ。

NYダウは下落

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん

フィッシャーFRB副議長「次回8月分の雇用統計が、FOMCの行動に影響及ぼす」と発言。

9月来替えの思惑を高める形。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.120020にポイント。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は強気を保って上昇、
大枠で買いすぎに入ってきた。

 ドル買い

テーマ: 独り言

田向宏行

イエレン発言で上下した後は、ドル買いに傾いている模様。
ここ最近のFRB高官のタカ派発言や、
本日のイエレン議長の発言、
そしてチャートの変化を見ると、
当面ドルが買われる動きとなる可能性が出てきている模様。
まずはドル売りに傾いていた分、ドルが全面高となっている。

 EURUSD

テーマ: 独り言

田向宏行

EURUSDは本日8/23の高値を上抜けできなかったことで
下落の動きとなる可能性が高くなっていそう。
EURUSDの高値は8/18から8/23、8/26と切り下げ、
安値は8/22、8/24、そして本日と切り下げて
下方向への動きが明確と言えそう。
当面は日足ボリンジャー中心線(21SMA)の
1.1210が目標だが、来週はもっと下げるかも。

イエレンFRB議長

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん

「この数ヵ月で追加利上げ実施への説得力が増した」
「米経済は目標とする最大雇用と物価安定に近づいている」
「政策決定はデータがどれだけ見通しを裏付けるか次第」
「時とともに緩やかな利上げが適切と予想する」
「金融政策は経済混乱に対応必要で金利見通す能力は限られる」
「購入する金融資産の種類の拡大や物価目標などの検討も、ただ、今はそれらを活発に検討しているわけではない」
「金融危機後に導入した政策手段は、将来の景気悪化時にも有効となる」
「歴史的低金利下でも、金融政策は効果的に危機に対応できる」

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

上下ラインの間に挟まれた動き。
100われ と 101のせ~50に上下ライン。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は強気を保って上昇中、
1.13ミドルにポイント。

 EURUSD

テーマ: 独り言

田向宏行

EURUSDは、シングルペネトレーションの目標値に到達。
この上は、8/23の高値が次の目標ながら、
ここを上抜けできないなら、早めに利確した方が良さそう。
チャートはドル売りながら、8/23高値を越えられなければ
依然としてドルの方向性が弱いと考えた方が良さそう。

 イエレン発言

テーマ: 独り言

田向宏行

イエレン議長の発言は、若干タカ派的と捉えられてドル買い。
しかし、急激にドル買いに動いたものの続かず、
チャートの通り、ドルは売られる可能性がありそう。
発言内容をどう解釈するかで、多くの参加者が
様々なポジションをとっているものの
結局は、議長がハッキリ示すことはないので、
ドル売りになりやすそう。

 スケジュール

テーマ: 独り言

田向宏行

ここから来週のスケジュールを確認すると、
本日、イエレン議長講演
月曜日 英国休日
30日火曜日 水星逆行開始
9/1木曜日 米国新会計年度
いろんな意味で、変わり目なのかも。

 ドルの動き

テーマ: 独り言

田向宏行

イエレン講演を前に若干ドルが売られ気味。
既にNZDUSDはドル売りで、EURUSD、USDJPYも
ドル売りに傾いてきそう。
一方、GBPUSD、AUDUSDはポンドや豪ドルも売られやすく、
まだ動きにくい模様。
今夜はドルの動きが焦点ながら、
ヘッドラインで振り回されないように
見極めた方がよさそう。

 クロス円

テーマ: 独り言

田向宏行

この後23時からイエレン議長の講演。
当然ドルがメインで動くと思われ、
難しくなるのがクロス円。
ドルが大きく動いたり上下した場合、
クロス円はドル円と他のストレートで
振り回されやすく、手を出したくない。

クロス円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

欧州クロスが重い、
オセアニアは買い気。

ブラード米セントルイス連銀総裁

テーマ: 要人発言

Ryuz

FOMCの正常化計画は、再考する時期にある
生産性の低い現況に適した政策が望ましい
後の引き下げ視野に利上げするのは良くない

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限をブレイクしての動きから押し戻されての動きとなっています。バンドの上限からのかい離が大きくなってしまったことから、調整の動きが意識されています。バンドの下限が下落基調から上昇へと転じてしまっており、バンドの上下限中心線が上昇する流れとなっています。目先は大きな動きとなりにくく、上昇トレンドは維持されそうですが、調整を入れながらの動きとなるのではないでしょうか。

RCIで見ると、短期線は上昇してそろそろ高値圏に入ってきそうです。上昇の勢いが強いため、意外とあっさりと天井打ちといった動きになる可能性もありそうです。一方、中期線は高値圏での横ばいです。中長期的には下値の堅さが意識される動きです。短期線の動き次第ではありますが、仮に天井打ちとなっても底堅い動きが意識されやすく、押し目買い優勢の流れということができそうです。

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

 >  FXブログ ディーラーズ・バトル24