ディーラーズ・バトル24:テーマ【経済指標】

米7月雇用統計

テーマ: 経済指標

Ryuz

NFP 25.5万人増(予想18万人増)
失業率 4.9%(予想4.8%
平均時給 0.3%(予想0.2%)

NFP大幅増、平均時給上昇受けマーケットはドル買いの動き。
ドル円101.55/57、ユーロドル1.1081/83へドル高となっている。

英10月製造業PMI

テーマ: 経済指標

Ryuz

55.5となり、予想の51.3を上回る結果。
ポンドは対ドル、対ユーロなど幅広く買われており、
ポンドドルは1.5450/52→1.5497-99、ユーロポンドは0.7140/42→0.7107/09、ポンド円は186.35/37→188.97/99、という動きに。

豪9月雇用統計

テーマ: 経済指標

Ryuz

就業者数 5100人減(予想9600人増)
失業率 6.2%(予想6.2%)

就業者数が大幅に予想を下回ったことで、audusdは0.7335-40から0.7295-00へ下落。
売りが一巡すると、下落前の水準を回復。

米4-6月期GDP確報値

テーマ: 経済指標

Ryuz

前期比年率+3.9%となり、予想の+3.7%を上回るも、ドル買いの動きは限定的。
ドル円121.23-25まで上昇も、その後はポジション調整の売りが持ち込まれ、120.90台へ反落。

米8月CPI

テーマ: 経済指標

Ryuz

前月比 -0.1%(予想 -0.1%・前回 0.1%)、コア 0.1%(予想0.1%・前回0.1%)
前年比)0.2%(予想 0.2%・前回 0.2%)、コア 1.8%(予想1.9%・前回1.8%)

予想通りの内容とあって、ドル売りの流れに。

ドル円は、発表直前に120.68-70まで上昇していたが、米CPIの結果を受け120.40-45へ反落。

米7月CPI

テーマ: 経済指標

Ryuz

前月比+0.1%と予想+0.2%を下回り、ドル円は124.10-15、ユーロドルは1.1070-75近辺へドル売りとなるが、カウンターでドル買いが持ち込まれた模様。
ドル円124.40-45、ユーロドル1.1015-20とドル買いの動き。

英CPI

テーマ: 経済指標

Ryuz

7月CPI 前月比 -0.2%(予想 -0.3%)前年比 +0.1%(予想 ±0.0%)
7月CPI・コア 前年比 +1.2%(予想 +0.9%)

コアは2月以来の高水準。

幅広くポンド買いの動き。
ポンドドルは、1.5595-00 → 1.5670-75
ユーロポンドは、0.7105-10 → 0.7060-65
ポンド円は、193.70-75 → 194.75-80

英4-6月期GDP

テーマ: 経済指標

Ryuz

前期比+0.7%、前年比+2.6%と、それぞれ予想通りも、発表前に売られていたためか、直後から買戻しが殺到。

ポンドドルは1.5530-35から1.5575-80、ポンド円は192.00-05から192.50-55、ユーロポンドは0.7120-25から0.7100-05へ、それぞれポンド買いの動き。

NZD

テーマ: 経済指標

Ryuz

RBNZの利下げ後、nzdusdは0.6640-45、nzdyenは82.35-40へ上昇。

米5月ADP雇用者数

テーマ: 経済指標

Ryuz

+20.1万人と事前予想とほぼ同じ。
この後のドラギ会見待ちとなり、大きな動きとはなっていない。

ECB理事会

テーマ: 経済指標

Ryuz

市場予想通り、

政策金利(0.05%)、限界貸出金利(0.30%)、中銀預金金利(-0.20%)を据え置き。

ユーロドルは1.1110-20台で小動き。
ドラギ会見待ち。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

小売売上高
結果:±0.0%
予想:+0.2%
前回:+0.9%

小売売上高(除自動車)
結果:+0.1%
予想:+0.5%
前回:+0.4%

発表後マーケットはドル売りで反応。
ドル円は119.60台から一時119.30台まで急落。

米4月ADP雇用統計

テーマ: 経済指標

Ryuz

+16.9万人増(予想+20.0万人増)となり、ドル売りの動き。

ドル円は119.55-57、ユーロドルは1.1267-69へそれぞれドル売りとなるも、
フォロースルーがなく、一旦、ドル買い戻しの動きも見られている。

米3月貿易赤字、514億ドルに拡大

テーマ: 経済指標

Ryuz

ドル円は120.20割れ、ユーロドルは1.1160台へそれぞれドル反落。

UK Q1 GDP 速報値

テーマ: 経済指標

Ryuz

前期比+0.3%(予想+0.5%)
前年比+2.4%(予想+2.6%)

ポンドドルは1.5230近辺から1.5175-80へ急落。

豪雇用統計

テーマ: 経済指標

Ryuz

3月就業者数 3.77万人増 (予想 1.5万人増)
3月失業率 6.1% (予想 6.3%)

audusdは0.7710-15から0.7770-75へ上昇。

米2月耐久財受注

テーマ: 経済指標

Ryuz

前月比-1.4%と、予想+0.5%を大きく下回る数字となり、ドル売りの動きに。

ドル円は119.20-25、ユーロドルは1.1010-15までドルは売られるも、カウンターでドル買いが入ると
ドル円は119.40-45、ユーロドルは1.0970-75へ値を戻している。

FOMC 2

テーマ: 経済指標

シーマスター

4月での利上げの可能性低い

BOE

テーマ: 経済指標

Ryuz

政策金利を現行の0.50%に据え置き

資産購入枠も3750億ポンドで据え置き

ポンドドルは、1.5235-55内で目立った動きはなし

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

日経平均 17167.10 +281.77 +1.67%
TOPIX 1377.67 +17.87 +1.31%

日経平均は大幅続伸。
前場寄り付きは182.07円高の17067.40円。
外部環境の好転を好感し、朝方は買い先行。
寄り付きで17,000円台を回復し、その後も
上げ幅を拡大。後場中頃には358円高となる
17,243円まで上昇しました。しかし17,200円台
回復後は終盤にかけて徐々に上げ幅を縮小し、
281円高にて取引を終えました。
・東証1部
 出来高:24億7174万株
 売買代金:2兆2004億円
 騰落銘柄数:値上がり1445、値下がり296、変らず118銘柄


円相場は下げ幅を拡大。
ドル円は朝方119円前半での揉み合いから、日経平均の
大幅高に伴い上昇に転じ、午後には一時119.80台まで
上昇。上昇一服後は119.60-80台にて揉み合いとなりました。


さて、本日の欧米市場は・・・
リスクオフモードは一服したものの、明日に米雇用統計
を控えている事から、ドル円・クロス円の上値追いは慎重を
期したい


昨夜のNY市場では株安・原油安がようやく一服し、リスクオフ
の巻き戻しによりドル円・クロス円は反発しました。
市場は一旦落ち着きを示したかに見えますが、昨日今日の動き
を持ってして、市場センチメントが改善したと見るのは早計
と見るべきでしょうか。
足元ダウ先物は大きく上昇しており、本日のNY市場も堅調な
動きが期待されますが、株価が大きく上昇している割には
米10年債利回りの反発は限定的に留まっており、株高に連れた
ドル円の上昇にも自ずと限界が見えてくるかもしれません。
明日に米雇用統計を控えている事もあり、仮に欧米株が大幅
高になった。としても、ドル円・クロス円は積極的に上値を
追うのは躊躇するところで、引き続き押し目を慎重に拾う
スタンスを維持しつつ、上値での売りも狙って見たいと思います。
ドル円は119円前半~120円前半の値幅を想定しておけば良い
でしょうか。雇用関連の指標も予定されておりますので、
予想以上に値幅が出る可能性に留意しておきたいと思います。

現在のレート
 ドル円:119.90

ECB、据え置き

テーマ: 経済指標

Ryuz

主要政策金利を0.05%に維持

中銀預金金利をマイナス0.2%に維持

予想通りの据え置き。
EURUSDも上下に10pips程度しか動かず。
この後22時半からのドラギ総裁会見では、ティスインフレに対する見方と今後の国債QEに対する言質がどこまでとれるかが注目に。

BOE,据え置き

テーマ: 経済指標

Ryuz

政策金利を0.5%に据え置き

資産購入プログラムの規模を3750億ポンドに据え置き

EURGBP, GBPUSD共に特段の動意なし。声明文もない為、これにて終了。この後のECBを待ち。

【指標】 米国10月小売売上高 他

テーマ: 経済指標

シーマスター

22:30 発表

米国10月小売売上高      結果 +0.3% 予想+0.2%

米国10月小売売上高(除自動車)結果 +0.3% 予想+0.2% 

米国10月輸入物価指数 (前月比)結果 -1.3% 予想-1.5%

米国10月輸入物価指数 (前年比)結果 ー1.8% 予想-1.6%

このあとの予定

テーマ: 経済指標

シーマスター

22:30 米国小売売上高(10月)  ★★★★
22:30 米国輸入物価指数(10月) ★★
23:10 セントルイス連銀総裁講演
23:55 ミシガン大学消費者信頼感指数(11月) ★★★
24:00 米国企業在庫(9月) ★★

米10月ADP雇用統計

テーマ: 経済指標

Ryuz

23.0万人(予想22.0万人)
前回発表の21.3万人から22.5万人に上方修正

ドル円は114.82-84まで上昇後、114.50割れ。
ユーロドルは1.2470近辺から1.2505近辺へ反発。

数字でドル買いとなるも、一旦、ロング勢からの利食い売りが持ち込まれた模様。
ドルが緩む場面では、断続的に押し目買いも。

ECB

テーマ: 経済指標

Ryuz

政策金利を0.05%に据え置き
限界貸出金利と中銀預金金利を共に据え置き

ユーロドルは1.2630-40近辺で動意なし。
ドラギ総裁会見待ち。

米雇用統計

テーマ: 経済指標

ウルフ

NFP
結果:+20.9万人
予想:+23.0万人

失業率
結果:6.2%
予想:6.1%

発表後米10年債利回りは急低下し、ドル円は102.60台まで下落。

英中銀議事録(7月分)

テーマ: 経済指標

Ryuz

「9対0で政策金利の据え置き決定」
「9対0で資産購入枠の維持を決定」
「利上げが景気回復頓挫させるリスクの後退を一部指摘」
「一部委員、利上げ決定がここカ月でよりバランスがとれてきたと認識」
「インフレ圧力は高まっているとの兆候はほとんどみられず」
「地政学的事象や経済的リスクに対する市場の反応は『驚くほど小さい』」

英中銀 6月MPC議事録

テーマ: 経済指標

Ryuz

9対0で資産購入枠の維持を決定
9対0で政策金利の据え置き決定

5月ISM製造業景況指数の結果を受けて

テーマ: 概況 独り言 経済指標

シーマスター

同指標の結果を受けて米株市場は急降下。
※ 予想55.5 結果53.2 
また4月建設支出も予想+0.6%を下回る+0.2%

また為替市場ではドル売りが散見され、102.20円台で推移していたドル円は
102円05を記録。
先ほど述べたドル円ショートは、早速利喰い・・・(汗)

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

 >   >  FXブログ ディーラーズ・バトル24:テーマ【経済指標】