ディーラーズ・バトル24:テーマ【概況】

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限を意識しての動きです。3σまで上昇しており、上限からかなりかい離してきています。一時的には行き過ぎの調整が入る可能性はありそうです。ただ、バンドブレイクからバンドウォークが意識されており、修正の動きが入っても基本的には上値を追いやすい展開となりそうです。バンドの下限が下落基調にあるので、この動きが維持されればバンド幅の拡大を伴ったバンドウォークが意識されるでしょう。

RCIで見ると、短期線は高値圏での動きとなっています。天井打ち気配が意識されているものの、まだしっかりとした動きが意識されそうです。一方、中期線は底打ちから上昇しての動き。中長期的には下値の堅い動きが展開されそうです。短期線が下落しても一時的な調整となり、下値の堅い動きが展開されそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線を意識しての動きから上昇し、上限をブレイクしての動きとなっています。ここからさらに上値を追うかどうかに注目が集まります。ただ、バンドの下限は上昇基調にあるため、ここからさらにバンドウォークといった展開にはなりにくいところであり、一時的に調整の動きが入ってもおかしくはないでしょう。ただ、バンドの上下限中心線が上昇する中でトレンドは上向きであり、調整ののちは再度押し目買い優勢といった動きになりそうです。

RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏での動きです。上昇の勢いが強かったこともあり、意外とあっさり天井打ちといった動きになる可能性はあるでしょう。一方、中期線は上昇基調でそろそろ高値圏に入っていきそうです。中長期的には買われやすい地合いであり、仮に短期線が天井打ちから下落といった動きになっても下値は堅いのではないかとみています。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から下落し、そのまま下限まで下落する動きとなっています。バンド幅は現状縮小傾向であり、バンドブレイクからバンドウォークの動きに対する警戒は必要ではあるものの、今のところは下限で支えられてレンジ圏での動きとなるのではないかとみています。バンドの上限の動きには注意しておいた方が良いでしょう。

RCIで見ると、短期線は下落して下値圏での動きです。下落の勢いが強かったのであっさり底打ちといった動きになる可能性もありそうです。一方、中期線は高値圏での動きです。天井打ち気配から下落となっており、そろそろ高値圏からは外れてきそうです。ただ、まだ積極的に売り込むといった動きにはなりにくいのではないかとみています。短期線の動き次第ですが、目先は一時的に持ち直す動きとなるのではないかとみています。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線を挟んでの動きとなっています。狭いレンジでの動きであり、方向感の見えにくい展開となっています。バンド幅は狭い状況で、さらに縮小傾向にあります。市場にはエネルギーが蓄積されており、動き出したら大きなものとなりやすいところですので、バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要です。目先は下落基調ですので、まずは下限に到達するかどうかに注目です。

RCIで見ると、短期線は下落基調で下値圏にはいています。下値圏での動きを維持するのか、底打ちから上昇となって来るのかで流れが変わってきそうです。一方、中期線は下落して下値圏での動きです。中長期的には上値の重さが意識されやすく、仮に短期線が底打ちから上昇となっても戻り売り優勢の展開となりそうです。また、短期線が下値圏での動きを維持した場合、下方向へのバンドブレイクとなる可能性が高まりますので、その点も意識しておいたほうが良さそうです。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限をブレイクしてのバンドウォークから調整の動きが入っているところです。このままバンドの中心線までは下落してもおかしくはないでしょう。バンドの下限は上昇に転じてきており、バンドの上下限中心線は上昇基調です。トレンドは上向きで、底堅い動きが展開されやすいでしょう。

RCIで見ると、短期線は高値圏での横ばいです。短期的には依然としてしっかりとした動きが意識されやすい状況です。一方、中期線も高値圏での動きです。中長期的に見ても買い優勢の局面ということができそうです。短期線の動き次第ですが、調整の動きはそこまで強まらない可能性もありそうで、しっかりとした動きが展開される可能性も高そうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限からの調整が入る展開となっています。バンドウォークからの調整であり、中心線を目指しての動きとなっています。ただ、上値の重さが意識されており、ほぼ横ばいでの調整が展開され、先行きに対する警戒感を高める状況ということができそうです。バンドの上限がじり安基調へと転じているため、トレンドは下向きです。一時的な調整ののちに再度下値を追う可能性が高いとみています。

RCIで見ると、短期線は下値圏での動きです。底打ち気配があったものの、目先は横ばいです。一方、中期線は下落して下値圏に入ってきています。中長期的には上値の重さが意識されやすく、仮に短期線が上昇に転じても買戻しの動きは一時的なものとなるでしょう。戻り売り優勢の流れということができるかと思います。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限からの調整の動きで中心線を目指しての動きです。ひげでは一時的にタッチした場面もありましたが、基本的に横ばいでの調整の動きであり、上値の重さが意識されている状況です。こういった動きをしている時は、一気にバンドの下限まで下落するといった動きになることがありますので注意が必要でしょう。バンドの上下限中心線はじり安基調ですので、トレンドは下向きです。

RCIで見ると、短期線は底打ちから持ち直しています。短期的には買われやすい地合いということになりそうです。一方、中期線は下落して下値圏での動きです。中長期的には上値の重さが意識されやすい状況であり、短期線の動き次第で下落に対する圧力が強まりやすい局面ということができそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限からの調整の動きで、中心線を意識しての動きとなっています。バンドの上下限中心線はじり高基調となっており、トレンドとしては上向きといったところです。バンドの中心線で支えられて持ち直すといった動きになる可能性が高そうです。底堅い動きが展開されやすい地合いといったところでしょう。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落しての動きです。短期的には売られやすい地合いということができそうです。一方、中期線は上昇して高値圏での動きです。中長期的には底堅い動きが意識されやすく、一時的に調整の動きが入っても押し目買い優勢の流れとなっていくでしょう。短期線の底打ちを待って買いといったところではないでしょうか。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線を挟んでの動きが展開されています。バンドの上下限中心線はほぼ横ばいでの動きであり、レンジ圏での動きが意識されやすい状況です。バンド幅は比較的狭いため、バンドの上限もしくは下限での動きには注意したいところではあります。特に目先は下限を目指しての動きですので、下方向のバンドブレイクからバンドウォークといった動きに注意でしょう。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落といった動きになっています。下落の勢いは強いもののまだ下値余地を残しています。一方、中期線は下落基調でそろそろ下値圏に入りそうです。売られやすい地合いとなっており、特に短期線の方向感には注意が必要でしょう。下値圏に入り、そのまま下落基調を維持するといった動きになった場合は下値を拡大しやすくなるので、その点は頭に入れておいた方が良いでしょう。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限を意識しての動きです。一時ひげで調整の入る動きがみられましたが、再度持ち直しています。バンドの下限がほぼ横ばいであり、バンドブレイクからバンドウォークといった動きになるかはまだはっきりしません。下限の方向感に注意しての対応となりそうです。下限が下落ということになれば、一気に上値を拡大する展開となりそうで、その可能性も十分に残している点は頭に入れておきましょう。

RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏での推移です。これが高値圏を維持するのか、天井打ちから下落するのかで流れが変わってくるでしょう。一方、中期線は上昇基調で高値圏に入ってきています。中長期的には買い優勢の流れであり、下値の堅さが意識されるでしょう。仮に短期線が天井打ちから下落といった動きになっても、調整の動きは一時的で押し目買い優勢の流れとなりそうです。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限を意識しての動きから調整の動きが意識される局面です。バンドの中心線を目指しての動きが展開されています。バンドの上下限中心線は上昇基調です。上限の勢いはやや落ちてきており、これが横ばいから下落となっていくかどうかに注目が集まります。目先は上昇トレンドが意識されており、中心線では支えられ、持ち直す動きとなりそうです。

RCIで見ると、短期線は下落基調です。下値圏を意識しての動きであり、短期的な売り圧力が意識されています。一方、中期線は高値圏での動きです。天井打ち気配が見えていますが、ほぼ横ばいでの動きであり、すぐに上値の重さが意識されるといった展開にはなっていません。底堅い動きが意識されそうで、短期線の持ち直しに合わせて上昇といった動きになりそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限から調整の動きが意識されています。バンドの中心線を目指しての動きであり、そこまでは持ち直す可能性が高いのではないでしょうか。バンドの上下限中心線は下落基調だったのですが、下限の動きが横ばいに近づいてきており、徐々にレンジ圏での動きが意識されるようになっていくのではないでしょうか。ただ、目先はバンドの中心線では抑えられて再度下落といった動きになる可能性が高そうです。

RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏での推移です。天井打ち気配があり、下落基調が強まるようなことになれば、調整の動きが意識されるでしょう。一方、中期線は下値圏での動きです。底打ち気配があるものの、上値の重さが意識されており、中長期的には依然として上値の重い展開です。中期線は徐々に持ち直してくることも予想されるので、先行きに関しては徐々に底堅い動きになっていくのではないでしょうか。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限をブレイクしての動きから調整の動きが意識される流れです。バンド幅の拡大も一時見られたので、一気にバンドウォークとなる可能性もあったのですが、目先はバンドの下限が横ばいとなっており、大きな動きとはなりにくくなっています。ただ、基本的には底堅い動きが意識されそうで、押してきたところは拾っていくのが良いのではないかとみています。

RCIで見ると、短期線は天井打ち気配から下落していましたが、高値圏で再度持ち直す動きとなっています。短期的に見れば買い優勢の流れということになるかと思います。一方、中期線も上昇基調から高値圏での推移です。中長期的にも底堅い動きが意識されそうで、バンドウォークこそなっていない状況ですが、再度バンドの上限を試す動きがみられそうで、バンドの下限の動きに再度注目したいところです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限を意識しての動きです。バンドブレイクが意識されての動きでしたが、バンドの上限が依然として横ばいとなっており、ここからバンドウォークとなるかははっきりしないところもあります。上限の動きに注意しての対応となりそうで、上限が上昇基調となった場合は下値を拡大する可能性が高まるでしょう。

RCIで見ると、短期線は下値圏での動きです。底打ち気配から持ち直していましたが、目先は上昇の勢いがかなり落ちています。一方、中期線は下落基調。下落の勢いがつよまっており、警戒感が高まるところです。中長期的には上値の重い展開となりそうですが、一時的には持ち直す可能性が高いのではないかとみています。下方向にバンドウォークというよりも中心線まで押し戻す動きが期待されるのではないでしょうか。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線を挟んでの小動きです。一時下値を追う動きを見せましたが、現状はそこから押し戻しています。バンド幅の縮小傾向などもあり、市場にはエネルギーが蓄積されているものの、まだ大きな動きにはなりにくそうです。バンドの上下限での動きに注意しながらの対応となりそうです。

RCIで見ると、短期線は下落基調で下値圏をうかがう展開となっています。ただ、ここにきて持ち直しの動きも見せており、ここからの方向感が注目されるところです。中期線は底打ちから上昇となっており、下値圏から外れてきています。中長期的には買われやすい地合いとなってきており、短期線の動き次第では上値を拡大する可能性もあるでしょう。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限をブレイクしての動きです。バンドブレイクからバンドウォークが意識される局面です。現状は上限からのかい離がやや大きくなっているため、その修正が入る可能性はありますが、バンドの下限の下落基調が維持されればバンドウォークの継続が意識され、さらに上値を拡大する展開となるでしょう。ですので、バンドの下限の動きには十分注意して対応したいところです。

RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏での動きです。一方、中期線も高値圏での動きであり、買い優勢の流れが継続しています。中期線がすぐに天井打ちといった動きになる可能性は低く、中長期的にはしっかりとした動きが展開されそうです。短期線が現状の水準を維持することができるかどうかに注目が集まるところかと思われます。ただ、一時的に天井打ちから下落となっても押し目買い圧力に支えられるでしょう。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から一気に下限まで下落し、下限をブレイクしての動きとなっています。バンドの上限が上昇しており、バンド幅は拡大基調です。ここからさらにバンドウォークを継続する可能性はありそうです。安易な押し目買いは危険な状況ということができそうです。バンドの上限の動きに注意しつつ対応することになりそうです。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落基調です。そろそろ下値圏に入りそうで、そこからの動きに注目といったところでしょう。下値圏での横ばいとなって場合はバンドウォークが継続されるでしょう。底打ちとなった場合は一時的には調整の動きが展開されそうです。一方、中期線は下落基調です。中長期的に見ても上値の重さが意識されそうで、仮に一時的に買い戻されても戻り売り優勢の展開が意識されそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限から中心線まで持ち直しての動きとなっています。バンドの上下限中心線はほぼ横ばいで、レンジ圏での動きが意識されやすい状況です。バンドの上限までは上値余地がありそうです。バンド幅は比較的狭いところであり、バンドの上限もしくは下限をブレイクしての動きとなる可能性はありそうです。

RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇となっています。そろそろ高値圏に入りそうで、そこからの動きに注目です。一方、中期線は底打ちから上昇基調となっていますが、まだ下値圏での動きです。中長期的には徐々に底堅くなっていくものと思われますが、まだ上値の重さが意識さそうで、目先は短期線が天井打ちとなり、一時的に下落する可能性が高いのではないかとみています。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限で支えられての動きです。持ち直し基調が展開されており、バンドの中心線を目指しての動きとなりそうです。バンドの上限が横ばいからじり安、下限は下落基調です。バンドの上下限中心線が下落基調となっており、トレンドは下向きです。調整の動きが意識されて持ち直す動きは見られても、上値は重いでしょう。

RCIで見ると、短期線は底打ちが意識されています。これが上昇基調を維持することができるかどうかがポイントとなりそうです。一方、中期線は下落基調です。中長期的には上値の重さが意識されそうで、基本的には戻り売り優勢といったところではないかと思います。やはりバンドの中心線がポイントとなりそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限をブレイクしてから調整の動きに押し戻される動きとなっています。バンドの下限が横ばいからじり高となっており、バンドの上下限中心線が上昇基調となってきています。トレンドそのものは上向きということになりそうです。ただ、バンドブレイクからバンドウォークといった動きにはなりにくいところです。

RCIで見ると、短期線は高値圏での動きです。ただ、天井打ち気配となっており、このまま下落の流れとなれば短期的には売り圧力が強まりそうです。ただ、中期線は底打ちから上昇となってきており、中長期的には底堅い動きが展開されそうです。一時的に下落といった動きになっても、バンドの中心線などでは支えられる動きとなるのではないでしょうか。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限をブレイクしての動きで、バンドウォークが意識される状況となっています。バンドの下限は下落基調であり、バンド幅の拡大を伴いながらの動きとなっています。バンドの下限の動き次第ではありますが、ここからさらに上値を拡大する可能性も高そうです。

RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏での動きです。上昇の勢いが強かったので、あっさりと天井打ちとなる可能性もありそうです。一方、中期線は上昇して高値圏に入ってきています。まだ上値余地を残しているため、中長期的にはしっかりとした動きが展開される可能性が高そうです。短期線の動き次第ではありますが、流れとしては買い優勢の局面であり、短期線が高値圏での動きを継続すれば、バンドウォークを伴っての上昇の動きが継続しそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限でやや抑えられ気味の動きです。ただ、バンドの上下限中心線はほぼ横ばいであり、基本的にはレンジ圏での動きが意識されそうです。バンドの中心線で支えられるかどうかに注目が集まりそうです。バンド幅は比較的縮小しており、バンドの上限もしくは下限での動きには注意する必要がありそうです。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落しての動きです。そろそろ下値圏に入りそうで、そこでの動きに注目でしょう。一方、中期線は高値圏での動きです。天井打ち気配がありますが、依然として中長期的にはしっかりとした動きが展開されるのではないでしょうか。短期線の下落も急であり、一時的には押し戻す動きが入る可能性が高そうです。ただ、バンドの上限をブレイクといった動きにはなりにくいでしょう。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線と下限で挟まれたレンジでの動きです。上値の重さが意識されており、流れとしては上値の重さが意識される状況です。バンドの上下限中心線は下落基調となっています。下限は横ばいでの動きへと変化しつつあります。上値の重い展開ながら、徐々にレンジ圏での動きとなっていくのではないでしょうか。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落基調となっており、下値圏に入っています。下落の勢いが強かったこともあり、意外とあっさり底打ちから上昇といった動きになる可能性もありそうです。一方、中期線は下値圏での動きです。底打ち気配もありますが、まだ上昇の勢いは弱く、上値の重さが意識されやすい状況ということができそうです。一時的には持ち直す可能性もありそうですが、基本的には上値の重い流れとなりそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限を意識しての動きです。バンドの上下限中心線が上昇基調となっており、トレンドは上向きです。バンドブレイクからバンドウォークといった動きにはなりにくいものの、底堅い動きが意識されやすい状況ということができるでしょう。バンドの上限と中心線で挟まれたレンジを動く展開が意識されています。

RCIで見ると、短期線が下落基調から再度持ち直しての動きとなっています。高値圏での動きであり、この水準を維持することができるかどうかに注目が集まります。一方、中期線は高値圏での横ばいです。仮に短期線が天井打ちから下落といった動きになっても、中長期的には底堅い動きが展開されそうです。一時的な調整が入っても、バンドの中心線では支えられる可能性が高いのではないでしょうか。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限を意識しての動きから若干持ち直し基調となっています。バンドの上限はじり高であり、バンド幅は依然として拡大しています。上限のここからの動きには注意が必要でしょう。目先は戻り基調であり、バンドの中心線まで戻してくる可能性はありそうです。ただ、上値の重さも意識されそうで、再度下値追いといった動きになる可能性が高いのではないでしょうか。

RCIで見ると、短期線は下落基調で下値圏に入っています。これが下値圏での横ばいとなるのか、底打ちから上昇となるのかで短期的な流れが変わってくるでしょう。一方、中期線は天井打ちから下落となっています。中長期的には上値の重さが意識されやすく、仮に一時的に持ち直す動きがあっても中長期的には抑えられる展開となっていくでしょう。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限をブレイクしてのバンドウォークとなっています。バンドの下限も下落基調であり、買い優勢の展開ということができるでしょう。バンドの下限の下落の動きが継続する限りはバンドウォークの継続が見込まれるため、安易な戻り売りは危険でしょう。また、下限が横ばいから上昇といった動きになった場合も、一時的には調整の動きが意識されそうですが、底堅い動きが展開されそうで、トレンドとしては上向きということができるでしょう。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落していたものの、再度持ち直しての動きです。目先は高値圏での動きとなっており、短期的には買い優勢の局面です。一方、中期線も天井打ちから下落していましたが、ここにきて持ち直しています。中長期的にも底堅い動きが意識されやすくなっており、短期線が天井打ちから下落といった動きになっても、下値は堅く押し目買い優勢といった動きになるのではないでしょうか。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限をブレイクしてのバンドウォークとなっています。ただ、バンドの下限が横ばいでの動きであり、これの方向感に注目が集まりそうです。これが下落となっていけばバンドウォークの勢いが強まるものと思われますが、横ばいから上昇となれば、トレンドは上向きですが、一時的には調整の動きが意識されるでしょう。

RCIで見ると、短期線は上昇基調で高値圏に入っています。この水準を維持するのか、天井打ちから下落するのかで流れが変わってきそうです。上昇の勢いが結構強かったので、意外とあっさり天井打ちといった動きになってもおかしくはないでしょう。一方、中期線は高値圏での推移です。一時天井打ち気配があったものの、再度持ち直しています。中長期的には底堅い動きが意識される流れであり、仮に短期線が天井打ちから下落となっても、底堅い動きから再度持ち直す動きが展開されるのではないでしょうか。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンド幅が縮小傾向となる中で、レンジ圏での動きが展開されています。バンドの下限を意識しての動きとなる場面もありましたが、そこから中心線まで持ち直しています。バンド幅は縮小傾向であり、市場にはエネルギーが蓄積されてきています。バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要ですが、目先は方向感の見えにくい状況ということができそうです。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落しています。現状は中立水準を意識しての動きであり、ここからさらに下落していくのかどうかに注目が集まります。一時持ち直す動きも見せており、やや方向感の見えにくい状況です。バンド幅が狭くレンジ圏での動きとなっている時に展開される形です。一方、中期線は下値圏での動きです。底打ち気配を見せており、これが上昇へと動いていくのかに注目です。目先は上値の重さが意識されそうですが、中長期的にはまだ底堅い動きとなるのではないかとみています。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限から持ち直しての動きで、一時バンドの中心線まで持ち直しての動きです。バンド幅は縮小傾向であり、大きな動きにはなりにくい状況です。現状ではバンドの中心線では抑えられる可能性があるのではないでしょうか。

RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇基調となっています。短期的には買い優勢といった状況ではないでしょうか。一方、中期線は下値圏での動きです。中長期的には上値の重さが意識されそうです。一時的には買われる展開が意識されそうですが、上値の重い展開となるのではないでしょうか。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限からの調整の動きが展開されています。現状は1σを意識しての動きで、中心線まで下落するかどうかに注目が集まります。バンド幅は縮小傾向であり、目先は大きな動きとはなりにくいところです。市場には徐々にエネルギーが蓄積されていくものと思われますが、まだレンジ圏での動きとなりそうです。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落していましたが、持ち直して再度高値圏での動きとなっています。これが高値圏での動きを維持するか、天井打ちから下落となるかで流れが変わってきそうです。一方、中期線は高値圏での横ばいです。中長期的には買い優勢の流れが意識されそうです。一時的には調整の動きが入っても底堅い動きが意識されるのではないでしょうか。

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

 >   >  FXブログ ディーラーズ・バトル24:テーマ【概況】