ディーラーズ・バトル24:テーマ【ファンダメンタルズ】

昨晩の海外

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

 金曜日の海外市場は、米11月非農業部門雇用者数が市場予想並、失業率が2007年8月以来の低水準となったが、賃金の伸びが鈍化したことで、一時ドル売りが強まるも、FOMCでの12月利上げシナリオに変化はなく、週末のイベントを控え、午後は小動きに終始した。。 
 ドル円は114.20から113.33まで一時下落後113円後半での推移、ユーロドルは1.0626から1.0681まで反発、ポンドドルは1.2738まで買い戻しが拡大した。
 クロス円では、ユーロ円が120.88まで下落後121.60まで反発、ポンド円が143.12から144.66まで上昇、オージー円が84.34から84.82、NZD円が80.63から81.27で推移、カナダ円は、良好なカナダ11月就業者数を受けて85.83まで上昇後85.34まで売りに押された。

クロス円

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

ユーロ円が120.88まで下落後121.60まで反発、ポンド円が143.12から144.51まで上昇、オージー円が84.34から84.81、NZD円が80.63から81.25、カナダ円は85.83まで上昇後85.34まで売りに押された。

NY午後

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

ドル売りも一服。
ドル円は114.20から113.33まで一時下落、
ユーロドルは1.0626から1.0681まで反発、ポンドドルは1.2690まで買い戻しが拡大した。


東京概況

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

東京市場の動向は、午前中は日経平均株価が200円以上下落したことで円買いが優勢となるも、米雇用統計の発表を控え巻き戻しとなったが、総じてみ揉み合いが続いた。
 ドル円は113.58から114.11まで反発、ユーロドルは、1.0690まで上昇した。
 ユーロ円が121.22から121.89、ポンド円が142.92から144.24まで上昇、オージー円が84.33、NZD円は80.60、カナダ円が85.43まで一時値を下げた。

昨晩の海外

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

 昨晩の海外市場は、原油高や堅調なNYダウ、米長期金利の上昇を受けたドル買いもイベントを控えて一服気味で終了した。
 ドル円は114.72まで再上昇後113.93まで売りに押され、ユーロドルは1.0585の安値から1.0669まで買い戻された。またポンドドルは、デービスEU離脱担当相が「可能な限り有利な単一市場へのアクセスを確保するために英国はEUへの拠出を検討する」と語ったことで、1.2696まで上昇後1.2561まで売りに押された。
 クロス円では、ユーロ円が121.66、ポンド円が145.20、オージー円が84.85、カナダ円が85.96まで一時上昇も、NZD円は、AUD/NZDの買いで80.66まで売りに押された。

本日の材料

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

09:30 (豪) 10月小売売上高 [前月比] (前回+0.6% 予想+0.3%)
15:45 (スイス) 7-9月期GDP [前期比] (前回+0.6%)
15:45 (スイス) 7-9月期GDP [前年比] (前回+2.0%)
18:00 (ノルウェー) 11月失業率 (前回2.8%)
18:30 (英) 11月建設業PMI (前回52.6 予想52.2)
19:00 (ユーロ圏) 10月生産者物価指数 [前年比] (前回-1.5%)
22:30 (米) 11月非農業部門雇用者数 (前回+16.1万人 予想+18.0万人)
22:30 (米) 11月失業率 (前回4.9% 予想4.9%)
22:30 (米) 11月平均時給 [前月比] (前回+0.4% 予想+0.2%)
22:30 (加) 11月就業者数 (前回+4.39万人 予想+0.00万人)
22:30 (加) 11月失業率 (前回7.0% 予想7.0%)
22:45 (米) ブレイナードFRB理事講演
03:00 (米) タルーロFRB理事講演
高島暦:「上放れ売り突っ込み買いの逆張り方針で駆け引きせよ」

12/4(日) 
イタリア「憲法改正の是非を問う国民投票」
オーストリア大統領選挙・決選投票

クロス円

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

ユーロ円が121.66、ポンド円が145.20、オージー円が84.85、カナダ円が85.96まで上昇も、NZD円は、AUD/NZDの買いで80.75まで売りに押された。

NY午後

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

ドル買いも一服。ドル円は114.72まで再上昇後114.28まで売りに押され、このレンジで上下、
ユーロドルは1.0585の安値から1.0647まで買い戻された。またポンドドルは1.2696まで上昇後1.2570まで売りに押された。

オージードルは0.7370から0.7413で推移、NZDドルが0.7044まで売りに押され、ドルカナダは1.3316まで下落した。

東京午後

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

 東京午後は、円売り、株高にに調整が強まる形。特別な材料は出ていないが、OPECの総会での決定を受けた材料出尽くし感のようだ。
 ドル円は114.83まで上昇後113.88まで下落、ユーロ円が121.56から120.85、ポンド円が143.71から142.65、オージー円が84.82から84.43、NZD円が81.26から80.81、カナダ円が85.48から85.02まで売りに押された。

昨晩の海外

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

 昨晩の海外市場は、良好な米11月ADP全国雇用者数や11月シカゴ購買部協会景気指数、OPEC総会で、日量120万バレルの減産が合意されたことで、原油価格が上昇、NYダウが堅調に値を上げ、月末のドル需要もドル買いを強めた。
 ドル円は114.55まで上昇、ユーロドルは1.0553まで下落、ポンドドルは1.2420から1.2524まで値を上げた。
 クロス円では、ユーロ円が121.13、ポンド円が143.20、オージー円が84.50、NZD円が81.03、カナダ円が85.23まで上昇した。

本日の材料

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

08:50 (日) 7-9月期法人企業統計・設備投資 [前年比] (前回+3.1% 予想-0.6%)
08:50 (日) 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベース)
10:00 (中) 11月製造業PMI (前回51.2 予想51.0)
10:00 (中) 11月非製造業PMI (前回54.0)
10:30 (日) 櫻井日銀審議委員挨拶(滋賀県金融経済懇談会)
10:45 (中) 11月財新/製造業PMI (前回51.2 予想50.8)
12:45 (日) 10年国債入札(2兆4000億円)
17:30 (スイス) 11月製造業PMI (前回54.7)
17:50 (仏) 11月製造業PMI・確報値 (前回51.5)
17:55 (独) 11月製造業PMI・確報値 (前回54.4 予想54.4)
18:00 (ユーロ圏) 11月製造業PMI・確報値 (前回53.7 予想53.7)
18:30 (英) 11月製造業PMI (前回54.3 予想54.6)
19:00 (ユーロ圏) 10月失業率 (前回10.0%)
19:00 (伊) 第3四半期GDP・確報値 [前期比] (前回+0.3%)
19:00 (伊) 第3四半期GDP・確報値 [前年比] (前回+0.9%)
21:30 (米) 11月チャレンジャー人員削減予定数 [前年比] (前回-39.1%)
22:00 (米) カプラン・ダラス連銀総裁講演
22:30 (米) メスター・クリーブランド連銀総裁講演
22:30 (米) 新規失業保険申請件数 (前回25.1万件)
23:45 (米) 11月マークイット製造業PMI・確報値 (前回53.9)
00:00 (米) 11月ISM製造業景況指数 (前回51.9 予想52.1)
00:00 (米) 10月建設支出 [前月比] (前回-0.4% 予想+0.6%)
高島暦:「後場不時高をみる日。押し目買い方針良し」

クロス円

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

ユーロ円が121.09、ポンド円が142.98、オージー円が84.50、NZD円が80.98、カナダ円が85.19まで上昇した。

NY中盤

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

 OPEC総会での減産合意を受けて、ドル買いが続いている。

ドル円は114.55まで上昇、ユーロドルは1.0553まで下落、ポンドドルは1.2515から1.2420で上下した。
オージードルが0.7375、NZDドルが0.7071まで下落、ドルカナダは1.3357まで下落後1.3464まで反発した。

東京午前

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

理由は不明な円売りで、ドル円は112.80まで上昇。

一方、ユーロドルは1.0628、ポンドドルが1.2476まで下落。

ユーロ円も119.89、ポンド円は140.65、オージー円が84.29まで反発した。

昨晩の海外

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

 昨晩の海外市場は、強い米第3四半期GDP、住宅指標や11月消費者信頼感指数を受けて、一時のドル買いも、月末やOPCE総会を控え、調整気味で引けた。尚原油価格は4%近い急落となったが、NY株価は悪影響は受けていない。
 ドル円は113.34まで上昇後、米長期金利の低下を受けて112.28まで売りに押され、ユーロドルが1,0650、ポンドドルが1.2526まで値を上げた。
 クロス円では、ユーロ円が119.97、ポンド円が141.38、オージー円が84.38、NZD円が80.38、カナダ円が84.24まで一時値を上げた。

本日の材料

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

08:50 (日) 10月鉱工業生産・速報 [前月比] (前回+0.6% 予想+0.1%)
09:00 (NZ) 11月ANZ企業景況感 (前回24.5)
09:00 (NZ) 11月ANZ企業活動見通し (前回+38.4)
09:01 (英) 11月GfK消費者信頼感 (前回-3 予想-3)
09:10 (NZ) ウィーラーRBNZ総裁・議会証言
09:30 (豪) 10月住宅建設許可 [前月比] (前回-8.7% 予想+2.0%)
16:45 (仏) 11月消費者物価指数 [前年比] (前回+0.4% 予想+0.5%)
17:55 (独) 11月失業者数 (前回-1.3万人)
17:55 (独) 11月失業率 (前回6.0%)
19:00 (ユーロ圏) 11月消費者物価指数(HICP)・速報 [前年比] (前回+0.5%)
21:00 (南ア) 10月貿易収支 (前回+67億ZAR)
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数 (前回+5.5%)
21:30 (ユーロ圏) ドラギECB総裁講演
22:00 (米) カプラン・ダラス連銀総裁講演
22:15 (米) 11月ADP全国雇用者数 (前回+14.7万人 予想+16.0万人)
22:30 (加) 9月GDP [前月比] (前回+0.2% 予想+0.1%)
22:30 (加) 第3四半期GDP [前期比年率] (前回-1.6% 予想+3.5%)
22:30 (米) 10月個人所得 [前月比] (前回+0.3% 予想+0.4%)
22:30 (米) 10月個人消費支出 [前月比] (前回+0.5% 予想+0.5%)
22:30 (米) 10月コアPCEデフレーター [前月比] (前回+0.1% 予想+0.1%)
22:30 (米) 10月コアPCEデフレーター [前年比] (前回+1.7% 予想+1.7%)
23:45 (米) 11月シカゴ購買部協会景気指数 (前回50.6 予想52.0)
00:00 (米) 10月中古住宅販売保留件数指数 [前月比] (前回+1.5% 予想+0.2%)
00:30 (米) 週間原油在庫 (前回-125.5万バレル)
01:45 (米) パウエルFRB理事講演
02:35 (米) メスター・クリーブランド連銀総裁講演
04:00 (米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)
石油輸出国機構(OPEC)総会(ウィーン)
ユーロ圏財務相会合(ブリュッセル)
高島暦:「押し込むと戻す日。悪目買い方針良し」

NY午後

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

 NY午後の動向はドル売りも一服。
 米第3四半期GDPの改定値が上方修正され、米11月消費者信頼感指数が、2007年7月以来の高水準となり、一時ドル買いが強まったが、その後はOPEC総会を控え巻き戻しが優勢となった。
 ドル円は113.34まで上昇後112.33まで売りに押され、ユーロドルが1,0650、ポンドドルが1.2526まで値を上げた。
 クロス円では、ユーロ円が119.97、ポンド円が141.38、オージー円が84.38、NZD円が80.38、カナダ円が84.24まで一時値を上げた。

東京概況

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

 29日の東京市場は、円買いが一時進むも、月末要因のドル買いフローが入ったことや明日のOPCE総会を控え、様子見ムードが残り、巻き戻しの動きで終了した。
 ドル円は111.63の安値から112.39まで反発、ユーロドルは1.0622から1.0589、ポンドドルは1.2420から1.2389まで売りに押された。
 クロス円では、ユーロ円が119.05から118.55、ポンド円が139.42から138.52まで売りに押され、オージー円は83.61から83.99、NZD円は79.06から79.60、カナダ円は83.26から83.61で推移した。

All Day

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

ドル円 (予想レンジ=111.00-112.60)
(基本戦略:逆張りだが、戻り売りメイン)
戦略としては111.75-85と112.15-20のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は112.30-40、112.55-60と売り上がって、ストップは112.75-85越えでの倍返し。ターゲットは112.95-05、113.15-20と利食い&売り上がって、ストップは113.25-35超えで、倍返ししても113.35-45、113.55-65、113.75-80と利食い&売り上がって、ストップは113.85-95越え。113.95-05はCapを見て対応。売ってもストップは114.15-25超え。または114.25-35と更に売り上がって、ストップは114.45-50や114.55-65超えで倍返し。一方下値は111.65-70、111.45-55と買い下がって、ストップは111.35-40割れでの倍返し。ターゲットは111.25-30、111.05-15と買い戻しで、買いは110.95-00と買い下がって、ストップは110.80-90割れ。110.65-75での買いのストップは110.55-60割れでの倍返し。ターゲットは110.25-30を前に下げ止まりでは買い戻し。割れて110.05-10での買い戻しや買いも、ストップは109.85-90割れや109.75-85割れでの倍返し。(予想時レート:111.93 予想時間 07:08)

本日の材料

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

08:30 (日) 10月有効求人倍率 (前回1.38 予想1.39)
08:30 (日) 10月失業率 (前回3.0% 予想3.0%)
09:45 (加) ポロズBOC総裁・記者会見
12:45 (日) 2年国債入札(2兆3000億円)
16:45 (仏) 第3四半期GDP・確報 [前年比] (前回+1.1% 予想+1.1%)
16:45 (仏) 第3四半期GDP・確報 [前期比] (前回+0.2%)
17:30 (スウェーデン) 第3四半期GDP [前期比] (前回+0.5%)
17:45 (ユーロ圏) ダイセルブルーム・ユーログループ議長講演
18:30 (英) 10月消費者信用残高 (前回+14億GBP 予想+17億GBP)
19:00 (ユーロ圏) 11月経済信頼感 (前回106.3)
19:00 (ユーロ圏) 11月消費者信頼感・確報 (前回-6.1)
19:00 (ギリシャ圏) 第3四半期GDP・確報値 [前期比] (前回+0.5%)
19:00 (ギリシャ圏) 第3四半期GDP・確報値 [前年比] (前回+1.2%)
19:15 (ユーロ圏) モスコビシ欧州委員・記者会見
22:00 (独) 11月消費者物価指数・速報 [前年比] (前回+0.8%)
22:30 (米) 第3四半期GDP・改定 [前期比年率] (前回+2.9% 予想+3.0%)
22:30 (米) 第3四半期個人消費・改定 [前期比年率] (前回+2.1%)
22:30 (米) 第3四半期GDPデフレーター・改定 [前期比年率] (前回+1.5% 予想+1.5%)
22:30 (米) 第3四半期コアPCEデフレーター・改定 [前期比年率] (前回+1.7%)
22:30 (加) 第3四半期経常収支 (前回-198.6億CAD 予想-165.0億CAD)
23:00 (米) 9月S&P/ケースシラー住宅価格指数 [前年比] (前回+5.13% 予想5.20%)
23:15 (米) ダドリーNY連銀総裁講演
00:00 (米) 11月消費者信頼感指数 (前回98.6 予想101.2)
02:40 (米) パウエルFRB理事講演
高島暦:「気味の急変をみる日。後場の足取りに注意」

NY午後

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

既に動向は鈍いが、ドルの買い戻しも一服。

ドル円は111.36の安値から112.80まで反発後112.20台まで調整、
ユーロドルは1.0564まで下落した。クロス円では、ユーロ円が119.58から118.70まで下落、
ポンド円は139.04から140.07で上下、オージー円が84.27、NZD円が79.62、カナダ円が84.06まで値を上げた。

ドル円は

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

112.73レベルまで下落。

金曜日の海外

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

 金曜日の海外市場は、OPECの減産合意に対する懸念で原油相場が急落したが、米感謝祭ムードが続き、ネガティブな反応は見えなかった。
 ドル円は112.56まで下落後113.31まで反発して、このレンジで上下、ユーロドルは1.0627まで上昇後1.0683まで下落した。
 クロス円では、ユーロ円が119.32の安値から112.00、ポンド円が139.97から141.15、オージー円が83.75から84.17、NZD円が79.30から79.76まで反発、カナダ円は原油の下落を受けて83.41まで値を下げた。

本日の材料

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

19:00 (世) 経済協力開発機構(OECD)「経済見通し公表」
22:10 (ユーロ圏) クーレECB理事講演
23:00 (ユーロ圏) ドラギECB総裁議会証言(欧州議会)
00:30 (米) 11月ダラス連銀製造業活動指数 (前回-1.5)
04:30 (ユーロ圏) モスコビシ欧州委員講演
モスコビシ欧州委員「ギリシャ政府と会談」
サイバーマンデー
トランプ大学・訴訟
アストロ:日経平均変化日
高島暦:「人気に逆行して動く日」

現在気配

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

ドル円 112.99-04
ユーロドル 1.0599-03
ユーロ円 119.73-83
ポンド円 140.93-10
オージー円 84.08-19
NZD円 7.52-66

動いていないので

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

現在レベルは不透明。
ユーロ円 119.75、ポンド円140.99 オージー円84.06 NZD円74.49が中心。

現在気配

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

ドル円 112.99-05
ユーロドル 1.0600-07
ポンドドル 1.2475-86

NY午前

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

NY午前の動向は、感謝祭ムードが残り揉み合い気味の展開。
ドル円は112.56まで下落後、113.20まで反発、ユーロドルは1.0628まで値を上げた。

クロス円では、ユーロ円が119.32まで一時下落後119円後半反発、
ポンド円が139.97から140円後半、オージー円が83.75から84円前半、NZD円が79.30から79.68、カナダ円が83.45まで値を下げた。

東京午前

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

 東京午前の動向は、一時の円売りも、週末を控えて一服気味。
 ドル円は113.90まで上昇後113.40台まで調整。ユーロドルは1.0539、ポンドドルが1.2430まで弱含んだ後は買い戻しが優勢となった。
 その他ユーロ円が120.14、ポンド円が141.75、豪ドル円が84.62、NZD円が79.75まで一時強含んだが、その後は利食いに押された。

昨晩の海外

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

 昨晩の海外市場は、米感謝祭で参加者が減少したことで、相場全体の動きは大きなものとならなかったが、トランプ相場のリスクオンが続き、クロス円が総じてじり高となった。
 ドル円は、113.53の高値から112.74で上下、ユーロドルは、伊モンテパスキの株主総会で、資本増強計画が承認されたがポジティブな反応は出ず、1.0585から1.0543で推移した。
 クロス円では、ユーロ円が119.77、ポンド円が141.30、オージー円が84.04、NZD円が79.46、カナダ円が84.09まで値を上げた。
 

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

 >   >  FXブログ ディーラーズ・バトル24:テーマ【ファンダメンタルズ】