ディーラーズ・バトル24:テーマ【概況】

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限をブレイクしてのバンドウォークでしたが、ここにきてさらに上値を急拡大しています。バンドの上限を大きくブレイクしての動きであり、やや行き過ぎといったところではありますが、バンド幅の拡大基調は継続しており、バンドウォークが維持される可能性は十分にありそうです。行き過ぎに対する調整からバンドの上限まで下落する可能性はありそうですが、流れとしては上向きということになりそうです。

RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏での動きです。これがこの水準を維持できるかがポイントです。一方、中期線は底打ちから上昇です。そろそろ高値圏に入っていきそうで、中長期的には買い優勢の展開です。短期線の動き次第ではありますが、基本的にはしっかりとした動きが展開されそうで、一時的に下落しても押し目買い優勢といった状況でしょう。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から調整の動きが入り、1σまで下落する動きとなっています。バンドの上下限中心線が横ばいであり、基本的にはレンジ圏での動きが意識されやすい状況となっています。現状はバンドの上限で抑えられたこともあり、中心線もしくは下限まで下落する可能性が高まっています。バンド幅はそこまで狭い状況でもないので、とりあえずはレンジ圏での動きが維持されやすいのではないかとみています。

RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏での動きです。目先天井打ち気配があり、下落の流れが強まるかどうかに注目が集まりそうです。一方、中期線は底打ちから上昇となっています。中長期的には底堅い動きが意識されやすく、下落したところを押し目買いといった動きになるのではないでしょうか。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限を意識しての動きから調整の動きが入り、中心線を抜けての動きです。バンド幅が狭い状況で、バンドの上下限中心線はほぼ横ばいとなっています。市場にはエネルギーが蓄積されていますが、現状は方向感が見えにくく、様子見ムードが強まっています。バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要です。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落し、高値圏から外れてきています。この流れが継続すると売り優勢の展開が継続ということになるでしょう。一方、中期線は天井打ちから下落基調です。中長期的には売られやすい地合いであり、短期線の動き次第では下値を拡大しやすい局面です。バンドの下限での動きに特に注意して臨んだ方が良さそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線を意識しての動きから上限まで上昇しての動きです。底堅い動きが意識されていましたが、買い圧力が強まる展開です。ここからバンドブレイク、そしてバンドウォークとなるかどうかに注目です。まだバンドの下限は横ばいであり、これの動き次第ということになりそうですが、上値を拡大する可能性は十分にあるでしょう。

RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏での動きです。目先横ばいでの動きであり、しっかりとした動きが意識される状況です。これがこの水準を維持することができるかどうかに注目です。一方、中期線も上昇して高値圏での動きです。これがすぐに天井打ちといった動きになる可能性は低く、中長期的には買い優勢の流れでしょう。一時的な調整の動きが入っても、底堅い動きが展開されそうです。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から調整の動きが入り、一気に下限まで下落する動きとなっています。下限を目先ブレイクする展開で、ここからさらにバンドウォークとなるかどうかに注目です。バンドの上限は上昇基調で、バンド幅の拡大基調が強まっています。このままバンドウォークとなる可能性が高まっており、さらに下値を拡大する動きを視野に入れての対応となりそうです。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落し、下値圏に入っています。下落の勢いが強かったので、意外とあっさり底打ちから上昇といった動きになる可能性もありそうです。一方、中期線は天井打ちから下落しており、高値圏から外れてきています。中長期的には上値の重さが意識されるところであり、仮に短期線が底打ちから上昇となっても、戻りは一時的で、上値の重い展開となりそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から調整の動きが展開されています。バンドの上下限中心線はじり高基調となっており、トレンドそのものは上向きですが、大きな動きにはなりにくい状況であり、調整を入れながら上値を追うといった動きになるのではないでしょうか。

RCIで見ると、短期線は高値圏での動きです。ただ、天井打ち気配が見えており、このまま下落基調ということになれば調整の動きが強まるでしょう。一方、中期線は高値圏での横ばいであり、これがすぐに天井打ちから下落とはなりにくく、中長期的には買い優勢の流れが継続しそうです。一時的には調整の下落が入っても、押し目買いに支えられそうです。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限を意識しての動きで、バンドブレイクからバンドウォークが展開されています。バンドの下限も下落基調で、上値を拡大しての動きです。ただ、目先は下限の下落の勢いが落ちてきており、ここからさらに急激な上昇となるかは不透明です。下限の動き次第ですが、一時的には調整の動きが入るのではないかとみています。

RCIで見ると、短期線は高値圏での横ばいです。これが天井打ちから下落するかどうかに注目が集まるところです。一方、中期線は下落基調から持ち直し基調へと変化しています。動きそのものが緩慢で、ややわかりにくいところもありますが、目先は高値圏を目指しており、中長期的にはしっかりとした動きが展開されそうです。一時的には調整の動きが入る可能性もありますが、基本的には買い優勢の流れであり、押し目買い優勢といったところではないでしょうか。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限を意識しての動きです。バンドブレイクからバンドウォークの動きに近いのですが、そこまで急激な上昇ではありません。バンドの下限も横ばいであり、いつ調整が入ってもおかしくはありません。ただ、しっかりとした動きが展開されており、調整のタイミングが遅れる可能性はありそうで、積極的に売り込む動きにはなりにくいでしょう。そもそもトレンドは上向きであり、調整が入っても底堅い動きとなりやすいでしょう。

RCIで見ると、短期線は高値圏での横ばいです。これがこの水準を維持すれば上昇基調が維持され、天井打ちから下落となれば一時的に調整の動きが意識されるでしょう。一方、中期線は高値圏での横ばいで、これがすぐに天井打ちから下落という動きになる可能性は低く、中長期的には堅調地合いが維持されるでしょう。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きは朝方の動きでバンドの上限を大きくブレイクしましたが、そこからは調整の動きで上値の重い展開となっています。現状はバンドの中心線を抜けて-1σまで下落しています。バンド幅も縮小傾向を強めており、市場にはエネルギーが蓄積されてきています。まだ価格差自体はそれなりにあるのですが、やや警戒感を強めておきたいところではあります。まずはバンドの下限まで下落する可能性が高そうですが、そこからの動きに注目です。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落しての動きです。下落の勢いはそれなりに強いものの、まだ下値余地を若干残しています。一方、中期線は天井打ちから下落し、高値圏から外れてきています。中長期的に見ても上値の重さが意識されやすい状況ということができそうです。短期線の底打ちがあるかどうかといったところですが、中期線もまだプラス圏での動きであり、積極的に売り込むには少し早そうです。ただ、徐々に上値の重さが意識されていきそうで、先行きには警戒感が強まりそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きは朝方の動きでバンドの上限を大きくブレイクし、そこからは横ばいの動きで調整が入っています。目先はバンドの中心線を意識しての動きで、ここで支えられるのかどうかに注目が集まります。バンド幅は縮小傾向で、使用には徐々にエネルギーが蓄積されてきているところではありますが、それでも直近の動きから考えればかなり価格差があるので、しばらくはバンドブレイクからバンドウォークといった動きにはなりにくいでしょう。

RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏での推移です。これがこの水準を維持するのか、天井打ちから下落するのかで流れが変わってきそうです。一方、中期線は高値圏での横ばいです。これがすぐに天井打ちから下落といった動きになる可能性は低く、中長期的にはしっかりとした動きが展開されそうです。となると、バンドの中心線で支えられて再度上限まで上昇といった動きになる可能性が高そうです。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限から一気に上限に到達し、そのままバンドブレイクからバンドウォークといった展開となっています。バンドの下限が下落しており、バンド幅の拡大を伴いながらの動きであるだけに、さらにバンドウォークを継続して高値を追う可能性もありそうです。目先はバンドの上限からの乖離が大きくなってきているので、その修正はあるかもしれませんが、基本的には買い優勢の流れということができそうです。

RCIで見ると、短期線は上昇基調です。まだ中立水準を動いており、上値余地は残っています。一方、中期線は上昇基調です。こちらも上値余地を残しており、中長期的にもしっかりとした動きが展開されそうです。短期線の動き次第ではありますが、基本的には買い優勢の底堅い動きが展開されそうで、バンドウォークの継続を視野に入れての対応となりそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限から持ち直し基調で中心線を抜けましたが、上限に届かずに再度下落する展開となっています。現状は-1σを意識しての動きで、ここから下限まで下落するかどうかに注目が集まります。バンドの上下限中心線はほぼ横ばいであり、レンジ圏での動きが意識されやすい状況となっています。バンド幅はそこまで広くも狭くもないといったところですが、バンドの上限もしくは下限での動きには注意はしておいたほうが良さそうです。

RCIで見ると、短期線は高値圏での動きです。ただ、天井打ち気配となっており、このまま下落ということになれば警戒感が強まるでしょう。一方、中期線は下値圏から底打ち気配で持ち直しています。ただ、上昇の勢いは弱く、再度下値圏に入る可能性もありそうです。中期線が上昇基調に戻るかどうかに注目ですが、目先の流れとしては上値の重さが意識されやすい状況ということになりそうです。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限をブレイクしてのバンドウォークとなっています。バンドの下限も下落基調で、バンド幅の拡大も依然として維持されています。下限の下落基調が継続すればさらに上値を拡大する展開となるでしょう。下限の動きが横ばいから上昇といった動きになれば、一時的には調整の動きが展開されそうですが、トレンドは上向きであり、基本的には買い優勢の流れと言えそうです。

RCIで見ると、短期線は高値圏での横ばいです、これがこの水準を維持するのか、天井打ちとなるのかで流れが変わっていきそうです。一方、中期線も高値圏での横ばいです。中長期的に見れば底堅い動きが展開されそうで、仮に短期線が天井打ちから下落となっても下値は堅そうです。バンドの下限とRCIの短期線の動きに注意しながら買い場を探すといったところでしょう。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限から持ち直し上限まで上昇したものの、そこでは抑えられるといった動きになっています。バンドの上下限中心線が横ばいからじり高の動きであり、レンジ圏での動きが意識されやすい状況となっています。下値は堅そうですが、バンドブレイクからバンドウォークといった動きにはなりにくく、調整を入れながらの動きとなりそうです。

RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇し高値圏に入っています。上昇の勢いが強かったので、あっさり天井打ちといった動きになる可能性はありそうです。一方、中期線は天井打ちから下落し、高値圏から外れています。ただ、目先は横ばいでの動きであり、ここから再度高値圏に入っていくのかに注目です。中期線の方向感には注目しておいた方が良さそうです。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限まで上昇しての動きから、調整の動きが展開されています。一気にバンドの中心線を抜けており、このまま下限まで下落するかどうかに注目が集まります。バンドの上下限中心線は横ばいでの動きであり、レンジ圏での動きが意識されやすい状況となっています。ですので、下限まで調整の動きが入ってもおかしくはないでしょう。バンド幅は比較的狭く、下限をブレイクする可能性も視野に入れての対応となりそうです。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落となっています。下落の勢いは強いものの、まだ多少の下値余地を残しています。一方、中期線は下値圏での動きです。一時底打ち気配を見せましたが、現状はじり安基調で下値圏での動きを継続しています。中長期的には売り優勢の流れであり、一時的に買い戻しの動きが出ても、戻り売り圧力に抑えられそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限を意識しての動きです。目先調整の動きが意識されており、このまま調整の動きが継続するかどうかに注目です。バンドの下限が横ばいでの動きとなっており、大きな動きにはなりにくいところです。バンドの下限の動きに注意しながらの展開ではありますが、一時的には調整の動きが入ってもおかしくないでしょう。

RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏での横ばいです。この動きを維持するなら買い優勢の展開が継続するでしょう。一方、中期線も上昇して高値圏での動きです。中長期的に見れば底堅い動きが展開されやすく、仮に短期線が天井打ちから下落となっても、押し目買い優勢の流れとなるでしょう。短期線が高値圏で横ばいとなれば、バンドウォークが意識されそうです。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線を挟んでの動きで、比較的下値の堅い動きが展開されています。バンドの上下限中心線はほぼ横ばいであり、方向感そのものは見えにくい状況です。バンド幅は比較的狭い状況で、バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要でしょう。ただ、現状ではどちらに動くのかは不透明といった状況です。

RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏に入っています。上昇の勢いはそれなりに強いので、あっさり天井打ちから下落といった動きになる可能性もありそうです。一方、中期線は高値圏での横ばいです。中長期的にはしっかりとした動きが展開されやすいところかと思います。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限を意識しての動きから下落し、一気にバンドの下限をブレイクする動きとなっています。バンド幅の拡大傾向もみられており、ここからさらにバンドウォークを継続する可能性も高いでしょう。ポイントはバンドの上限の動きであり、これが上昇基調を維持することができるかどうかといったところでしょう。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落となっています。下落の勢いは強く、下値圏まで入ってきています。これが底打ちから持ち直すかどうかに注目が集まりそうです。一方、中期線は天井打ちから下落となっており、目先やや下落の勢いが強まっています。ただまだ下値余地も残っており、中長期的には売り優勢の展開と言えそうです。短期線の動き次第ではありますが、基本的には上値の重い展開と言えそうです。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限をブレイクしての動きです。ここからバンドウォークとなるかどうかに注目ですが、目先は上限からかい離が大きくなっています。この乖離に対する修正の動きが入る可能性はありそうで、一時的には伸び悩む展開もありそうです。ただバンド幅の拡大基調は強まっているので、バンドウォークの動き自体は意識しておいた方が良いでしょう。

RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇基調で高値圏に入っています。上昇の勢いが強かったので、あっさり天井打ちといった動きになる可能性もあるでしょう。一方、中期線は上昇して高値圏に入ってきています。これがすぐに天井打ちといった動きになる可能性は低く、中長期的には買い優勢といった動きになるでしょう。短期線の動き次第ではありますが、一時的に調整の動きが入っても、基本的には押し目買い優勢の流れであり、バンドウォークが意識される可能性も頭に入れての対応となりそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限から持ち直しての動きでしたが、中心線で目先抑えられています。上値の重さが意識されていますが、バンドの下限は横ばいからじり高へと転じており、バンドの上限の下落基調とあわせてバンド幅の縮小傾向が強まっています。市場には徐々にエネルギーが蓄積されてきていますが、まだ大きな動きにはなりにくく、レンジ圏での動きが展開されそうです。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落しての動きです。下値余地は十分にあるため、しばらくは売り優勢の流れとなりそうです。一方、中期線は下値圏での動きです。底打ち気配は見えていますが、まだ上昇の勢いは弱い状況です。これがしっかりとして来れば、中長期的な底堅さが見えてくる可能性が高まります。目先はまだ売り優勢の流れでバンドの下限を意識しての動きとなりそうですが、徐々に支えられて持ち直す動きとなっていくのではないかとみています。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線を挟んで小動きとなっています。バンド幅がかなり縮小しており、市場にはエネルギーが蓄積されていますが、方向感の見えにくい状況であり、目先大きな動きになるかどうかは不透明です。バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要ですが、現状は様子見ムードが強まっている局面です。

RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇基調です。短期的にはしっかりとした動きが展開されそうです。一方、中期線は底打ちからじり高基調です。中長期的にも底堅い動きが意識されそうです。ただ、バンド幅が狭い状況ではRCIが効きにくいこともあり、方向感は見出しにくいところではあります。ただ、短期線が上昇基調を維持することができれば、底堅い動きが展開されやすくなるかと思われます。

基本的には連休に入ることもあり、大きな動きにはなりにくいところではあります。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限をブレイクして下落していましたが、目先は下げ渋る動きとなっています。まだ上値の重さが意識されていますが、バンドの中心線程度まで戻すことができるかどうかに注目が集まります。バンド幅は拡大基調ですが、上限は横ばいへと変化しており大きな動きにはなりにくくなっています。上値の重さは意識されるものの、目先は調整の戻りが意識されやすいのではないでしょうか。

RCIで見ると、短期線は下落して下値圏での動きです。横ばいでの動きで、これが底打ちできるかどうかに注目です。一方、中期線は天井打ちから下落しての動きです。中長期的には上値の重さが意識されやすい展開であり、仮に短期線が底打ちから上昇となっても、戻り売りに上値を抑えられやすいでしょう。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限をブレイクしてのバンドウォークが展開されています。バンド幅が拡大基調となっており、さらに下値を拡大する可能性があるでしょう。バンドの上限が上昇基調を継続するなら下値拡大を、横ばいから下落に転じるなら調整の動きを見込んでの対応となりそうです。

RCIで見ると、短期線は下値圏での横ばいです。これが底打ちから上昇となってこないことには調整の動きは入りにくいでしょう。一方、中期線は下落基調です。そろそろ下値圏に入っていきそうですが、まだ下値余地を残しての動きです。中長期的には売り優勢の流れであり、仮に短期線が底打ちから上昇となっても、戻り売り圧力に上値を抑えられそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限の動きから調整が入り、中心線まで下落する動きとなっています。ただ、中心線では下げ止まっており、目先はじり高基調です。バンドの上下限中心線は横ばいでの動きであり、基本的にはレンジ圏での動きが意識されやすい状況ということができそうです。バンド幅は比較的狭いので、バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要かと思われますが、目先は大きな動きにはなりにくい局面となっています。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落する動きです。高値圏から外れてきており、短期的に売り圧力が強まる展開です。一方、中期線は底打ちから上昇となっています。そろそろ高値圏に入っていきそうで、中長期的には底堅い動きが展開される状況です。短期線の動き次第ではありますが、目先は上値の重さが意識されやすいものの、徐々に底堅い動きが展開され、上値を追うといった動きになるのではないでしょうか。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から調整の動きが展開されています。バンドウォークが意識されていましたが、バンドの下限も横ばいとなっており、調整の動きが意識されやすい状況となっています。ただ、下値は堅そうで、しっかりとした動きが展開されるのではないかとみています。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落しての動きです。まだ高値圏での動きですが、下落基調が継続すれば目先調整の動きが展開されるでしょう。一方、中期線は上昇基調が意識されるところです。短期線が下落しても下落は一時的であり、しっかりとした動きが展開されるでしょう。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限から持ち直しての動きで、上限に到達しています。バンド幅は緩やかに拡大傾向ですが、ほぼ上下限中心線は横ばいといったところです。バンド幅の拡大があるかどうかがポイントとなりそうです。バンドの下限の動きに注意しての対応となりそうです。

RCIで見ると、短期線は上昇基調で高値圏に入っています。これがこの水準を維持するか、天井打ちとなるかで流れが変わってきそうです。一方、中期線は上昇基調で中立水準に達しています。中長期的にみれば下値の堅さが意識される状況です。短期線が天井打ちから下落となっても下値の堅さが意識されやすい状況ということができそうです。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限から上昇し、ここにきて上げ幅を拡大して上限を意識しての動きです。ここからバンドブレイクしてバンドウォークとなるかどうかに注目です。バンドの下限はじり安基調であり、この動きがポイントとなるでしょう。下限の下落の勢いがつよまるか、それとも横ばいから上昇となるかで流れが変わりそうです。目先は拡大基調ですので、バンドウォークの動きも頭に入れての対応となりそうです。

RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏での動きです。これが天井打ちから下落といった動きにならないと調整の動きも入りにくく、しっかりとした動きが続くでしょう。一方、中期線は底打ちから上昇しています。下値圏からは外れてきていますが、上値余地は十分に残っており、中長期的には買い優勢の流れです。仮に短期線が天井打ちから下落となっても、調整の動きは一時的で、押し目買いに上値を拡大しやすいでしょう。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限から持ち直しての動きで、中心線を意識しての動きです。ここをブレイクすることができるかどうかに注目が集まるところです。バンドの上下限中心線は下落基調でしたが、ここにきて下限が上昇に転じています。バンド幅の縮小傾向が強まっており、市場にはエネルギーが蓄積されてきており、バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要なところですが、目先はまだ方向感の見えにくい展開となりそうです。

RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇となっています。下値圏から外れてきており、目先買い優勢の流れとなりそうです。一方中期線は下値圏での横ばいです。中長期的には下値の堅さが意識されやすいところであり、一時的に戻りがあっても上値は重く、戻り売りに抑えられそうです。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限と中心線で挟まれたレンジを動いています。目先は中心線を意識しての動きで、ここで支えられるかどうにか注目が集まります。バンド幅は狭いので、バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要ですが、目先は方向感の見えにくいところであり、大きな動きにはなりにくいでしょう。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落しての動きで、そろそろ下値圏に入りそうです。一方、中期線は底打ちから上昇しての動きです。短期的には売り圧力が意識されやすい状況ですが、中長期的には底堅い動きが意識されるでしょう。短期線の底打ちからの持ち直しに合わせて買う感じになりそうです。流れとしてはバンドの下限までは下値余地はあるものの、そこから押し戻すといった展開となりそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限を意識しての動きから調整の動きが入り、中心線を抜けて下限を意識しての動きです。バンドの上下限中心線は横ばいとなっており、レンジ圏での動きが意識されやすい状況となっています。バンド幅はやや狭いところで、市場にはエネルギーの蓄積も意識されますが、目先はまだ大きな動きにはなりにくいところではないかとみています。

RCIで見ると、短期線は下値圏での動きです。一時底打ち気配がみられましたが、現状では下値圏での動きです。これがしっかりとした上昇となってこないことには買戻しの動きも強まらないでしょう。一方中期線は天井打ちから下落しての動きです。まだプラス圏での動きですが、高値圏からは外れてきています。中長期的には徐々に上値の重さが意識される展開ではありますが、一時的には押し戻す可能性もありそうです。

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

 >   >  FXブログ ディーラーズ・バトル24:テーマ【概況】